好きなこと、話そ!

田代 わこ

【ホントに香る♪】お花女子必見!『イングリッシュ・ガーデン 英国に集う花々』展

2016.2.1
お花が少なくなるこの季節、暖かい美術館でお花の絵を楽しんでみませんか? 今回は、かわいいお花や植物のアートをたっぷり楽しめる展覧会、『イングリッシュ・ガーデン 英国に集う花々』をご紹介します。お花好きの女子は必見ですよ~!

お花が少なくなるこの季節、暖かい美術館でお花の絵を楽しんでみませんか? 今回は、かわいいお花や植物のアートをたっぷり楽しめる展覧会、『イングリッシュ・ガーデン 英国に集う花々』をご紹介します。お花好きの女子は必見ですよ~!

植物のアートがいっぱい☆『イングリッシュ・ガーデン 英国に集う花々』

汐留チラシ

【女子的アートナビ】vol.4

汐留で開催中の『イングリッシュ・ガーデン 英国に集う花々』展では、「キュー王立植物園」が所蔵するボタニカル・アート(植物画)の名品や、植物をモチーフにした工芸品を楽しむことができます。

キュー王立植物園は、イギリスのロンドン郊外にある植物園。広大な庭園をもち、多種多様な植物はもちろん、800万点を超える標本も所蔵。毎年135万人もの人が訪れる観光地で、世界遺産にも登録されています。

イチオシはダリア♪

汐留ダリア変更

本展イチオシの作品は、展覧会チラシにも使われているマーガレット・ミーンの《ダリア属(キク科)》。色とりどりのお花たちがエレガントな構図でまとめられ、とってもキュート。メルヘンチックなお花の絵は、見ているだけでガーリー気分になれます♪

ボタニカル・アートって?

ボタニカル・アートとは、botanical(=植物学の)、art(=芸術)という言葉のとおり、植物学の分野で発展してきた芸術です。特に、大航海時代、世界各地で発見された珍しい植物を記録するため、多くの植物画が描かれました。

記録や研究のために描かれてきたアートなので、植物の姿を科学的に正しく描くことが重要。たとえば、セバスチャン・シューデルの作品《マルタゴン・リリー(ユリ科)とクロアザミ(キク科)、他》では、めしべやおしべの本数や形など、植物の特徴が細かく正確に描かれています。

元祖ボタニカル柄!?

本展では、植物をモチーフにした工芸品も展示されています。なかでもオススメの作品は、《チューリップ》。19世紀のイギリスで活躍した多彩なアーティスト、ウィリアム・モリスがデザインしたもので、チューリップの曲線をいかした斬新な図柄がステキです。日本でもこの数年、ボタニカル柄のファッションがトレンドになっていますが、イギリスの元祖ボタニカル柄もいいですね!

ボタニカル・アート大好き♡

実は、日本は世界のなかでもボタニカル・アートが大好きな国なんですよ。教室も全国にあり、世代を問わず、多くの人たちがボタニカル・アートを学んでいます。私も、5年前からレッスンを受講中。美しい植物をじっくり観察し、その姿を描く……。心が癒やされる至福のひとときです。

会場デザインもおしゃれ

汐留 展示風景 (1024x683)
会場風景(主催者の許可を得て撮影しています。)

本展の会場デザインは、代官山の蔦谷書店などを手がけた話題の設計事務所『クライン ダイサム アーキテクツ』が担当。イングリッシュ・ガーデンの雰囲気が感じられるステキな空間です☆ さらに一部の空間では、イングリッシュ・ガーデンをイメージした香りの演出をプラス。ナチュラルなアロマでリラックスしながらアートを楽しめます。

汐留 ショップ (1024x683)
ショップ風景(主催者の許可を得て撮影しています。)

作品を見終えたあとは、ぜひショップコーナーをチェックしてみて。ステキなボタニカル柄の絵葉書や文具、エコバッグもありますよ。エレガントなデザインのボタニカルグッズを持てば、女子力があがるかも。

お花の世界が楽しめる展覧会は3月21日まで。どうぞお見逃しなく!

Information

会期:~3月21日(月・祝) ※休館日は水曜日
時間:10:00 ~ 18:00 ※入館は閉館の30分前まで
会場:パナソニック 汐留ミュージアム
料金:一般 1,000円/65歳以上 900円/大学生 700円/中学・高校生 500円/小学生以下無料

http://panasonic.co.jp/es/museum/

この記事を書いた人

田代 わこ
記事数:77 Posts

ライター&エディター。出版社勤務を経て、フリーランスのライター・エディターに。主にエンタメ系コンテンツ記事を執筆。趣味は美術鑑賞と絵を描くこと。ananwebでは「カメラマンが教える! いいね! がつくスマホの撮影テク」も連載中です!