好きなこと、話そ!

花田 浩菜

【はぴマネレッスン】vol.4「固定費」ダイエット!

2015.6.22
前回、「オーダーメードの家計ダイエット」の簡単な仕組みづくりについてお伝えした【はぴマネレッスン】。今回は、「我慢は嫌!」かつ「減らしたいところを減らしたい!」と思うあなたへ。「家計の部分ダイエット」の方法についてお話ししていきます。

「家計の無駄」ってどこ?

【はぴマネレッスン】vol.4 「家計にも、部分ダイエットが必要です!」

ダイエットをして、減らしたくない部分の胸から落ちる。減らしたいところが、減ってくれない・・・ダイエット経験者なら、「分かる!」という方も多いのではないでしょうか。実は家計のダイエットも同じこと。「必要な部分」を減らしてしまっては意味が無い。いらない部分こそを減らす、「部分ダイエット」が必要なのです。

では、「家計の無駄な部分」はどんなところでしょうか?

「やっぱり、大好きな買い物代?」

いえ、ちょっと待って! まず自分の支出を振り返った時に戻り(Vol.1)、あなたの本当に「大好きなものに対するお金」と、「いらないけど、しょうがなく掛かっているお金」が見えてくるはず。

そう、この「いらないけど、しょうがなく掛かっているお金」。これこそが「まず痩せさせたいターゲット!」なのです。では、この「まず痩せさせたいお金」。その正体こそが「固定費」なのです。

「固定費」と「変動費」。

【はぴマネレッスン】vol.4 「家計にも、部分ダイエットが必要です!」

家計には「固定費」、「変動費」の2種類がある、ということを皆さんはご存知でしょうか?

支出でまず真っ先にダイエットをしたい「固定費」とは、

■ 住居費
■ 生命保険料
■ 自動車費用
■ 携帯電話、インターネットの通信費
■ 水道代、電気代など光熱費
■ 定期的に払っているお稽古代

等、「毎月定期的に払っている決まったお金」です。

それに対して「変動費」とは、食費や、旅行やお出掛けの為の費用、お小遣い(美容、洋服代など)、雑費、と、使った分だけ毎月変動するもの。

一般的に「家計を減らす」というと「ああ、あの洋服代減らさないと(;_;)」なんて、「自分の大好きなお小遣い」から減らそうとする方が多いです。

しかし、それこそがストレスのもと!

「我慢はしたくない!」「簡単で楽ちんで!」な方法でないとやはり長続きしません。また、固定費は一度減らしてしまえば毎月掛かっていた部分が自動的に減る=その部分が自動的に貯金に行こうする事が出来る為、まさに一石二鳥な方法なのです。

忙しくかつわがままに生活したい♡そんなanan世代には「欲しいものにはお金を使い、いらないところからまず減らす」。そんな事が出来るぴったりな方法です。

では、その固定費の見直し方を考えていきましょう。

固定費の見直し方。

【はぴマネレッスン】vol.4 「家計にも、部分ダイエットが必要です!」

固定費を見直すにあたり、代表的なものを紹介していきます。

■ スマホで使っていないけど毎月掛かかっている月額アプリ代など、無駄な通信費は無いか?→解約
■ 月々課金している行っていない習い事やサービスを利用していないか→解約
■ 携帯代や通信費は適正か?→1年以上見直していないなら新サービスのが安い可能性も。携帯会社に相談へ。プラン見直しで安くなる場合も有り。
■ パソコンのWifiサービスは何を使っている?→格安なものもたくさん。見直す価値もあり!
■ 使っていないクレジットカードの年会費などを払っていない?→解約
■ 「電気家計簿」というwebサービスで電気代の見直しをしてくれるサービスも。利用価値有り。
■ 加入している生命保険、被っている保障や掛け過ぎは無いか?→見直してみる

どれも減らすところが無い方は・・・

■ 住宅費用は適切?→同じような家で家賃が少し安く押さえられる場合もあるかも。

これらのものを見直すだけで、月5千円~2万円以上減った!という方も多いので、見直す価値は大いに有り! そんな「うっかり払っていた固定費」こそがまさに真っ先に減らしたい贅肉の部分と同じ大敵の部分です。

そして、それでもまだ目標の貯金額に到達しない部分については自分にとって「優先順位の低いところ」から予算を削っていく事を、おすすめします。

あとは、自分自身で設定した貯金したい額を先取り貯金することで、お金の感覚が身に付いていくはず。

今回は「家計の部分ダイエット」についてお話していきましたが、次回は「お金の貯まる!頭の断捨離」法についてお伝えしていきたいと思います。

以上、【人生ときめく♡はぴマネレッスン】vol.4でした。