好きなこと、話そ!

雨宮 あゆみ

【女子旅でハシゴ餃子♪】地元ガールが太鼓判! 本当にウマい宇都宮餃子4選

2016.11.13
宇都宮といったら餃子ですよね。今回は、栃木県出身、餃子と共に育ったと言ってもいいほどの餃子好き女子からおすすめのお店を案内してもらい、女子旅で食べ歩いてきました。実際に食べ歩いた宇都宮餃子をご案内します!

宇都宮といったら餃子ですよね。今回は、栃木県出身、餃子と共に育ったと言ってもいいほどの餃子好き女子からおすすめのお店を案内してもらい、女子旅で食べ歩いてきました。実際に食べ歩いた宇都宮餃子をご案内します!

餃子の街、宇都宮へ!

image1

まずは餃子像に挨拶を

img_2561
同じポーズをとってみるのもフォトジェニック?

さすが餃子の街! シンボルの餃子像が宇都宮駅前にあるのをご存知でしょうか?餃子の皮に包まれたビーナスがモチーフとなっているこちら。ちょっと素通りしてしまいがちですが、まずはご挨拶。

今回ご案内いただいたのは、栃木出身の餃子大好き女子ゆりこさんが選ぶ、地元の人たちに人気な4店舗。『幸楽』『めんめん』『香蘭』、そして女子旅ならではの女子的要素が強い『和の中』です。それでは宇都宮餃子ハシゴ女子旅スタート♪

駅から少し遠いけどおいしくてまた行きたい名店『幸楽』

img_2302

一軒目は、東武宇都宮駅から車で約20分と、アクセスは多少不便なものの、ローカルたちで賑わう大人気のお店『幸楽』。ラーメンを頼む人も多く、ラーメン屋さんのような雰囲気です。

栃木女子ゆりこさん 宇都宮餃子といえばメジャーな『正嗣』と『みんみん』を抑え、実は1番好きという人も多い人気店。駅から遠いため、おそらく県民にしか知られていません。ぜひ知ってほしかったのでチョイスしました!

img_2303

東京と違うのはそのお値段! 焼餃子が店内で食べられてなんと250円! しかも、おいしい有名焼餃子なんだからびっくりです。餃子とビールを注文されている方もいて、宇都宮では餃子のみのオーダーも違和感がないんです。栃木出身の友達、ゆりこさんに聞くと、家では「ちょっと餃子を食べに行くか!」といって外食するそうです。都内からほど近いのに、餃子を食べるスタイルがこんなにも違うのかと地元文化を知ることができるのも旅のおもしろいところです。

img_2558
右の女性が今回、おすすめ宇都宮餃子を案内してくれた栃木出身のゆりこさん。

はしごをするため、お腹いっぱいになってはいけません。そこで、3人で餃子2人前と水餃子1人前をオーダー。宇都宮の餃子店では少量のオーダーでもOKなので、餃子巡りをしやすく、特に女子にはうれしい限り。そして注文後出てくるのも早いのが特徴で、すぐに餃子が運ばれてきました。宇都宮餃子ハシゴの女子旅!食欲もテンションも上り調子です♪

img_2304
右:焼餃子(250円、写真は2人前) 左:水餃子(270円)

キツネ色にこんがり焼かれた焼餃子は、口中に肉汁が溢れ、パリっとジューシーで野菜のシャキッとした食感を楽しめます。味がしっかりついているので、そのままでも十分おいしいですが、通の食べ方は、お酢に胡椒を入れたタレにつけること。食べると餡の甘さが際立ちます。とってもおいしくてあっという間に完食しちゃいました!

スープ餃子は胡椒がピリっときいた、しっかりと味があるおいしいスープに入って提供されます。キャベツとお肉の甘みが堪能できるプリプリの餃子に、このスープがまた合い、最後まで飲み干せます。

img_2560

餃子を食べたらすぐ出たので滞在時間は40分ほど。回転が早いのでもし行列ができてもサクサクと入れそうです。またぜひ食べたいひと皿でした♪

のんびりと過ごせる薬膳中華料理屋さんの餃子

img_2335

続きましては、広々とした店内でゆったりと餃子を楽しめるお店『和の中』。アクセスは、東武宇都宮駅から車やバスで15分ほど。先にご紹介した幸楽にほど近いので車でハシゴするのがおすすめです。

栃木女子ゆりこさん 以前人から勧められて気になっていたお店。ガテン系餃子店が多いなか、薬膳×餃子という独自性が女子好みの一軒です。

医食同源をコンセプトに、体に優しい漢方の香辛料を練りこみ、皮から手作りした餃子を食べられます。また点心や麺、中華料理などのメニューも豊富で家族でのんびりと食事を楽しまれている方も多かったです。

img_2324
img_2326
右:薬膳 ゆで餃子(320円) 左:薬膳 スープ餃子(530円)

