アンアンからニュースを配信します!

ジョニー・デップ『パイカリ』出演をポール・マッカートニーに直談判!?

2017.7.2
上海で行われた映画『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』のワールドプレミア直後に会見したジョニー・デップは、ご満悦。
パイレーツ・オブ・カリビアン

「サプライズ満載だよ。ジャック・スパロウが落ちぶれて、海賊なのに銀行強盗をするシーンは、良質のサイレント映画のよう。バスター・キートンやチャップリンの世界だね」

ジョニーといえば〈泥沼の離婚劇で、激ヤセ〉と噂されたけど、すこぶる元気。シリーズ5作目となる最新作の出来にも自信満々だ。

「オーランド・ブルームが演じたウィルの息子が登場するのはいいアイデア。それによってオーランドも再び出演してくれて嬉しいよ。それに新キャラのキャプテン・サラザールをハビエル(・バルデム)が演じてくれたことも、すごいサプライズだ。彼とは『夜になるまえに』で共演してからの親友で、演技の巧さも人柄も知っているからね。今回も、常に“死”の匂いを漂わせるサラザールを深みのある演技で体現してくれた。彼らと一緒にアイデアを出し合って仕事ができることがとにかく楽しくて、至福の時間だったよ」

じつは、もうひとり超サプライズな出演者がいる。

「ジャックが牢獄で伯父と遭遇するシーンがあるんだけど。僕は“ポール・マッカートニーが演じてくれたら、面白い!”とひらめいて、直接電話をしたんだよ。ジャックの父親役はローリング・ストーンズのキース・リチャーズだし、その兄弟はビートルズのポール・マッカートニー。こんなこと…まさに奇跡が実現したと思わない?」

パイレーツ・オブ・カリビアン

キャストばかりか、ストーリーにもユニークかつ新鮮なエピソードを盛り込んでマンネリを打破した新作。ジャックの宿敵バルボッサが抱き続けた“人生の秘密”が明らかにされる展開は人間ドラマとしても見ごたえあり。もちろん、ジョニー演じるジャック・スパロウの魅力も健在だ。

「ジャックの本質は変わらない。不遜で狡猾。経験から何かを学んだり、それによって成長することはありえない。つまり、彼はいつまでたっても本能の赴くままに行動しているんだ。でも見方を変えると、そんなジャックこそが純粋であり無邪気にも見える。たぶん、それがみんなに愛される理由なんだと思うよ」

パイレーツ・オブ・カリビアン3
ジョニー・デップ 1963年6月9日生まれ。’90年代に若き演技派として脚光を浴び、’03年開始の『パイレーツ~』シリーズで世界的なスターに。3 人目の妻アンバー・ハードと今年1月に正式離婚。

呪いを解くポセイドンの槍を探すジャックを“海の死神”サラザールが攻撃! 監督/ヨアヒム・ローニング、エスペン・サンドベリ 出演/ジョニー・デップほか 7/1よりTOHOシネマズ日劇ほかで全国公開。(C)2017 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

東京ディズニーシーではスペシャルイベント「ディズニー・パイレーツ・サマー」を初開催。パイレーツ・サマーバトル“ゲット・ウェット!”というショーでは、ジャック・スパロウと、キャプテン・バルボッサ率いる海賊団が登場。ブラックパール号争奪戦や大宴会の様子を、大量の水を浴びながら楽しめる。ほかにも、海賊モチーフのグッズやメニューなど、映画の世界観が各所にあしらわれているので、併せて楽しんでみて!

※『anan』2017年7月5日号より。インタビュー、文・金子裕子

(by anan編集部)


【人気記事】
本当に細くなる!? 噂の「脚パカ」で簡単エクササイズ!


【生々しくてちょっと…】不倫関係男女の「LINE覗き見」3連発
この手があった!便秘、下腹、体重の変化が!anan総研(PR)


【男子戦慄!女のムダ毛…】モテ女必見「脱毛サロン」の選び方4つ – Sponsored