好きなこと、話そ!

雨宮 あゆみ

【気分はプリンセス!】チェコで一番美しいフォトジェニックなお城に行った!

2017.6.13
チェコと言えばメルヘンなお城がたくさんあるイメージ。そこで、チェコで一番美しいと言われているフルボガー城に行ってきました。お城のイメージぴったりの白亜な外観。なかに入ると、そこには想像以上のロマンティックで豪華な世界が広がっていたんです。

チェコと言えばメルヘンなお城がたくさんあるイメージ。そこで、チェコで一番美しいと言われているフルボガー城に行ってきました。お城のイメージぴったりの白亜な外観。なかに入ると、そこには想像以上のロマンティックで豪華な世界が広がっていたんです。

おとぎ話にいるようなインスタ映え写真が撮れる

IMG_5318

今回訪れたフルボカー城。このようなリアルおとぎ話にいるようなインスタ映えの写真も撮れます! そんなおすすめのフルボカー城に行く前に、まずはエネルギーチャージ。この町でのんびりできるおすすめホテルをご紹介しますね。

コンパクトなフルボカーの町でホテルライフを満喫

th_IMG_5297

まず、このお城に行くにはフルボカーという町に行きます。フルボカーはチェコ・プラハからチェスケー・ブディェヨヴィツェにバスか鉄道で約2時間半〜3時間ほど。そこからローカルバスに25分〜40分ほど揺られて到着します。平和な空気が流れるとてもコンパクトな町なので、お城観光だけでなくゆっくり1泊ほどして周辺の町散策をしたり、のんびり過ごすのもおすすめです。

午後に到着した私。まずは予約していたホテル『HOTEL PODHRAD』にチェックインしました。1日目はお城観光も閉館ギリギリだったのでゆったりと過ごすことに。

th_IMG_5301

テラス付きのレストランも併設されているのでお食事も楽しめます。ワインクーラーにはびっしりとワインが並べられていて、おいしいお肉料理とワインやチェコ名産のビールもいただけます。

広々としたお部屋は座るだけでフォトジェニック

th_IMG_5296

お部屋もとても広々。ヨーロッパな家具が配され、気品が漂います。

th_IMG_5303

座っているだけでどこかフォトジェニックになるのはオシャレなお部屋だからこそ。

th_IMG_5298

ベッドも広く寝心地抜群でした。私が滞在したお部屋はもうひとつベッドがあったのでカップルだけでなくファミリーでの滞在にもおすすめです。バスタブも大きいものがあり、ヨーロッパではなかなか浸かれなかったお風呂タイムは本当に至福の時でした!さらに!

ジャグジーやプールなど癒し空間

th_IMG_5302

ジャグジーやプール・サウナが無料で1時間利用できるサービスもついています。コンパクトな町だからこそのんびり過ごしたい。駆け足で巡ってきてクタクタのヨーロッパの旅に癒しタイムをくれる設備の整った素晴らしいホテルです。

th_IMG_5300

朝食のビュッフェも種類豊富でとてもおいしいです。チェコにきてからパンとチーズ、ハム、パテ、ヨーグルトは日々の食事に欠かせないものとなりした。

ロマンティックなお城へ

th_IMG_5299

フルボカーの町でホテルライフを満喫してエネルギーを蓄えたら、2日目はいざ、白亜のお城へ! 見えてきました。緑の大きなガーデンに映える白いお城、フルボカー城です。

IMG_5304

光が差し込み、とても美しい外観です。ヨーロッパ放浪歴は約4か月と今までもさまざまなお城を見てきましたが、「これぞお城!」という形と色をしています。

フルボカー城は13世紀以降、歴代ボヘミア王が所有したそうですが、それ以前のことはわかっていないという謎の歴史をもつお城です。17世紀から19世紀まではドイツの有力貴族の手に渡り、2度の大きな改築でイギリスのウィンザー城をモデルにネオゴシック様式に改築されるなど現在の姿になったそうです。

内部はガイドツアーのみで見学可能です(170~250KC)。

外観の白色からは想像もつかないきらびやかな内装!

4. Interiér - čítárna

© Petr Dubsky

なかに入るとそのきらびやかさに目がくらみます。落ち着いた白色をイメージしていたら、そこはまったくの別世界。メルヘンで立派な家具や数々の高価な美術品がたくさん飾られているんです。

このお部屋は壁にたくさんの高価な陶器のお皿が飾られていました。見たこともない数と美しいお皿に「何? このお皿のお部屋は?」と入った瞬間驚きました。城内は当時の貴族が所有していた姿が保たれているそうで、歩いているとまるでプリンセスになったかのよう。ダイニングや寝室、待合室など何室もの見学が続きます。

5. Interiér - ranní salón

© Petr Dubsky

シャンデリアや肖像画などまるで美術館のようですよね。チェコのお城では艶やかな木彫りの装飾が多く、特にフルボカー城はその装飾の細かさやデザインが素晴らしかったです。また、一番印象的だったのは長さ30m近い広いお部屋にずらりと古書や地球儀が並ぶ、図書室! ここも圧巻なのでぜひみてもらいたいところです。

IMG_3957

ツアーの出口はやはり真っ白で光さす優美なスペース。この外観と内観の違いのインパクト・コントラストがおもしろい! さすがチェコで一番美しいと言われるだけあります。

数々の名所を持つチェコで一番美しいお城、ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。

Information

HOTEL PODHRAD
https://www.hotel-podhrad.cz/en/
1泊約7000円〜(時期や部屋タイプによって異なります)

この記事を書いた人

雨宮 あゆみ
記事数:73 Posts

旅・音・食・オシャレを愛するTraveler。 世界を40カ国、1人でバックパッカーするなど様々な旅スタイルの経験をもとにラグジュアリーな旅やローカルな旅、自分の旅のレポートなど"ヒト・モノ"も交えたWorld wideな情報をお届けします。 "Traveling is Living♪"