アンアンからニュースを配信します!

体がめちゃ硬い人、必見! “柔軟王子”に聞いた「速効ストレッチ」

2020.5.9
“柔軟王子”の愛称で知られる柔軟美トレーナー・村山巧さん直伝、『筋膜アプローチ』と『脳科学アプローチ』を組み合わせた『トップギアストレッチ』で、やわらかいカラダに! ここでは“前屈”のやり方ご紹介します。あなたは手のひらが床につきますか?
training

膝が曲がらずピンと伸び、手のひらが床にペタッとつくのが前屈の理想的なカタチ。難しければ指先が床につくだけでも◎。

そんな前屈の秘訣は、頭から足裏までの背面のやわらかさ。ここがゴムのように伸びれば、前に手がつきやすくなるというワケ。頭から背中、足裏は一枚の筋膜でつながっていて、とくに足裏など下半身をほぐすと背面全体が柔軟に。

ここにアプローチ…ふくらはぎ、お尻、足裏、もも裏

筋膜アプローチ(左右各30秒以上)

ふくらはぎ

脚を左右に回転させて筋膜に幅広くアプローチ。

training

足裏からつながる背面の筋膜の一部である、ふくらはぎ。ローラーに片脚のふくらはぎを乗せ、もう片方の足で圧をかけながら左右に回転させると、しっかり広範囲にほぐせる。

※フォームローラーは表面に凸凹がついているもので、直径10×長さ30cm。同じくらいのサイズに固く巻いたバスタオルでも代用できる。ひもで巻いておくと安定感が増す。

お尻

お尻の窪みに集まる筋肉を一気にゆるめる。

training

お尻の筋肉ともも裏の筋肉に挟まれているお尻の窪みは、筋膜が収縮しやすい。ゆるめるには、テニスボールに窪みを乗せて体重をかけること。ボールを回すとより有効。

足裏

ここを重点的にほぐすと劇的に前屈がしやすくなる。

training

足裏がカタいと、頭皮までつながる筋膜が足元から引っ張られて、結局は前屈が難しくなってしまう。ほぐすには、ゴルフボールの上に足裏を置き、体重をかけつつ転がすこと。足指以外をまんべんなく!

脳科学アプローチ(左右各3回以上)

もも裏

脚をどんどん脱力させてもも裏の可動域を覚醒。

training
training

もも裏の筋肉の可動域を広げるストレッチ。足首にベルトを巻いて手前に引っ張り、脚は抵抗。2秒後、上体側へ脚を脱力。その位置からまた引っ張り、抵抗、脱力を繰り返す。

※ベルトは衣料用のもので、フェイスタオルで代用可。

前屈ができるとカラダにこんなメリットが!

背中のハリが取れて姿勢がシャキッと。
前屈に必要な背面の筋膜をゆるめるため、背筋がスッキリ。また、下半身を重点的にほぐすことから、脚のむくみ解消にも効果が期待できそうです。

村山 巧さん 柔軟美トレーナー。延べ2万人以上を柔軟なカラダに。著書『自分史上最高の柔軟性が手に入るストレッチ』(かんき出版)が大ヒット。

book

『カラダを柔らかくしてあらゆる悩みを解決!超速効ストレッチ』(小社刊)。肩こりや腰痛などカラダの悩み別ストレッチが満載。

サスティナレッチブラトップ¥7,300(エミヨガ http://www.emmi.jp) クロップドレギンス¥6,290(ギャップフィット/Gapフラッグシップ銀座)

※『anan』2020年5月13日号より。写真・小笠原真紀 スタイリスト・白男川清美 ヘア&メイク・浜田あゆみ(メランジ) モデル・莉帆 構成、文・保手濱奈美

(by anan編集部)