好きなこと、話そ!

志村 昌美

映画、ときどき私 Vol.7『ピッチ・パーフェクト2』で歌って踊って、ピンチをチャンスに変える!

2015.10.16
2012年に世界的な大ヒットとなった『ピッチ・パーフェクト』の待望の続編がついに公開です。すでに3作目の製作も決定しているという人気シリーズが、前回よりパワーアップしてみせる歌と踊りのパフォーマンス。

それが、青春アカペラミュージカル『ピッチ・パーフェクト2』

3年前に全米大会で初優勝して以来、一躍有名となったバーデン大学の女子アカペラ部「バーデン・ベラーズ」。オバマ大統領の誕生日を祝う祭典で歌うという名誉を与えられたにも関わらず大失態を犯し、一大スキャンダルへと発展する。それにより、国内の公演禁止処分となったベラーズは、最大の危機に見舞われることに。

そんな彼女たちにとって名誉挽回のチャンスは、たった一度。

それは……アカペラ世界大会で優勝すること!

一致団結してこのピンチを乗り越えなければならないにも関わらず、プレッシャーや卒業後の人生に対する不安など、それぞれが抱える問題で、ベラーズの心はバラバラになってしまう。

そんな彼女たちに追い打ちをかける存在は……。

ドイツから現れた史上最強のライバル!

恋に青春に将来に悩める女子たちが一つになったときに見せるガールズパワーで本来の友情を取り戻し、世界大会のステージでベラーズらしさを発揮することはできるのか……?

世界一の称号を手にするため、最高のハーモニーにのせてベラーズの戦いはついに始まった!

みんなで一致団結して生まれる感動とは?

学生時代に部活や団体で何かに取り組んだことのある人なら、個人で何かを成し遂げるのとは違う感動を味わったことのある人も多いのでは? 現在、大フィーバー中のラグビーも同じように、それぞれがチームのために戦い、同じ目標のために心をひとつにする姿には誰もが胸を打たれるものです。

そんな私もアカペラ部ではないものの、高校時代は吹奏楽部にすべてを捧げた経験アリ! 女子アカペラ部と同じく女子校の吹奏楽部ということもあり、女子だけが集まるときに流れる特有の空気感やノリはまさにベラーズ。

実際、その時期に得たものは数多くあり、今の自分にも大きく影響しているなと改めて感じています。

特に印象に残っているのは、高校生最後の夏。

PP2・5706_D016_00122

大学生活最後の一年をアカペラに捧げるベラーズのように、みんなでコンクールでの金賞を目指すため、受験勉強よりも部活動を選んだ私。どんな曲をコンクールで演奏するのか心待ちにしていたとき、私より経験も実力も上という“最強の後輩”がソリストとして抜擢され、しかもそのソロがメインとなる曲に決定!

そして、個別で先生に呼び出されて告げられたのが「4番打者がいるのに使わない手はない」という一言。

私にとっては、ある意味、突然の戦力外通告!

悔しさのあまり、駆け込んだトイレの中で吐きそうになりながら、一人で号泣していたとき、負けることの悔しさを初めて知り、そのとき自分の中に芽生えたのが“負けず嫌いの精神”。

ベラーズも強力なライバルの存在に打ちのめされるからこそ、それが糧となり、より強い力で前に進むことができるのです。負けることを知っている人のほうがきっと、もっと強くなれるのかもしれません。

ピンチのときこそチャンス!?

今回、ベラーズ史上最大のピンチに見舞われる彼女たち。「ピンチ」と聞くと私はある言葉を毎回思い出してしまうのです。それは、高校のある先生が受験生を前にしきりに言っていた「ピンチはチャンス!」

その当時、「ピンチなんだからチャンスなわけないだろう」と思って笑っていた私。実際、この意味を理解できなかった私の大学受験はピンチのまま終わることになりました……。

でも、今ならその意味が少しわかる気がしています。つまり、ピンチでどん底のときこそどんな方向にでも自分次第で上がっていけるのだということ。そして、どん底より下はないんだから、失敗を恐れずに何にでもチャレンジできる強さがあるということ。

まさにベラーズもピンチに陥ったからこそ自分たちの本当の気持ちをさらけ出し、自分たちらしさを新たに見つけることができたのです。そんなひたむきな彼女たちの姿に、思わず自分の青春時代を重ねてしまうはず。

そして、みんなで目標に向かって一生懸命進んでいく強い想いと熱い友情に送りたくなる拍手とアンコール! そんな青春時代を思い出させてくれるベラーズたちの歌声に浸ってみては? 

洋楽好きはもちろん、普段ミュージカルはちょっと苦手という人も、1作目を観ていないという人でも知っている曲のオンパレードなので、気分はベラーズの一員で楽しめること間違いなしです!

やっぱり女子の友情って最高!

そして何より、ベラーズ同様に私が部活動を通して感じたのは、友達という存在のありがたさと友情の絆。コンクールの結果は銅賞だったけれど、「あの頃は青春してたな」と辛い思い出も今では笑って話せる友達たちと出会えたことが、私にとって一番の金賞だったと思います。 

音程を意味するピッチ。友達と”心のピッチ”を合わせたら、そこに生まれるのは友情という名の最高のハーモニー。その音色は、きっとあなたの人生をより深みのあるものにしてくれるはず。ガールズパワー全開のベラーズがみせるしびれる歌声は自分の耳で確かめて、そして心で感じてください!

作品情報

『ピッチ・パーフェクト2』
公開表記:10月16日(金) 全国ロードショー!!
配給:シンカ、パルコ 
(C)Universal Pictures

http://pitch-perfect2.jp/