アンアンからニュースを配信します!

アルコ&ピース「我々のラジオってKing Gnuの曲みたいなもの」!?

2020.5.26
テレビでの活躍前からラジオが評価され、熱狂的ファンを獲得している平子祐希と酒井健太によるお笑いコンビ、アルコ&ピースさん。いまや“ラジオスター”との呼び声高いお二人に「芸人さんにとって、ラジオってどういう存在ですか?」と質問すると、意外にもクールな距離感…。いや、これこそラジオ愛の表れかも?

僕らのラジオは小説の『金閣寺』のようなもの。

aruko2

――芸人さんといえば深夜ラジオのイメージがあります。アルコ&ピースさんも現在、24時から放送される『アルコ&ピース D.C.GARAGE』をやっていますが、やはり、特別なものでしょうか。

酒井:僕自身、中学生の頃からずっと深夜ラジオを聴いていたので、そういう人たちに向かって話している感じはありますね。

平子:僕はほとんどラジオを聴いていなくて、深夜の番組はシモネタを言っていい媒体だと思っていましたね。むしろ、番組を持ち始めた当初は、そっちに寄らなければという強迫観念もあり、思ってもいないシモ系の話を120%の力で無理にねじ込んだりして。今は自然の流れに沿って出せる時に出す、削る作業になっています。

――収録はいつ行っていますか?

平子:月曜日の昼という、一番、社会性の濃い時間です。そこで、深夜ラジオのテンションを保たなければいけないんです。多分、僕たちじゃなくディレクターとかも、始まる前に汚いことを考えたりと、アイドリングしてから収録に挑んでいるはずです。

酒井:でも、聴いている人はわかると思うんですけど、爽やかな仕上がりになっていますよ!

――そんな内容でしたっけ(笑)。ラジオとテレビの違いは、どんなところですか?

酒井:ラジオは自由度が高く、何を話しても大丈夫。特に、『D.C.GARAGE』に関しては収録だし、何より、ずっと一緒にやっている仲間ばかりだから。あったか~い、ぬるま湯に入っている感覚です。テレビはカメラがあるから緊張しちゃいます…。

平子:僕の6点のモノマネを披露できたりしますから。話題を思い出せなくてもいいし、“それを二人で思い出そう”というコンテンツにもなる。あと、ラジオの場合は、「ちん○ん」が言えることも大きい。というのも、僕はどんな話も突き詰めたら全てちん○んにいくと思っているので、本当にありがたいです。そこにブレーキをかけ、他の話で茶を濁す作業がテレビだと考えていますから。

酒井:これ、アンアンに載るんですか? 『お笑いポポロ』の取材ではないですよね?(笑)

――お二人は、“ラジオスター”と言われています。

aruko1

平子:酒井のことですね。僕は違います。ラジオを2本やっている人は他にもいるけど、酒井みたいに3本やっている人は少ないから。

酒井:4月は週に4本やっていて、数えたら全部で29時間もラジオに出ていましたから。今のこの状況の中、忙しくて忙しくて。

平子:でも、コンビでうまいこと対比になっているとは思います。僕は内面を見つめたものを、酒井は目で見たものを話す、結構、両極端です。僕は内向的なので、無理にアクティブな面を見せようとしてもボロが出るし、精神的にもたないので、内にこもる。僕の理想は、小説でいう『金閣寺』のようなラジオにすること。

酒井:平子さんが三島由紀夫だとしたら、僕はルポライター的。

――内省的な平子さんと、下世話な酒井さん。

平子:その二人のキャラが、聴いている人の本音と建前の部分にちょうどハマるのかなと。だから、僕は絶対にラジオスターではありません。AbemaTVだと力を抜いてできるので、“アベマスター”です。ラジオは一番近くにスターがいるから、いい形でサポートができたら。毎回、収録の度に、“あ、スターだ”と思うし、背中に一礼してからブースに入ってますよ。

