アンアンからニュースを配信します!

オーブントースター、使いこなせてる? 肉&魚の簡単レシピ3選

2018.12.2
オーブントースターを使った、冬の簡単おもてなしメニューをご紹介! 教えてくれたのは、料理人・瀬尾幸子さんです。

「オーブントースターは、実はとっても優秀な調理器具です」

と、瀬尾さん。

「炭火のような遠赤外線作用で中まで早く火が通り、パリッと香ばしく焼ける。ホイルで包めば蒸し焼きも簡単にできます。パンを焼くだけではもったいない。もっと幅広く活用してほしいですね」

今回のレシピは下ごしらえしたらほったらかしでいいので、人を招いた時のメニューにも重宝。

「温度やワット数が調整できる場合は、トースト用モードでOKです。メーカーや機種によって焼き加減が微妙に違うので、焼く時間は様子を見て調整してください」

それでは早速、オーブントースターを使った3つのレシピをご紹介します!

鶏肉と玉ねぎのホイル焼き

玉ねぎは甘く、鶏肉はほろりと柔らかく。トーストモードで45分。

オーブントースター

<材料/2人分>
鶏もも肉(大)…1枚、玉ねぎ…1個、塩…適量、こしょう…適量、ポン酢…適量、レモン汁…適量、しょうゆ…適量、パセリ(あれば)…適量

<作り方>
【1】玉ねぎは5mm厚さのくし形に切る。
【2】ホイルを広げ、玉ねぎと鶏肉をのせ、全体に塩、こしょう各少々をふる。蒸気が逃げないようにホイルをしっかり閉じて焼き皿にのせ、オーブントースターで45分焼く。
【3】皿に盛り、あればパセリのみじん切りをふる。レモン汁、ポン酢、しょうゆ、塩、こしょうなど好みの調味料を添えていただく。

手羽先のしっかり焼き

ただ焼いただけなのに、やめられないおいしさ。トーストモードで20分。

オーブントースター

<材料/2人分>
手羽先…6本、塩…少々、へべす、すだちなどの柑橘類(好みで)…適量

<作り方>
【1】手羽先は羽先を切り落とし、骨と骨の間に包丁を入れて切り離す。あらかじめ切った状態で売られているもの(手羽中など)を使ってもよい。
【2】【1】をアルミホイルを敷いた焼き皿に皮を上にして並べ、オーブントースターに入れて、ぱりっとして焦げ目がつくまで20分くらい焼く。
【3】器に盛って塩をふり、適当な大きさに切った柑橘類を好みで添える。

たらのグリル

15分でできるイタリアン風・魚のグリル。トーストモードで15分。

オーブントースター

<材料/2人分>
真だらの切り身…2切れ、にんにくすりおろし…小さじ1/3、塩、こしょう…各少々、小麦粉…大さじ1、オリーブオイル…大さじ2、白ワイン(なければ酒)…大さじ1、レモン(半月切り)…適量、ブロッコリー(あれば)…適量

<作り方>
【1】真だらは白ワインをふってなじませ、水気を紙タオルで拭く。塩、こしょう、にんにくをすりこみ、小麦粉を薄くまぶす。
【2】焼き皿にアルミホイルを敷き、オリーブオイルを小さじ1ほど薄く塗る。たらをのせ、残りのオリーブオイルをかける。
【3】【2】をオーブントースターで15分焼く。あれば、小房に分け、電子レンジで数十秒加熱したブロッコリーを途中で入れて一緒に焼く。皿に盛り、レモンを添える。

せお・ゆきこ 料理人。気負わず作れる家庭ごはんを幅広く発信。女子飲み会にも役立つ一品がいっぱいの、『つまみでおかず』(家の光協会)が好評発売中。

※『anan』2018年12月5日号より。写真・高杉 純 スタイリスト・花沢理恵 取材、文・新田草子 撮影協力・UTUWA ジョイント(リーノ・エ・リーナ TEL:03・3723・4270)

(by anan編集部)


#料理についてさらに読んでみる。
#レシピをもっと覗いてみる!
あなたは大丈夫…?男が吸い付きたくなる「モチぷる肌」♡