アンアンからニュースを配信します!

清潔トイレは美人の証♪ たった10分でピカピカにする方法

2016.12.10
1日たったの10分、目についたところからでOK。掃除のスペシャリストである藤井あや子さん、東いづみさんのお二人にトイレの“10分掃除”を教わりました!
トイレの神様に感謝を込めて。
トイレの神様に感謝を込めて。

実は、家の中で一番ほこりがたまりやすい場所でもあるトイレ。換気扇やドアのほか、スリッパなどの小物も忘れず清潔に。

簡単10分掃除【トイレ】

  1. 本体は裏側から手前へ。床も奥から手前へ。除菌しながら拭き掃除。
  2. せっかくトイレを掃除するなら除菌も怠りなく。「トイレ掃除専用のシートを使うか、なければトイレットペーパーにアルコールを吹きつけて使ってもいいと思います。まずは便器本体から始めて、上から下、裏側から手前へ向かって磨きましょう。床は奥から手前へと雑巾がけするように拭いて。汚れたペーパーは、最後にまとめて流すだけだから簡単です」(東さん)。トイレットペーパーのホルダーや便座の操作パネルなども拭けば完璧!

  3. 家のほこりが集中! 盲点の換気扇は、可能な限り分解掃除。
  4. 「四六時中、回しっぱなしのことが多いトイレの換気扇。実は、家中のほこりがトイレに吸い寄せられているんです」(東さん)。そこで、トイレにある換気扇はカバーやフィルターを取り外してみよう。キッチンと違い、油汚れはないので、水洗いだけできれいになる。「換気扇に触れるときは、スイッチを切っているか確認することも忘れずに」

    かぱっと外して……
    かぱっと外して……
    じゃーっと流す。簡単でしょう?
    じゃーっと流す。簡単でしょう?
  5. 円を描くように一気に拭き掃除。フタやふちも忘れずに。
  6. 「丈夫で大判なトイレシートなら、便器まわりはもちろん、床まで一度に拭けるので便利。男性がいないとあまり汚れないのではと思いがちですが、便座の裏や便器のふちもしっかり拭いて」(藤井さん)。さらにこんなアドバイスも。「汚れが軽いトイレのフタ、タンク、便座、便座の裏、便器のふちの順に拭くと、一番効率よく磨けますよ」(東さん)

    汚れやすいけれど、見落としがちな便座裏。
    汚れやすいけれど、見落としがちな便座裏。
    便器のフチもしっかり除菌!
    便器のフチもしっかり除菌!
    厚手で丈夫な凹凸加工のお掃除シート。除菌&消臭効果も。トイレクイックルオープン価格(花王TEL:0120・165・693)
    厚手で丈夫な凹凸加工のお掃除シート。除菌&消臭効果も。トイレクイックルオープン価格(花王TEL:0120・165・693)
  7. 洗浄便座のノズルも極力分解して、汚れを落とそう。
  8. どうしていいかわからない便座ノズル…。「説明書を読み、分解できる部分は外して、シートで細かいところまで磨くだけ。汚れがたまっていたら酸性洗剤でつけ置きを。取り外せないほうのノズルも拭きましょう。大掃除のときだけといわず、定期的に掃除したい場所です」(藤井さん)。直接触れるのが気になる人は、ゴム手袋を用意して挑戦。

    分解してシートでごしごし。
    分解してシートでごしごし。
    忘れずに綺麗にして。
    忘れずに綺麗にして。
  9. スリッパだって清潔に。アルコールで除菌しながらピカピカに磨きましょう。
  10. スリッパやトイレマットなど、トイレまわりの小物も汚れが気になる。丸洗いできないものは、アルコールで菌を退治しよう。「クロスにアルコールを軽く吹きつけて、スリッパを拭いていきましょう。我が家ではすぐに掃除できるよう、ビニール素材のスリッパを選んでいます」(東さん)。拭けない素材は、ベランダなどでほこりをはたいて日光消毒。

ビニール素材のスリッパを選べば掃除もラク。
ビニール素材のスリッパを選べば掃除もラク。
藤井あや子さん 整理収納アドバイザー。家事・お掃除サービスを行う「ホームラボ」代表。ブログ「毎日がうまく回るお片づけと掃除」も人気。

東いづみさん お掃除ブロガー。ブログ「子供とペットとスッキリ暮らす」が話題となり、2冊の著書を出版。等身大の掃除アドバイスが満載。

※『anan』2016年12月14日号より。写真・豊田 都 スタイリスト・中根美和子 文・野村紀紗枝 撮影協力・AWABEES UTUWA TITLES

(by anan編集部)