酒井:僕もAbemaTVの時はいつもそうしてますから。

平子:僕らは活躍の場が、たまたまテレビではなかったんですよ。本来は、テレビでの出来事の裏側をラジオで話すことが多かったと思うんですけど、僕らからメディアのあり方が変わって、ラジオの裏側をテレビで話すようになって、ニュースタイルの時代に入ってきたと思うんです。

酒井:(苦笑)。って言ってますけど、本音では、やっぱりテレビに出たい気持ちはありますよ。

平子:芸能人の方がたくさん出ていますし。ラジオにはない照明もありますから。いいですよね。

――リスナーは、お二人にとってどのような存在ですか?

酒井:何でも言える後輩みたいですけど、競馬とかパチンコとか、それぞれに特化した情報を持っている人がいて、投稿で我々の上の上の上をいくような答えが返ってきたりするんです。だから、後輩であり、先生であるって感じかな。でも気持ち悪い大学生みたいな人ばっかり!

平子:ふるいにかけて、剛の者ばかり集まった感じですよ。集団で出待ちとかしていると、みんな黒い服着てるので、闇にまぎれて顔だけぼーっと浮かんでますから。でもね、アイドルの方とやっている番組になると、いつもと違うまっすぐなメールを送ってきたりするんです。「俺、お前の本当の姿を知ってるからな!」と優越感を持ったりしています。

――今後の目標を教えてください。

平子:7~8年くらい言い続けているんですが、真剣に悩んでいる学生向けの番組をやりたいんです。悩みにまっすぐ答えて、その答えに沿った音楽をかけるという、“ザ・ラジオ”な流れにすごく憧れていますね。恋愛の話をしたり、道路交通情報が流れたり。それこそ、今やっているラジオは肥溜めみたいな内容だから、そこから憧れの目で光を見つめている感じなのかもしれません。いつかはそっち側に行きたいなと思ってます。日曜の13時からの1時間枠が一つあるといいですね。

酒井:たしかに、日本道路交通情報センターには問いかけてみたいですね。そのセンター、どこにあるんだろうって思っているけど。

平子:スポンサーのコーナーで、アシスタントさんと掛け合いをしながら乳液を紹介したり。

酒井:松前漬けのショッピングコーナーがあったり。でも、どうせ今のリスナーがついてくるだろうから同じようなことになりそうだけど。執着がすごいですから(笑)。

平子:でも、アンアンの読者さんに聴いてもらいたいですよ。

酒井:それに、ヨガとかをしている時に最適ですよ!

平子:お友達とのコーヒーブレイクのお供にもぜひ。いったんKing Gnuの曲を止めて、聴いていただければ。我々のラジオって彼らの曲みたいなものなので。エモーショナルですから(笑)。

――最後に、今号のテーマはジャパンエンタメなのですが…。

酒井:すみません、今、事務所で(寺門)ジモンさんが大声でコメントをとってまして…(笑)。聞こえなかったので、もう一度質問を教えてもらえますか?(注:この日の取材はオンラインで実施)

――はい(笑)。ジャパンエンタメの力をどう思いますか?

酒井:でも、この時期も僕はラジオを29時間やったので、ラジオはなくならないなと思いました。止まらないエンタメかな。

平子:すごくいい感じの答えだな。難しいけれど、じゃあ、“一番不必要で、一番必要なもの”でお願いします。

アルコアンドピース 平子祐希と酒井健太によるお笑いコンビ。『アルコ&ピース D.C.GARAGE』(毎週火曜24:00~、TBSラジオ)、『沈黙の金曜日』(毎週金曜21:00~、FM-FUJI)、酒井さんは『まだ帰りたくない大人たちへ チョコレートナナナナイト!』(毎週火曜19:00~、SBSラジオ)にレギュラー出演中。共に数々の映画作品に出演するなど、俳優としても活動している。

※『anan』2020年5月27日号より。取材、文・重信 綾

(by anan編集部)