玉森裕太さんの表紙撮影の様子を紹介 anan2236号「官能の記憶。」

2021.2.2
2/3(水)発売のanan2236号『官能の記憶。』特集の表紙は玉森裕太さん。表紙撮影のエピソードを紹介します。

王子みたいな甘さと、情熱的なベッドシーン…。“最上級に美しい”、官能の二面性を魅せる!

an2236 玉森裕太

今号の表紙を見て、驚かれた方は多いと思います。そう、カバーを飾っているのは、現在、TVドラマも大評判、役者としてもますます磨きがかかっている玉森裕太さん! まさかの、ananで2度目のヌード企画に挑戦してくださったのです。しかも、前回のソロ出演とは異なり、今回はお相手の女性モデルさんも迎えた、カップルの官能ストーリー(※撮影前にPCR検査済み)。とろけるようなスイートな時間と、激しく昂まる情熱的なベッドシーン…その「官能の二面性」をテーマに、湿度高めの、大人のエロティシズムを表現してくださいました!

撮影1か月前の打ち合わせ時、「前回、出させていただいたのが5年半前…。まさか、2度目がくるとは思いませんでした(笑)」と笑うご本人。しかし、「僕も30代になりました。出させていただくからには、前回を超える、今だからこそできる大人の色気をお見せできたら。ちょうどドラマで体作りをしているので、どの角度で撮られてもいいように頑張ります」と、気合十分でにっこり。すでにその時から、シャツを着た上からでもわかる肉体美ではあったものの、撮影当日に現場にいらしたとき、さらに筋肉量が増しているのでは…? と。

撮影後のインタビューで伺うと、「じつは昨日夕方から水も飲んでなかったんです(笑)」と、ほぼ丸一日断食してくださっていたとのこと(泣)。そのストイックな姿勢は、グラビアを見ていただければわかるはず! 以前より大きくなった逆三角形の肩まわりや、きれいな筋の入った腹筋、引き締まったお尻まで、本当にどこから撮っても完璧な体つき。その逞しい腕で、相手のモデルさんをひょいっと抱き上げる姿なんて、夢のような世界、王子そのものです!

普段の玉森さんのイメージに近い、やさしさに溢れた甘く温かいラブシーンはもちろん、ちょっと意外(!?)な、指や首元をそっと噛むような情熱的なベッドシーン、さらにはシャワー室に籠もった、息づかいを感じるドラマティックな官能シーンも…! 一貫して言えるのは、そのどれもがとにかく芸術的な美しさに溢れていたこと。30歳になり、より落ち着いた深みのある大人の色気を纏いながらも、20代の頃と変わらない甘やかな玉森さん独特の美麗な空気感は健在。人として“最上級に美しい瞬間”は必見です!

インタビューでは、少し照れながらも、愛しい人との愛すべき時間、官能スイッチが入る瞬間について語ってくださいました。今の玉森さんにしか表せない、大人の官能の世界に浸ってください!(ES)

立ち読み、詳細はこちらから
https://magazineworld.jp/anan/anan-2236/

ananwebでも今週の記事を配信しています。
https://ananweb.jp/

※ 商品にかかわる価格表記はすべて税込みです。