好きなこと、話そ!

濱田 文恵

むくみ女子増加中!?…夏はすぐそこ!「下半身のむくみ簡単ケア」3選

2020.6.12
美容のプロに任せるキレイ作りも嬉しいけれど、自分で自分をキレイにできたときの嬉しさは格別。そこで、女の子の自分磨きを応援するためのセルフ美容法をお届けしていきます。 お家にいても、外にいても変わらず悩まされるのが下半身のむくみ問題。 基本的にちゃんとケアをしなければ、一年を通して悩まされるわけですが、これから薄着になる季節なので、パンパンに膨れ上がった足もとは悪目立ちのもとになります。 しかも、むくみは放置するとセルライトを招くだけでなく、下半身太りの原因に! 第10回目は下半身のむくみ対策について。その日のむくみはその日のうちに対策をするようにしましょう。

日常生活はむくみの原因がいっぱい!

【濱田文恵のセルフ美容】

薄着+冷房で体の冷え

外にいれば太陽のおかげで暖かく、しかも動いていることが多いのですが、気温が高いために、室内では冷房のきいた場所にいることが多くなりますよね。

体の冷えは血行を悪くします。むくみの原因となる老廃物はリンパだけでなく、静脈によっても回収されているわけです。そのため、血行を悪くする体の冷えには気をつけましょう。薄着の季節でも、外に出る時はカーティガンなどを持参したり、室内でもブランケットを活用したりするといいですよ。

夜遅くまでの暴飲暴食は危険!

おうちにいる時間は、油断するとつい食べ物に手を伸ばしてしまうことも。お昼なら活動が盛んになる時間なので、ともかく寝る直前の脂っこい食事や飲酒は体に大きな負担をかけます。

常に体内で働いている内臓にもお休みの時間は必要です。夜9時以降の暴飲暴食はやめましょう。朝ごはんに好きな食べ物を用意しておけば、次の日が楽しみになって早く寝るという習慣をつけられますよ。

座りっぱなしor立ちっぱなし!

私たちは普通に生活しているだけで重力があるので、足に水分や老廃物が溜まってしまいがち。そのため、長時間座りっぱなしや立ちっぱなしは、水分や老廃物を運ぶリンパ管の流れをさらに悪くします。

思い当たる方は、1時間に一回くらいは、お手洗いがてらに少し歩いたり、軽いストレッチを取り入れたりするようにしましょう。

簡単にできる下半身のむくみケア3選

1. ペンでこっそり足裏マッサージ

長時間座っていることが多い方は、軸が太めのペンを床に置き、足の裏で転がしてみましょう。指先から、かかとまでまんべんなく刺激をすることで、体全体の血流を改善し、体がポカポカになります。これならわざわざ席を離れなくても、作業をしながらできちゃいますね。

2. むくみを感じたら1杯のトマトジュースを

むくみを感じたら、血をサラサラにし、巡りを良くしてくれるモロヘイヤ、トマト、玉ねぎなどの野菜を積極的に摂るのがおすすめ。なかでも、トマトは余分な塩分を排泄する働きのあるカリウムが豊富です。むくみを最も感じやすい夕方に、1杯のトマトジュースを飲んで美味しく対策してみてはいかがでしょう。

3. シャワー中のひと手間

体を洗うときにながらでできるむくみケアをお伝えします。シャワーヘッドを逆さにして、ふくらはぎの下から上に向かってお湯を当ててみましょう。日中の足の冷えをしっかりリセットすることで、お風呂上がりの足もとが軽くなりますよ。

また、お風呂上がりにボディクリームを塗りながら、ふくらはぎの下のむくみにきくツボ(一番太い部分から指4、5本分下あたり)を、イタ気持ちいいくらいの力で押してあげるのもいいですよ。試してみてくださいね。

むくみケアで下半身の悪目立ちをリセット!

いかがでしたか。毎日普通に過ごしているだけでも避けられないのが、下半身のむくみ問題。だからといって諦めるのではなく、毎日少しずつケアすることで、余分な水分や老廃物を溜めにくい状態にすることは可能。諦めずに、今日紹介した下半身のむくみケアを取り入れてみてくださいね。


©AndreyPopov/Gettyimages
©PeopleImages/Gettyimages
©Westend61/Gettyimages