『おちょやん』で注目の倉悠貴 真面目な人柄が窺える、素直な言葉の数々

2021.4.11
朝ドラ『おちょやん』でヒロイン千代の弟ヨシヲ役を演じ、鮮烈な印象を残した倉悠貴さん。取材後「上手く話せなくてすみません」とぽつり。真面目な人柄が窺える、素直な言葉の数々がストレートに響きます。

同世代に嫉妬もするけどマイペースでいきたい。

kura

――デビューのきっかけは、古着屋さんでバイトしていた時に撮影されたスナップ写真ですよね。その場にいたスタッフの方が「1枚目からカッコよくて、掲載後には『あの子、誰ですか?』という問い合わせがすごかった」と話してました。

そんな…。古着屋の商品を紹介するための着用モデルみたいなことはしていたんですけど、全然たいしたことじゃないです。

――その写真を見た事務所の方からスカウトされてどうでしたか?

嬉しかったです。でも、初めて会いに来てくださった時、レザージャケットを着ていていかついというか、僕も高校生だったので、ちょっと怖くもありました(笑)。

――デビュー以降、役者という職業に対する意識はどんな変化が起きましたか?

最初の半年くらいはオーディションにまったく受からなくて…。僕の俳優人生のクランクインになったのは、ワイヤーに吊られての首吊りシーンだったんです。ちょっと人とは違う始まりだったんですけど(笑)、百人近くの人がいる中でカメラの前に立てるなんて、こんな贅沢なことはないなと。そこで、この仕事に対する意識が出てきましたね。今日も僕ひとりの写真のためにこんなにもスタッフの方々が動いてくださって。だから頑張んなきゃいけないし、本当にお芝居が上手くなりたいんです。3年目の今は、ゲームでいうとチュートリアルが終わる頃で、ここからはもう自分次第。努力しなければ、この先ダメになるという意識で取り組んでます。

――同世代の俳優たちとの交友関係は?

坂東(龍汰)くんや楽駆くん、大下ヒロトくん、鈴鹿央士くんや神尾楓珠くんとも仲がいいですね。

――人付き合いは得意なほう?

得意かどうかはわからないけど、僕自身は結構明るい性格で、テンション高めだと思ってます。

――ミステリアスな雰囲気があるので、意外です。

確かに暗いイメージってよく言われます(笑)。でも、大阪では面白いことが重要なんですけど、僕はそんなでもないし、別にカッコよくもないので、学生時代にイケてるグループにいたというわけでもないです。

――同年代の方々とは仲がよくても、仕事ではライバルでもある?

そういう意識は、たぶん言わないだけでみんなにあるだろうし、嫉妬もしますけど、戦うべきはそこじゃなくて、どこまで自分と向き合えるか。なので、マイペースでやっていきたいです。

kura

――役作りはどんなアプローチでやっているんですか?

基本的には、役との共通点を見つけるようにしています。自分の中にある小さい1を引っ張ってきて、そこから役を理解しようとして、足りなければその役に似た人と会ったりしながら100に近づけていく感じです。

――たとえば、ヨシヲだったら倉さんのどんなところを引っ張ってきたんですか?

いきりたがるところや素直な部分ですかね。

――映画『樹海村』では、金髪のチャラい役でしたよね。あれは?

普段の明るい部分を膨らませていきました。でも、演じるまでに感情の準備が必要で、テンション高めで現場に入って、役のようにウザがられるまで共演者と喋ってました(笑)。ちょうど今、ドラマ『半径5メートル』を撮ってるんですけど、めっちゃ売れてる俳優役なんです。でも、僕はそうじゃないので(笑)、いろんな現場にいらっしゃる有名な方を見て、立ち振る舞いを観察してます。スターの私生活を想像するのはすごく面白いです。

――倉さんの私生活は?

コロナ禍の前はサウナに行ってましたけど、めっちゃインドア。家で映画を観てます。

――どんな作品が好きですか?

知り合いに映画にインスパイアされた服を作るデザイナーさんがいるんですけど、その人に教えてもらったガス・ヴァン・サントの作品をよく観てます。他に最近だと『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ザ・ウェスト』を観て、くらいましたね。あと、今泉(力哉)監督の『あの頃。』は映画館で爆笑しました。

――映画観賞以外には?

最近、料理にハマってて、簡単なつまみから手の込んだものまでいろいろ作っています。調味料の量をすりきりを使ってちゃんと測ってるんで、レシピ通り、間違いのない味ができます(笑)。

――では今後、どんな俳優になっていきたいですか?

何もしなくても、役としてその場に存在できるようになりたいです。そして、この役は倉悠貴に任せたいと思ってもらえる人間でありたい。演“技”というくらいだから、演じるには技術も必要なのでそこも磨きたいです。でも今はまだ、丁寧に、謙虚に、真面目にやることしか僕にはできないんで、それだけを心掛けていきます。

――私生活での夢は?

普通がいいです。普通に家族がいて、普通に暮らしたいですね。

――倉さんが思う“普通”とは?

僕は団地育ちなのでマイホームとか高望みせず、僕が生まれ育ってきた“普通”がいいです。

くら・ゆうき 1999年12月19日生まれ、大阪府出身。スカウトを受けた翌年の2019年、『トレース~科捜研の男~』でデビュー。その後、ドラマ『歌のおじさんEたん♪』、映画『樹海村』など話題作に次々と出演。’20年、池田エライザ初監督作『夏、至るころ』で初主演。W主演映画『衝動』は今年公開予定。運び屋の孤独な少年を演じる。

スター俳優役を演じたドラマ『半径5メートル』(NHK総合)は4月30日から放送スタート。ドラマ『FM999 999WOMEN’S SONGS』はWOWOWオンデマンドで配信、WOWOWプライムで放送中。映画『まともじゃないのは君も一緒』が公開中。さらに、今泉力哉監督作『街の上で』が4月9日より全国順次公開される。

シャツ¥34,100 パンツ¥83,600(共にヨウジヤマモト/ヨウジヤマモト プレスルーム TEL:03・5463・1500) シューズはスタイリスト私物

※『anan』2021年4月14日号より。写真・玉村敬太 スタイリスト・伊藤省吾(sitor) ヘア&メイク・NOBUKIYO インタビュー、文・小泉咲子

(by anan編集部)

※ 商品にかかわる価格表記はすべて税込みです。