アンアンからニュースを配信します!

千葉雄大「読めば読むほどわからなくなる」“恋愛”ものに挑戦!

2017.10.10
フランスの小説『危険な関係』をもとにした舞台で、青年騎士を演じる千葉雄大さん。作品の魅力について話をうかがいました。
俳優

退廃貴族たちのスリリングな恋愛ゲームの行く先は――。

自尊心を満たすために仕掛けた恋愛ゲームに自ら搦め捕られていく貴族たちを描いたフランスの小説『危険な関係』。これまで何度も映画化されてきたスキャンダラスで退廃的なこの舞台に出演する千葉雄大さん。演じるのは、美しき未亡人メルトゥイユ(鈴木京香)と稀代のプレイボーイ、ヴァルモン(玉木宏)の策略に巻き込まれていく青年騎士だ。

「登場人物は、ミステリアスで捉えどころのない、共感とは程遠い人ばかり。そんななかで僕の演じるダンスニーは、周囲の妖艶なテイストとは少し色が違う若く純朴な役。若さゆえの青くささみたいなものが出たらいいのかなと思っています」

STAGE

演出は、イギリスの気鋭、リチャード・トワイマンさん。日本での演出は今作が初だけど、千葉さんは、先日、そのリチャードさんのワークショップに参加している。

「ご自身なりにきっちりと戯曲の解釈を持っていながら、そこに固執せずに、俳優がそれとは別の方向に行っちゃっても受け入れてくれる受け皿の広い演出家さんという印象です。同時に、ストイックな一面も感じますし、稽古場で生まれるものが多い気がして、すごく楽しみです」

舞台出演は6年前の『タンブリングvol.2』以来。しかも今回は念願だった初の本格ストレートプレイだ。でも、「重厚な作品だからやりたかったわけじゃないですよ」とも。

「いろんなジャンルのものに挑戦してみたいと思っているんですけれど、こういうタイプの作品に出合う機会がなかなかなかった、というのが大きな理由。僕としては、映像だからとか舞台だからとか、漫画原作だからとか文芸作品だからとか、垣根を作りたくないんです。コミカルな作品から深く考えさせられることもありますしね。それぞれに魅力があって、両方を経験することで還元し合えるものもあると思っています」

ただ、この戯曲に関しては、「考える余地がありすぎて、読めば読むほどわからなくなる」と苦笑い。

「ミステリアスな登場人物たちによる恋愛の駆け引きは、とてもスリリングです。ただ、翻弄されていくダンスニーを見ていると滑稽にも感じられる。読む角度によっていろんな切り取り方ができて、いかようにも解釈できる戯曲なんですよね。でも、その捉えどころのなさゆえに、観る方々が、あれはどういうことだったんだろうって自分なりに考えることができる。時には、自分が考えもしなかった解釈に出合えたりも。そういう余地があるのが、この作品の魅力なんじゃないかと思うんです」

そう語った後、一拍置いて…。「口ではわかったように話していますけれど、じつは自分のなかに怖さもあるんですよね。でもこれを乗り越えたら、自信を持ってこれからを過ごせるんじゃないかな(笑)」

ちば・ゆうだい 1989 年生まれ。宮城県出身。映画『亜人』が公開中のほか、NHK連続テレビ小説『わろてんか』、10月16日スタートのドラマ『民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~』(フジテレビ系)にも出演。

ニット¥62,000 パンツ¥85,000(共に3.1 Phillip Lim/3.1 Phillip Lim Japan TEL:03・5411・2870) その他はスタイリスト私物

社交界に君臨するメルトゥイユ侯爵夫人(鈴木)は、かつての愛人が若き伯爵令嬢と婚約したことへの恨みから、ヴァルモン子爵(玉木)に令嬢を誘惑するよう持ちかける。10月8日(日)~31日(火) 渋谷・Bunkamura シアターコクーン 作/クリストファー・ハンプトン 演出/リチャード・トワイマン 出演/玉木宏、鈴木京香、野々すみ花、千葉雄大、青山美郷、佐藤永典、土井ケイト、新橋耐子、高橋惠子ほか S席1万500円 A席8500円 コクーンシート5500円*すべて税込み Bunkamura TEL:03・3477・3244(10:00~19:00) www.bunkamura.co.jp/cocoon/lineup/17_dangerous/ 大阪公演あり。

※『anan』2017年10月11日号より。写真・小笠原真紀 スタイリスト・本田博仁 ヘア&メイク・平山直樹 インタビュー、文・望月リサ

(by anan編集部)

【人気記事】
千葉雄大 父に「ベッドシーン」を見られる
下着コンシェルジュがおすすめ! 誰もがうなる「名品ブラ」3選


約85%が腸内環境に自信なし⁉ 肉好き女子のお悩み座談会。