アレが手作りできると「トップクラスのいい女」? 横澤夏子が力説!

2017.10.16
出会った女性がネタの源という横澤夏子さんが、街で見つけたいい女を実演。今回は、手先が器用で、力の抜き加減を知る女になりきり。
横澤夏子

私が常々いい女だと思うのが、餃子を手作りできる人です。餃子って、すごく手間がかかる料理ですよね。具材をきちんとみじん切りにしないといけないし、皮にきれいなひだを作って包むのも、ひと苦労。中の具がこぼれ出ないように、かつ焦がさず焼くのも難しい。と、どの工程にも緊張感が漂う、“失敗すると巻き返せない料理”。そんな大変な餃子を上手に作れるって、それだけでトップクラスのいい女だと思うんです!

また、手作りといいながらも、餃子の皮は市販のものを使っていると、より素敵。皮まで手作りだと、“こだわりが強い”感が漂いがちじゃないですか? 手先は器用で料理上手なのに、力を抜くところでは抜く。その絶妙なバランス感のよさも、いい女!

そういう女性に近づくための第一歩は、人前で餃子作りができるように、みじん切りの練習をすること。そして、包んで焼く練習を経て、餃子パーティで自分のスキルをついに披露! 皮は多めに買っておき、「作りすぎちゃった~」と言いながらも完食。「餃子って、いっぱい作っても、不思議と食べられちゃうね」という、可愛いながらも、たくさん食べる女性をアピール。

それに、餃子好きの女性は、いい意味で庶民的で男性からデートに誘われやすいように感じます。にんにくのニオイも気にせず、「この後、キスする予定ないし」と、あっけらかんと言うのも、サバサバした、いい女感がある。しかも、餃子の美味しいお店を知っている男性はグルメだけど家庭感があって、どんな料理を作っても、喜んでくれるおおらかそうな気がしませんか? と、素敵な男性との出会いも手に入れられるのが、餃子を手作りする女。早速、ていねいに具材を刻んで包み、焼いてみましょう~!

よこさわ・なつこ 芸人。『バイキング』(フジテレビ系)など、数多くのバラエティ番組にレギュラー出演している。11月2日、ルミネtheよしもとにて単独ライブ「コスモスガール」が決定!

※『anan』2017年10月18日号より。写真・中島慶子 イラスト・別府真衣 文・重信 綾

(by anan編集部)

【人気記事】
寝ている間に“幸運体質”になる! Keiko流「3つのステップ」


【今始める女がモテる!】痛くない・早い・安い「脱毛サロン」 とは?

※ 商品にかかわる価格表記はすべて税込みです。