アンアンからニュースを配信します!

スペインには米料理専門店が! 銀座の絶品「パエリア」を堪能

2017.7.31
レストランジャーナリスト・犬養裕美子さんの「今日、どこで何、食べる?」。今回ご紹介するのは、『Arroceria La Panza(アロセリア ラ パンサ)』のパエリアです。
FOOD

私たち日本人は、スペイン料理といえばパエリアを連想する。スペインの店ならいつでもどこでもあるものだと思っているが、実はそれほどポピュラーなものではない。「スペイン人はお米を食べたくなると、“アロセリア”(米料理専門店)に行くんです」。

今年1月に銀座にオープンした『アロセリア ラ パンサ』では、本場さながら15種類以上の米料理を揃えている。「パエリアは鉄鍋で水分を飛ばしながら炊く料理、カルデロは米にスープを含ませて煮る汁料理。どちらもパスタと同じで、アルデンテ(水分で煮崩れたりせず、程よい芯が感じられる)に仕上げます」と小林悟シェフ。スペイン料理一筋、3ツ星を含めスペインで2年修業。帰国し、この店のシェフに。多彩な郷土料理と最先端の美食テクニックを披露している。

アサリのパエリアは見た目はシンプルだが、非常に旨味が深い。その秘密はアサリだけでなく、鯛の頭でとった出汁を使っているから。鴨肉とポルチーニ茸のパエリアは、鴨にシェリー酒を煮詰めた甘いソースが決め手。まるで肉料理とご飯を一皿で味わっているよう。そして殻を焼いて独特の甘~い香ばしさを引き出したオマール海老の汁ご飯は、オマール海老の魅力を最大限に引き出した名作。2人前で1合ちょっとはたっぷりあるので、前菜を3~4品楽しんで、米料理をメインに考えてもいい。このおいしさは初めて!

Arroceria La Panza 東京都中央区銀座1‐15‐8 銀座耀ビル1F TEL:03・6228・6793 ランチ11:30~14:15(13:30LO) ディナー17:00~23:00(22:00LO) 日曜休(土曜はディナーのみ)

左・アサリの白いパエリア¥1,550、右上・鴨肉とポルチーニ茸のパエリア¥2,100、右下・オマール海老のパエリア¥2,250。表記の値段は1人前、注文は写真の2人前から。

いぬかい・ゆみこ レストランジャーナリスト。東京を中心に、国内外の食文化、レストラン事情をレポート。

※『anan』2017年8月2日号より。写真・清水奈緒 取材、文・犬養裕美子

(by anan編集部)


【人気記事】
色っぽ! 武田玲奈が美ボディキープのために心がけていること


【不倫相手の旦那に…】男が思わず「スクショした」女からのLINE


【経済的でしかも美肌に】「脱毛の悩み」を美容家と街頭インタビュー! – Sponsored