アンアンからニュースを配信します!

「世界初のパクチー専門店」が聖地に! 「追パク」も人気

2017.8.29
この1~2年、専門店が相次いでオープンし、ますます盛り上がりを見せるパクチー料理のお店。その中でも、いち早くパクチーのおいしさと魅力に気づき、ブームを牽引してきた、火付け役的な名店がコチラ。

ラテン系創作バル:シラントロ 代々木上原バル

スペインやメキシコ料理を自由にアレンジ。
「シラントロ」とはスペイン語でパクチーのこと。世界中を旅した店主の神山和樹さんが、スペインとメキシコ料理をベースに、独自のエッセンスを加えた創作料理でもてなす。パクチーは、千葉や熊本の契約農家から直送。フレッシュなままどっさりと料理に盛り付けるだけでなく、さまざまな食材と合わせたパクチーペーストを数種類作り、肉や魚介料理、パスタに合わせるなど、おいしい食べ方を幅広く発信している。パクチーで色付けしたご飯を使った「緑のパエリア」をはじめ、ほかでは味わえない料理の数々に、連日パクチニストが殺到!

パクチー

写真は、鯛を丸ごと一匹使った「緑のパエリア」¥2,980(2日前までに要予約)。

パクチー

写真は、パクチー一色の「冷製シラントロパスタ」¥1,300(左)と、ラム肉とパクチーペーストで作る「自家製ラム肉のソーセージ」¥1,180。

【SHOP DATA】
東京都渋谷区西原3‐2‐4 フロンティア代々木上原3F TEL:03・6416・8001 18:00~24:00LO(土・日曜ランチビュッフェ11:30~15:00、土・日・祝日17:30~) 無休

元祖専門店:パクチーハウス東京

まさに聖地。世界初のパクチー専門店。
「2007年のオープン当初は、『バクチ(博打)の店ですか』と聞かれるくらい、パクチーを知らない人が多かったんですよ(笑)」と、オーナーの佐谷恭さん。バックパッカーだった佐谷さんは、日本以外のさまざまな国でパクチーが多用されていることを知り、食を通して異文化交流を楽しんでほしいと、お店を開店。今や聖地として、日本中からパクチー愛好家が集まるまでに! 50種類以上の全メニューにパクチーを使用しているのが特徴。追加のパクチー“追(つい)パク”も無料。声の大きさによって量が変わるので、大きな声で「追パク~」と叫ぼう。

パクチー

写真は、パクチーの花からとったハチミツをかけた「パク塩アイス」(左)、後味さっぱりの「パクチーシャーベット」各¥400。

パクチー

写真は、パクチーとラム肉の「ヤンパク」、モヒートの「パクチーもヒートアップ!」各¥890。

【SHOP DATA】
予約は1か月前から受け付け。東京都世田谷区経堂1‐25‐18‐2F TEL:03・6310・0355 18:00~22:00LO 無休(ただし月に数日の臨時休業あり。Facebookをチェック)

香菜たっぷり中華:中村 玄(なかむら げん)

唐辛子と香菜の複雑妙味なおいしさが爆発。
恵比寿のマンション2階にひっそりと佇む中華料理店。席に座るやいなや、お通しの香菜(シャンツァイ)(パクチーのこと)と唐辛子スナックが運ばれ、食欲を刺激! 香菜を使ったメニューが数多く揃い、名物は、数年前から北京で大流行している汁なし鍋「麻辣香鍋(マーラーシャングォ)」。20種類以上の旬の野菜の素揚げに、お好みで追加できる肉や魚介、そして四川特産の「朝天唐辛子」をたっぷりと入れ、火鍋醤と呼ばれる自家製タレで一気に炒めて、香菜をのせて提供される。ここにさらにお通しの香菜をどっさりと投入するのがおすすめの食べ方。味も辛さも本場を凌ぐレベルの高さ!

パクチー

写真の「麻辣香鍋」は、基本の野菜セット¥2,200、追加の鶏モモ、豚バラ、ソフトシェル海老各¥800(共に税込み)。辛さも5段階から選べる。

パクチー

写真奥左から時計回りに「激辛パクチーサラダ」¥1,300、「香菜焼売」¥600、パクチーソースたっぷりの「翡翠棒棒鶏」¥1,000(すべて税込み)。

【SHOP DATA】
お通しの香菜はおかわり自由。東京都渋谷区恵比寿南1‐18‐11 西田ビル201 TEL:03・3711・5897 18:00~23:00LO(土曜~22:00LO)※9月から日曜営業開始予定。不定休

※『anan』2017年8月30日号より。写真・山口 明 文・鈴木恵美

(by anan編集部)


【人気記事】
【性のQ&A】生理の終わりかけにSEXはアリ?


【鳥肌ゾワゾワぁ~】男からきた彼氏ヅラした「勘違いLINE」3つ


【経済的でしかも美肌に】「脱毛の悩み」を美容家と街頭インタビュー! – Sponsored