好きなこと、話そ!

志村 昌美

映画、ときどき私 Vol.10『エール!』で感じる家族の絆と夢見ることの大切さ!

2015.10.31
早いもので、気がつけばこの連載もあっという間に10回目。そこで、今回ご紹介するのは、私も大好きな作品で、幅広い層にオススメの一本です。それは……

“今年号泣した映画トップ3”入り間違いなしの話題作『エール!』

フランスの田舎町で酪農を営んでいるベリエ家。一見、幸せな普通の4人家族に見えるが、実は長女のポーラ以外は、全員耳が聴こえないのだった。しかし、“家族はひとつ”を合言葉に、明るい両親と好奇心旺盛な弟とポーラは仲良く暮らしていた。

家族思いのポーラは家族みんなの耳となり、家族と社会をつなぐ架け橋の役割を果たしながら、学校にも通う忙しい毎日。

そんなある日、音楽教師がポーラに歌の才能があることを発見!

パリの音楽学校のオーディションを受けることをすすめられたポーラは、夢に胸をふくらませていたが、彼女の歌声を聴くことができない家族たちは、その才能を理解できずにもちろん大反対。

夢を追い求めたい気持ちと、自分がいなくなったら家族はどうなってしまうのかと心配する気持ちの間で揺れ動くポーラは、夢を諦めることを選択することに……。

そんななか、ポーラの歌声が“ある奇跡”を引き起こす!

耳の聴こえない家族に初めて届いたポーラの歌と家族への思い。夢見る少女が起こした最高の奇跡とは?

“奇跡の歌声”を持つ新星ルアンヌ・エメラに注目!

ルアンヌ自身もポーラと同じく、フランスのオーディション番組で“奇跡の歌声”と注目され、一躍スター歌手の仲間入りを果たしたシンデレラガール。

ある日、フランスのラジオを聞いていたときに、たまたま流れてきた曲と歌声が気になり、とりあえずメモをとっていたのですが、それがルアンヌであることに気がついたのは、この作品を観たあとのことでした。

お店で店員さんを呼んでもだいたい気がついてもらえない“響かない声”を持つ私からすると憧れの存在であるルアンヌ。「もし、私もこの声を持っていたら絶対歌手を目指していただろう」と思ってしまうほど魅力的な声と圧倒的な歌唱力には、たとえ言葉がわからなくても虜になるはずです。

そして、家族への愛と旅立ちの心境を歌う姿に号泣!

耳の聴こえない家族たちにとって、もしかしたら生きていくのに歌は必要ないものかもしれません。それでも、家族への愛情と夢に対する情熱を伝えるために全身全霊で歌うポーラの姿と家族に初めて歌が届いた奇跡の瞬間に、「こんなに温かい涙はいつぶりだろうか?」と思うほど、心の奥から込み上げてくる涙を止められませんでした。

そして、ここに描かれている「旅立ち」というテーマは、進学や就職のとき、もしくはポーラのように自分の夢を叶えるために親元を離れたことのある人なら、一度は経験したことがあるはず。夢と家族の間で揺れ動く思いには胸を締めつけられます。

実際、私にも”旅立ち”のときはありました!

とはいえ、現在30代半ばで実家にいる私は、完全には旅立ちきれてないと言われるかもしれませんが、そんな私でも過去に旅立ちを経験したこともあります。

それは、長期・短期含めて3回の海外留学をしたときのこと。大反対されるポーラとは真逆で、いままで私がやりたいということに反対したことのない両親は、「自分の好きにしていい」といつも賛成してくれました。

ただし、その際に母から言われたのは3つのこと。

・経済的な負担も含めてすべて自分で責任を負うこと
・自由であるということはその分責任も大きいということを忘れない
・無事でいること

そうして3つのことを心に置いて挑んだ海外生活では、いいことも悪いことも含め、さまざまなことを学ぶことができ、そのときの経験がいまの私に何よりも大きな影響を与えているといっても過言ではないかもしれません。

そして、離れてはじめて、家族のありがたさをより感じることができたときでもありました。

特に、最初の留学のときは、空港で母の姿が見えなくなったときに思わず涙が出てきたこと、飛行機の中で応援メールを受け取ってさらに泣いたときの心境は、まさにポーラが歌う「青春の翼(Je Vole)」の歌詞そのもの。いまではあの曲が流れるだけで、自動的に涙も流れそうなほどです。

『エール!』に込められた意味、それは「曲・翼・応援」!

日本版タイトルである『エール!』には、フランス語の「曲(Air)」と「翼(Aile)」、そして英語の「応援(Yell)」の3つの意味が込められているとのこと。まさにその言葉の通り、ポーラの翼の生えた歌声を乗せた曲は、私たちを力強く応援してくれるのです。

夢見る少女ポーラが聴かせてくれる最高の歌声と家族の絆が生み出した最高の奇跡。フランス全土で旋風を巻き起こした“笑って泣ける感動傑作”は、目と耳と心で感じてください! 

作品情報

『エール!』
公開表記:新宿バルト9他全国公開中
配給:クロックワークス、アルバトロス・フィルム
(C)2014-Jerico-Mars Films-France2 Cinéma-Quarante12 Films-VendÔme Production-Nexus Factory-Umedia

http://air-cinema.net/