アンアンからニュースを配信します!

似た者同士の天邪鬼? 三谷幸喜×市川猿之助が挑む“エノケソ”

2016.11.22
三谷幸喜さんが作、演出、出演を務める舞台『エノケソ一代記』。主演の市川猿之助さんに本番まで1か月を切った頃取材した。しかし、この時点で三谷さんが書き上げたのは冒頭の20数ページのみ。そんな状況に、猿之助さんは焦るどころか余裕の笑顔で…。

取材は本番まで1か月を切った頃。しかし、この時点で三谷幸喜さんが書き上げたのは冒頭の20数ページのみ。そんな状況に、主演を張る市川猿之助さんは焦るどころか、「まだ1か月もあるし」と余裕の笑顔。

いちかわ・えんのすけ 四代目市川段四郎の長男として8歳から歌舞伎の舞台に立つ。昨年、制作を手がけたスーパー歌舞伎II『ワンピース』が大好評。来年11月、新橋演舞場で再演決定。ニット¥6,900(トランスコンチネンツ/ピーチ TEL:03・5411・2288) その他はスタイリスト私物

いちかわ・えんのすけ 四代目市川段四郎の長男として8歳から歌舞伎の舞台に立つ。昨年、制作を手がけたスーパー歌舞伎II『ワンピース』が大好評。来年11月、新橋演舞場で再演決定。ニット¥6,900(トランスコンチネンツ/ピーチ TEL:03・5411・2288) その他はスタイリスト私物

「僕ら歌舞伎役者というのは、通常3日くらい稽古して本番なわけです。しかも昼夜で何役も演じますから、逆にひとつの役について長く考えることに慣れていないんですよ。性格的に、ああでもないこうでもないってグジグジするのも苦手だし、力を抜いて気楽に臨んだほうが、面白いものができると思うんですよね」

『エノケソ一代記』で猿之助さんが演じるのは、戦前戦後に日本の喜劇王と呼ばれ、絶大な人気を誇ったエノケンこと榎本健一…ではなく、彼に憧れる無名の喜劇役者“エノケソ”。テレビのない時代、全国各地にはエノケンを自称する偽者が横行していたそうで。

「いい時代ですよね。何といっても情緒がある。いまって、何でも言語化しようとするけれど、あの頃にはあえて言葉にしない粋な面白さがあった。僕なんかは、そこにワクワクするわけ。そんな時代に、片足をなくす身体的ハンデを背負いながら、努力で乗り越えたエノケンさんっていう人は、すごいと思いますね」

榎本健一に憧れるあまり自ら“エノケソ”を名乗り一座を率いて全国各地を巡る男(市川猿之助)と妻(吉田羊)。二人の旅の行方は…。11月27日(日)~12月26日(月) 三軒茶屋・世田谷パブリックシアター 作、演出、出演/三谷幸喜 出演/市川猿之助、吉田羊、浅野和之、山中崇、水上京香、春海四方 S席9800円 A席7800円 B席5800円 当日券あり。シス・カンパニー TEL:03・5423・5906 www.siscompany.com/enokeso/ 撮影・宅間國博

榎本健一に憧れるあまり自ら“エノケソ”を名乗り一座を率いて全国各地を巡る男(市川猿之助)と妻(吉田羊)。二人の旅の行方は…。11月27日(日)~12月26日(月) 三軒茶屋・世田谷パブリックシアター 作、演出、出演/三谷幸喜 出演/市川猿之助、吉田羊、浅野和之、山中崇、水上京香、春海四方 S席9800円 A席7800円 B席5800円 当日券あり。シス・カンパニー TEL:03・5423・5906 www.siscompany.com/enokeso/ 撮影・宅間國博

なんと今回、歌も披露するとか!?

「歌は苦手だから、本当は断りたかったんだけど、エノケンさんは歌う人でしたからね。ただ、歌手ではなくて芝居のなかで歌ってたわけだから、なんとかごまかせるかな(笑)」

役柄について伺うと、「三谷さんは僕に何も言わないから、何もわかんないよ」と、これまたあっさり。

「いま僕が何かしゃべろうものなら、三谷さんって人はそれとは真逆をやろうとしますからね。そもそも、あの人が言うことのどこまでが本音なんだかわかりゃしない(笑)」

そう言い切るのも「二人とも似た者同士の天邪鬼」だから。「台本? 楽しみにしてません」と言い張る猿之助さんと三谷さんとの大立ち回り。さて鬼が出るか蛇が出るか?

いちかわ・えんのすけ 四代目市川段四郎の長男として8歳から歌舞伎の舞台に立つ。昨年、制作を手がけたスーパー歌舞伎II『ワンピース』が大好評。来年11月、新橋演舞場で再演決定。ニット¥6,900(トランスコンチネンツ/ピーチ TEL:03・5411・2288) その他はスタイリスト私物

榎本健一に憧れるあまり自ら“エノケソ”を名乗り一座を率いて全国各地を巡る男(市川猿之助)と妻(吉田羊)。二人の旅の行方は…。11月27日(日)~12月26日(月) 三軒茶屋・世田谷パブリックシアター 作、演出、出演/三谷幸喜 出演/市川猿之助、吉田羊、浅野和之、山中崇、水上京香、春海四方 S席9800円 A席7800円 B席5800円 当日券あり。シス・カンパニー TEL:03・5423・5906 
www.siscompany.com/enokeso/
撮影・宅間國博

※『anan』2016年11月29日号より。写真・中島慶子 スタイリスト・三島和也(Tatanca)ヘア&メイク・白石義人(ima.) インタビュー、文・望月リサ

(by anan編集部)