アンアンからニュースを配信します!

骨から美脚へ! ポイントは「ひざとつま先をそろえて立つ」

2017.5.5
すべてのプロポーションの土台となるのは、骨。ということで、ここでは骨から美脚にアプローチ。カギは、骨のポジションを整えて歪みをなくす立ち方&歩き方にあり。身につければ、悩みのO脚ともどっしり下半身ともさようなら。今日からさっそくマスターを!

美脚インストラクターの吉永桃子さんに正しい立ち方&歩き方を教えて頂きました。

ひざとつま先をそろえて立つ。

美脚

骨を歪ませない立ち方は、

「ひざとつま先を同じ方向に向け、足の指を使うことがポイント。足指を使って立つと足の裏にアーチが生まれ、重心が安定して、足首が外側や内側に傾きません。ひざがねじれるのを防げます」

さらに、内側に回旋しがちな大腿骨を、意識して外向きに。

「太ももの肉を後ろから前へと押し出す。太ももでペットボトルを挟むようなイメージです。エレベーター待ちや電車の中でなど、気付いたときにぜひ実践して」

つま先を最後まで離さずに歩く。

美脚

歩くときにひざとつま先がそろわず、ひざがねじれてしまうのは、「足の甲を伸ばして歩いていないからなんです」と、吉永さん。

「足首を曲げたまま歩くと、足を移動させている間につま先があちこちに向きやすくなります」

理想は、つま先を地面に残したまま次の足を踏み出し、着地もつま先から行う歩き方。

「これだと、つま先をまっすぐ前に運ぶことができ、ひざや股関節を歪めることがありません。所作も美しく見えますよ」

では、詳しくやり方を見ていきましょう。

  1. つま先をまっすぐ前に向け、右足を一歩前に踏み出した状態から歩き始める。
  2. 左足の親指の先端を地面から離さないように、かかとを甲が伸びるまで上げる。
  3. 左ひざを上げ、重心を右脚に残しながら、ひざと甲を伸ばしたまま左足を前へ。
  4. 左足の甲を伸ばしたまま左ひざを伸ばし切ったら、親指の先から地面におろす。
  5. 左のかかとで着地。体重移動を自然に行う。両足で1~5を繰り返しながら歩く。
吉永桃子さん 整形外科のリハビリ部門での勤務を経て、正しい動作を指導する美脚インストラクターに。著書に『美脚思考』(ミライカナイ)。

※『anan』2017年5月3・10日号より。イラスト・といだあずさ 取材、文・新田草子

(by anan編集部)


【人気記事】
イケメンに「カッコイイ」はNG?! 恋愛心理学者一押しの褒め言葉は?
つい惹かれる面白男子 実は3つの「モテ鍵」を持っていた!
【超戦慄…】結婚線から見る「ダメな恋愛」にハマりやすい手相3選