恋愛世代のリアルを発信。

「婚活マンション」を卒業したら…。「夫婦愛を育む家」に行ってみた。

2015.5.29
住めば健康的な暮らしが送れ、女子力が向上し、なんと挙句の果てには結婚までこぎつけられる(!?)と噂の「婚活マンション」。2回目となる今回は、「婚活マンション」のほかに、同マンションと同等のコンセプト物件「夫婦愛を育む家」の様子をレポート! さらに同物件住人に「入居後の恋愛に対する変化」についてインタビューしてきました。

【アンアン総研ニュース】vol.59 文・藤田佳奈美

iStock_000035474910_Medium

住めば健康的な暮らしが送れ、女子力が向上し、なんと挙句の果てには結婚までこぎつけられる(!?)と噂の「婚活マンション」。前回は、婚活マンションオーナーの菊池林太郎さんに「結婚できる女になる方法」について語ってもらいました。

2回目となる今回は、「婚活マンション」のほかに、同マンションと同等のコンセプト物件「夫婦愛を育む家」の様子をレポート! さらに同物件住人に「入居後の恋愛に対する変化」についてインタビューしてきました。

 

別荘仕立ての開放的なリビング

都内某所にあるMさんのコンセプト物件「夫婦愛を育む家」。

まずは都内某所にあるリノベーションコンセプト物件「夫婦愛を育む家」(写真)にお伺いしました。広さは65㎡の3LDK。同物件の定義は婚活マンションと同じで、日当たりや風通しの良さ、安全な自然建材使用、自炊を促す広々としたキッチンなどが特徴です。大きな違いは、“既婚者”が住んでいること。

なぜ婚活マンションと同じコンセプトで既婚者が住んでいるのか……それは婚活の成功がゴールではないから。婚活マンションオーナーの菊池林太郎さんは、結ばれた2人のその後のシアワセも祈っているといいます。なので、結婚後もパートナーと良好な関係を保てるようにとつくられたそうです。

(※婚活マンションの詳細は「結婚できる女になる方法」を婚活マンションオーナーが伝授!の記事をどうぞ!)

早速リビングを拝見すると……日差しがたっぷりと注ぎ込む開放的なリビングには、ハンモックと懸垂棒、そしてシーリングファンが設置されています。風通しも良く、とても快適な空間。のびのびと過ごせそうです。

「以前住んでいた部屋は2DKの45㎡だったのですが、旦那との距離感が近く、ケンカが絶えませんでした。私が頭を冷やしたくても、『寝る部屋』『2人で過ごす部屋』『食べる部屋』しかなかったので、どうしても距離を置くことができなかったんです。ここは心穏やかに過ごせる広くて明るい空間なのと、何よりパーソナルスペースがあるため、ずいぶんケンカも減りました。夫婦にとって丁度いい広さと部屋数、デザインなのかなと思います」(Mさん・28歳・既婚)

パートナーと一緒に暮らすにあたって、「お互いの部屋を持つ=1人になれる空間を確保すること」が大切なようです。また、心からリラックスできる住環境に整えることで、精神的ゆとりが生まれ、仲睦まじい関係性を築けるのかもしれませんね。同棲カップルはぜひ参考にしたいところ。

カウンターキッチン

また、リビングに隣接するキッチンはカウンターキッチンになっており、家族の様子を見渡しながら台所に立つことができるといいます。料理や水仕事をする際、隔絶されずに済むので、コミュニケーションもはかどりそう。

「今まで料理に興味を示さなかった旦那が、積極的に料理するようになりました。キッチンが広く、使い勝手が良くなったことで、料理する意欲が掻き立てられたのかもしれません。作ってくれるたびに、愛情を感じます」(Mさん・28歳・既婚)

家事を率先して手伝ってくれる男性は、女性にとってポイントが高いですよね。パートナーを家庭的な男性に育てたかったら、広々としたキッチンの物件に住むのが良さそうです。また、広々キッチンで料理の腕を上げたら誰かに振る舞いたくなるものだし、開放的でオシャレな空間は誰かに見せたいと思うもの。それによって男性を家に招くチャンスが生まれるのかもしれません。

広々とした玄関

下駄箱いらずの横に広い贅沢な玄関。つきあたりはリビング、つきあたり左に和室、左手前は収納部屋、右手前は寝室に。自然建材を使用した床は、サラッとしていてスリッパいらず。また、吸放湿性のある「珪藻土(けいそうど)」を使用した壁は、部屋の湿度を調整してくれるだけでなく、脱臭性や耐火性にも優れているため、快適に過ごせるといいます。さらに、シックハウス症候群の原因である有害物質「ホルムアルデヒド」などの揮発性化学物質を発生しないので、常にクリーンな室内環境を保ち続けられるのだそう。

 

今回「夫婦愛を育む家」を取材して分かったことは、総じて住人が自分自身に自信を持っているということ。自信がある人はキラキラと輝いて見えるため、その魅力に異性が惹きつけられるのではないでしょうか。

女性にとって高級バッグなどのブランド品が自尊心を高め自信を持たせる存在であるように、住宅もステータスシンボル。自分にとって愛着がわく物件に住むことで、自信が持てるようになり、恋愛にも堂々と挑めるのかもしれませんね。

なので、女子力・恋愛力・結婚力を上げたい人は、住環境を整えることから始めてみることをオススメします。「婚活マンション」あなどれません。皆さんもぜひ参考にしてみてください。

婚活マンションの詳細はこちら!