アンアンからニュースを配信します!

冷凍庫も立てて収納! プロの“整理整頓テク”で食材ロスを減らす

2016.11.5
毎日使うだけに、整理が難しい場所でもあるのが冷蔵庫。冷蔵庫収納家の福田かずみさんに、使いやすい冷蔵庫を作るコツを聞きました。

部屋の片付けのセオリーの一つに、“モノの置き場所を決め、使ったら元に戻す”というものがありますが、冷蔵庫の中も、それと同じ気持ちで片付けるとよい。

「好きでよく買うものはもちろん、自作の調味料を入れたビンなど、入れるものは基本すべて定位置を決めましょう。空きができたからといって、そこに別のものは置きません。恣意的に詰め込んでいくとたちまち乱雑になりますから」と福田かずみさん。彼女の冷蔵庫の中を実際に見せてもらえば、なるほど、の工夫がいっぱい!

整理整頓された野菜室。

整理整頓された野菜室。

「整理整頓して、一目で何があるか把握できたら、食品を無駄にすることもなくなります」

今回は今すぐ真似できそうな、野菜室と冷凍庫のアイデアを教えてもらいました。

ふくだ・かずみ 冷蔵庫収納家。ストレスフリーの冷蔵庫の収納術&活用術を提案するサイト「美人冷蔵庫LIFE」を運営。出張レッスンや講演も。 reizouko-club.com

ふくだ・かずみ 冷蔵庫収納家。ストレスフリーの冷蔵庫の収納術&活用術を提案するサイト「美人冷蔵庫LIFE」を運営。出張レッスンや講演も。 reizouko-club.com

野菜室は異なるサイズのケースで上手に仕切る

引き出しに仕切りは必須。「長いもの、短いもの、ゴロッとしたものと3つのスペースを確保すればかなり整理されます。100円ショップで売っているプラスチックカゴは、サイズも豊富で便利」

野菜が小さくなったら収納場所を移動せよ

使ううちにサイズダウンした野菜は、元の場所に戻さず、収納場所を移動。「売られているときに野菜が入っているビニール袋は、保存力が高いものなので、その袋のまま保存して大丈夫です」

冷凍庫では本のように立てられる薄い容器が大活躍!

重ねると、下段の容器は忘れ去られる危険性が。「薄い容器を縦に並べると、スペースを上手く使えます。私は厚さ3cm程度の容器に、サッと茹でた野菜、豆などを種類別に入れ、立てて収納しています」

余らせがちな薬味は1回分をラップで冷凍

生姜やネギなど、“ちょっと必要”な薬味。「買ってきたらすぐ、すりおろしたり刻んだりし、1回分ずつをラップでまとめ、容器に入れて冷凍します。食材のロスが防げますし、調理の手間も減ります」

最終的に残った野菜は、スープ用に冷凍し、ストック

微妙な量で余ってしまった野菜は、ダメになる前に細かく刻んで、一つの容器にまとめて冷凍。ある程度溜まったところで、スープの具材に活用する。「ミネストローネなどを作るときに重宝。無駄な買い物も減ります」

ふくだ・かずみ 冷蔵庫収納家。ストレスフリーの冷蔵庫の収納術&活用術を提案するサイト「美人冷蔵庫LIFE」を運営。出張レッスンや講演も。reizouko-club.com

※『anan』2016年11月9日号より。写真・土佐麻理子 

(by anan編集部)