清水尋也、窪塚洋介に色気を感じる 「本当に不思議な方。つい目で追ってしまう」

2021.3.27
夕暮れ時の原宿、代々木公園周辺。186cmの長身にトープ色のロングコートをひるがえし、只者ならぬオーラをふりまく清水尋也さんにレンズを向けるのは、写真家の岡田潤さん。とくに細かくポージングを指示するわけでもなく、笑いに溢れた和気藹々な雰囲気とも違い、2人だけにしかわからない呼吸で黙々とシャッターは切られる。
shimizu1

今回のテーマでもある“色気”について、思い浮かべるのは「“危うさ”とか“得体の知れなさ”」だと語ってくれた清水さん。

「私生活が想像できない人、何を考えているかわからない人に、僕は無意識に惹かれてしまいます。それも一種の色気になるのかな、と。個人的に色気を感じるのは窪塚洋介さん。インスタライブなどでは、窪塚さんはいつでも取り繕わずに本音でしゃべっているように見えるんですが、それでも掴みきれない何かや、容易に他者を寄せつけないような雰囲気を常に纏っている、本当に不思議な方。つい目で追ってしまいますね」

憧れを口にするが、その色気を自身がすでに身につけていることには、あまりピンときていない様子。

「『色気がありますね』と言われることもあるし、そう言われて悪い気はしません。ただ自分では、そうかなぁ? って感じ。僕昔から、ボーッとしているだけで『大丈夫? 悩んでるの?』って心配されるタイプで。何も考えてないのに『何を考えているかわからない』なんて言われちゃうんですよね。じつは今日の撮影中も、ただぼんやりと街の風景を眺めていました(笑)。僕は昔から目がいいと褒めてもらえることが多いんですが、二重幅も変わっているし、目頭の切り込みが深くて日本人にしてはめずらしいらしい。せっかくだからそこを活かしたいなとは思っていて、役を演じる時も、こういう雑誌やファッションなどの撮影をする時も、視線には気を使うようにしています。グッと真正面から見据えるのか、ちょっと視線を逸らすのかで、相手への印象や第三者への見え方がだいぶ変わってくると思うんですよね」

そんな清水さんが考える、色気の身につけ方とは。

「カラッと明るいエネルギーもそれはそれで素敵だけど、色気となるとちょっと湿ったエネルギーが必要な気がします。挫折や苦労をたくさん経験し、見返してやりたいというようなちょっとネガティブな要素から生まれるエネルギーのほうが、爆発力がある気がするんですよね。それを矢印にして飛び出させるのではなく、滲ませることでより深みのある、人を惹きつける色気になるのではないでしょうか。でもそもそも、色気って他人が感じるもの。色気があると言われたところで、本人は実感できないんでしょうね。『色気をあげるよ』って言われたら喜んでもらいますけど(笑)」

清水尋也_01

ネット社会において問題視されている誹謗中傷を題材としたドラマ『アノニマス~警視庁“指殺人”対策室~』では、ホワイトハッカーとしてレギュラー出演した清水さん。昨年は4本の出演映画が公開されるなど、業界からも注目を集める、気になる存在だ。今後、役者の仕事にどのように向き合っていきたいと考えているのだろうか。

「現時点で一番やりたいこと、やっていて充実しているのが役者の仕事。とくに、演じている最中にやりがいを感じています。たとえば、最初はこちらの目を見て『ありがとう』というセリフを言っていたのに、次のテイクでは目を見ずに言ってきたり…。相手の役者さんが、現場で毎回おなじ芝居をしてくるわけじゃないところが面白いと思うし、そのライブ感が楽しいんですよね。一方で、一人の人間として、役者として生涯どう生きるのかというよりは、常に自分で責任を持って選択したり、意思決定ができる人間でありたいんです。それから家族や友達など大切な人との関係性を一番大事にしていて、愛情を持って接するように意識しています。『尋也のこういうところいいよね』『お前のこういうとこ好きだよ』なんて、周りが僕の好きなところを教えてくれるおかげで、自分のことを好きでいられる。だから僕も、大切な人たちにはいろんな“好き”を伝えていきたいと思っているんです」

しみず・ひろや 1999年6月9日生まれ、東京都出身。出演映画『東京リベンジャーズ』、主演を務めた劇場アニメ『映画大好きポンポさん』が今年公開予定。コート¥139,700 プルオーバー¥61,600 シャツ¥103,400 パンツ¥61,600 靴¥82,500(以上ルメール/スクワット/ルメール TEL:03・6384・0237) ネックレス¥16,500(トーガ ビリリース/TOGA 原宿店 TEL:03・6419・8136) リング¥14,300(ミラ/スタジオ ファブワークTEL:03・6438・9575) キーリング¥22,550(D’HEYGERE/MATT. info@the-matt.com

From photographer
清水さんとは初めましてだったのですが、スクリーン越しや誌面から受けるイメージから、綺麗な光で撮りたいなと思いました。陽が傾いた夕暮れ間近の光がしっくりくるのではないかと思って、光の入り方が美しい時間と場所を選んで撮影に臨みました。フレッシュな若さを持った清水さんですが、一方で落ち着いたクールさを持ち合わせているのが魅力の一つ。彼の中に同居した異なる印象を、光のニュアンスで捉えることができたと思います。モデル撮影では被写体に細かくポージングや表情などの指示を出すことも多いのですが、経験上、俳優さんや女優さんの場合はこちらの意図するものを汲み取る勘の良さがあると思っています。清水さんにも同じような感覚がありました。初対面でさほどコミュニケーションをとったわけではないのですが、良い撮影になりました。その空気感を誌面から感じ取っていただければ嬉しいです。

おかだ・じゅん BE NATURAL所属。ファッション誌やカルチャー誌、カタログの撮影を手がける。被写体が醸し出すものまでも写し出すセンスに定評がある。

※『anan』2021年3月31日号より。スタイリスト・八木啓紀 ヘア&メイク・須賀元子(星野事務所) 取材、文・若山あや

(by anan編集部)

※ 商品にかかわる価格表記はすべて税込みです。