餃子のタレは、にんにく醤油、胡麻醤油、中華黒酢、特性ラー油などが常備されています。自然発酵を待ち、何度もこねて作られた皮を用いたゆで餃子は、にんにく醤油でいただくのがおすすめだそう。モチモチとした厚めの皮が甘く弾力があります。

スープ餃子は、醤油ベースの優しい味の薬膳スープに入って登場。これからの寒い季節に体をポカポカ温めてくれそうです。スープがとてもさっぱりしているので食べやすく女性向けのひと品。

img_2329
薬膳 焼餃子(320円)

キャベツの甘みが引き立ち、さっぱり薄味の餃子です。香ばしく皮も厚めなので、お好みの醤油や黒酢、ラー油につけて食べて楽しめる餃子でした。

img_2557

こぶりで餡はキャベツが多めです。常備されている黒酢がさっぱりしていて、余分な油を落としてくれます。女子に優しいお店です。

時間がなくて一気にいろいろな店の味を楽しみたいならここへ

img_2377

最後に、便利なフードコート『宇都宮餃子来らっせ』をご紹介。東武宇都宮駅から歩いて8分ほどの場所にあります。

栃木女子ゆりこさん 宇都宮餃子の有名店が5店舗集結しているため一気にいくつもの味を楽しめます。てっとり早く名店の味を楽しみたい人におすすめ。常設店舗は『香蘭』『宇都宮みんみん』『めんめん』『さつき』『龍門』です。

img_2359
羽根付餃子 (360円)

『めんめん』の餃子をオーダー。

栃木女子ゆりこさん インパクトある羽根つき餃子が名物。いろいろな餃子を食べましたが、そのジューシーさは群を抜きます。個人的に好きですね。

img_2360
上から見ると餃子がかくれてしまうほど、羽根が大きくカリカリです。
img_2554

皮は柔らかく、ニラがたっぷりと入っていて、噛むと肉汁が溢れる、まるで小籠包のようなジューシーな餃子でした。餡もたっぷり入っています! これまで餃子を20個以上食べているのにペロリといけるのは、味違いを楽しんでいるからこそ。ハシゴには飽きない楽しさがあります。

img_2373
焼餃子(250円)

最後のひと皿は『香蘭』。皮に弾力があって香ばしく、お酢に合わせるとさっぱりといただけます。

栃木女子ゆりこさん 野菜多めな宇都宮餃子の王道と言えるお店。宇都宮市民はこちらが好きという方も多いです。やはりザ・宇都宮餃子を1店舗は体験してほしかったので選びました。

みんなでシェアしながら楽しんでみて下さい♪

img_2559

4店舗の中で私が一番好きだったのは『幸楽』の焼餃子でした。しかしながら、ほかの店舗の餃子もとてもおいしかったです。その人によって、お気に入り餃子を見つけられる楽しみは、餃子屋さんが軒を連ねる宇都宮ならでは。もちろん行列もできるので並んでいる間は箸休めをして、友達やカップル、ご家族で会話を楽しみ、餃子を食べるときにはシェアしながらたくさんハシゴしてみてはいかがでしょうか?今回ご紹介したお店以外にも有名店は多数あります。何度行っても楽しめますよ。

Information

『幸楽』
http://www.kouraku.net/
栃木県宇都宮市宝木町2丁目864-4
TEL. 028-652-6565
【営業時間】11:30~14:00 16:30~20:00 (売り切れ次第終了)
【休業日】日・月曜日

『和の中』
http://www.tochinavi.net/spot/home/index.shtml?id=174
栃木県宇都宮市駒生町1296-33
TEL. 028-624-7886
【営業時間】11:30~14:30(LO14:00) 17:30~22:00(LO21:00)(売り切れ次第終了)
【休業日】月曜日(祝日の場合は翌日振休)

『宇都宮餃子来らっせ』
http://www.gyozakai.com/society/kirasse.html
栃木県宇都宮市馬場通り2-3-12 MEGAドン・キホーテ ラパーク宇都宮店地下1階
TEL.028-614-5388
【営業時間】平日11:00~20:30(LO20:00) 土日祝11:00~21:00(LO20:30)
【休業日】年中無休 ※常設店舗のみ定休日あり

この記事を書いた人

雨宮 あゆみ
記事数:44 Posts

旅・音・食・オシャレを愛するTraveler。 世界を40カ国、1人でバックパッカーするなど様々な旅スタイルの経験をもとにラグジュアリーな旅やローカルな旅、自分の旅のレポートなど"ヒト・モノ"も交えたWorld wideな情報をお届けします。 "Traveling is Living♪"