好きなこと、話そ!

harako

【頑張るのをやめました】#9 たっぷり自分時間を作るススメ。あいらぶ♡ストレスフリー人生

2016.12.7
自由でのびのびとしたライフスタイルを愛するライター&コラムニストharakoが、より笑顔いっぱいで生きられる人生観について連載中です。9回目は自分の時間をたっぷり持つことでストレス解消できるススメをご紹介したいと思います。

自由でのびのびとしたライフスタイルを愛するライター&コラムニストharakoが、より笑顔いっぱいで生きられる人生観について連載中です。9回目は自分の時間をたっぷり持つことでストレス解消できるススメをご紹介したいと思います。

ワーカーホリックだった私

がむしゃらに頑張る!

【あいらぶ♡ストレスフリー人生】vol. 9

少し前まで「何かしていないと落ち着かない」という、けっこうなワーカーホリックでした。仕事は今でも好きですが、距離感が分からなくなるくらい、仕事ばっかりな時期があったんですよね。

「休んでいる時間=自分が停滞している」という気分になってしまい、とにかくなんでもいいからやらなきゃ!と焦る気持ちだけが出てきてしまう日々。そんな “頑張っているのに足踏み状態” から、抜けることができたのは、思い切った自分のゆとり時間を作ることでした。

頑張りすぎると視野が狭くなる

Think outside box. Woman sitting inside box
小さくなっていたかも。

私が当時大きく勘違いしていたことが、「がむしゃらに頑張る=能力や成果が伸びる」と思っていたことです。しかし今になって感じることは、頑張るほどに視野が狭くなって、小さい枠でしか物事を見られなくなるということに気づきました。

頑張り方は人それぞれだと思いますが、私はとにかく時間と体を使うことが仕事なんだ!と思い込んでいたので、頭を使うことなくルーティンな毎日になっていたように感じます。ただ目の前のことばかりに捉われすぎてしまい、悪循環が続くばかり。そんなときは一度思い切って、足を止めることが改善策になる気がします。

ゆとりの時間が心地さを作る

ゆとりの時間を作ることで前に進める気がします。

アレコレ詰め込みすぎていた私は、一度全部置いて長期で自分の時間を作ったことがありました。こんなにも時間はゆっくりだったっけ?と自分でも驚いたことがあったんですよね。

“時間がない、毎日忙しい” と思い込んでいたのは、紛れもなく自分。本当はみんな平等にゆっくり時間は流れていることに、気づくことができたんです。結局自分が考えた通りにスケジュールは組まれていくもの。心のゆとりを失うくらいなら、一度全てリセットするのも、選択肢のひとつなのかもしれません♡

この記事を書いた人

harako
記事数:199 Posts

自身の肌荒れや母親のアトピーをきっかけに美容・健康資格を8個取得し、シェアする気持ちを込めて美容ライターから執筆業をスタート。 そして独自の視点と感性を生かした女性向けコラムを他媒体で配信し、恋愛や仕事、ライフスタイルまで幅広く発信中♪ ★ブログやSNSでもつぶやいています★【Facebook】♡【Blog】♡【Twitter】♡【Instagram