“気になる彼”との相性は?【相性診断】「恋がサクサク進む相手」と「停滞する相手」

文・沙木貴咲 — 2022.1.6
12星座別に【“恋がサクサク進む相手”と“停滞する相手”】を分析! 相性の良さは関係が進展するスピードにも表れるでしょう。スムーズに仲良くなれるタイプを覚えておくと恋が進めやすくなるはずです。さっそくチェックしていきましょう。

おひつじ座(3月21日~4月19日生まれ)

おひつじ座がスピーディーに恋を進められる相手は、テンポ良く会話のキャッチボールができるタイプです。また、自分の信念がハッキリしている人や、笑いのツボが似ている人とも親密な関係を築きやすいでしょう。

一方で、恋が停滞しがちなのは無口で何を考えているかわかりづらいタイプ。熟考してから行動する人も、一緒にいてじれったく感じてしまいそうです。

おうし座(4月20日~5月20日生まれ)

おうし座がサクサク仲良くなれるのは、おっとりしていて優しく柔軟なタイプです。恋にスピード感を求めない人に居心地の良さを感じやすく、さらにグルメやファッションの趣味が共通すればトントン拍子に親密な関係を築くことができるでしょう。

逆に、「いいな」と思っても足並みが揃わないのは、LINEや会話のテンポが速く、すぐに結論を出そうとする人です。考える間を与えないタイプは一緒にいても疲れてしまうはず。噛み合わない部分が多くフェードアウトしがちになるでしょう。

ふたご座(5月21日~6月21日生まれ)

ふたご座がスムーズに恋を進められるのは、フットワークが軽いタイプ。細かな計画を立てなくても行動できる人と一緒に居る方が楽しく、心の距離が縮まりやすいでしょう。

また、新しいものやエンターテインメントに関心を持つ人とも意気投合しやすいはず。興味の幅が広く情報感度が高い人とはウマが合うようです。

そのため、インドア派で腰が重いタイプは一緒にいても退屈しがちに。外見がドンピシャで好みな見た目をしていても、映画や音楽、文学などに興味がないタイプとは仲良くなりづらいでしょう。

かに座(6月22日~7月22日生まれ)

かに座とサクサク恋人同士になれるのは、結婚願望がある一途なタイプです。責任感が強く、密な関係を好む人とは仲良くなりやすいでしょう。

また、母性をくすぐられるような少年っぽさを残した男性とも、いつの間にか恋人同士になっていることが多いはず。

一方で、恋が停滞してしまうのはノリが良く他人の懐に入り込むのが得意なタイプ。かに座は警戒心が強く、いきなり馴れ馴れしくされると心のガードが堅くなりそうです。仲良くなるまでに時間がかかるか、そもそも恋愛対象として見ない傾向があります。

しし座(7月23日~8月22日生まれ)

しし座がすんなり恋人になれるのは、意思表示がハッキリしていてお世辞を言わない人です。良いことも悪いことも、事実は事実としてストレートに表現するタイプの人と仲良くなりやすいでしょう。

また、外見に気を遣っているオシャレな人には目を奪われやすく、「いいな」と思えば自分から積極的に距離を縮めようとするはずです。

逆に恋が進展しづらいのは、言葉数が少なく遠慮が多いタイプ。距離が遠く感じるだけでなく、言動から相手の気持ちを察しなければならないので煩わしく感じてしまいそうです。

おとめ座(8月23日~9月22日生まれ)

おとめ座とサクサク仲良くなれるのは、笑いのツボが同じタイプ。マニアックな好みを共有できる人とも意気投合しやすいでしょう。自分たちにしかわからない楽しみを共感し合うことで、スムーズに仲良くなれそうです。

一方で、個性的で自由な感覚を持つ人とは共通の話題を見つけるのが難しく、「いいな」と思っても関係が進展しづらいはず。
おとめ座は慎重でガードが堅い傾向があるため、心を打ち解けるきっかけがつかめないと仲良くなりにくいでしょう。

てんびん座(9月23日~10月23日生まれ)

てんびん座がサクサクと関係を進められるのは、離れていても不安を感じないタイプです。精神的に自立していて、ひとりの時間を好む人とは自然と心が通じ合うでしょう。
また、ファッションやグルメにこだわりを持っていて、スタイリッシュな感性を持つ人とも意気投合しやすいはずです。

一方で、好きな人とずっと一緒にいたいタイプは付き合いづらく思うかもしれません。初めは深く愛されていると満足しても、相手の気持ちを重く感じて交際には消極的になりそうです。

さそり座(10月24日~11月21日生まれ)

さそり座がトントン拍子に仲良くなれるのは、真面目で一途なタイプ。ちょっと不器用でも、誠実な愛情表現をしてくれる人に安心するでしょう。
また、どちらかというとインドア派で交友関係は狭く深い人がしっくり来るはず。ふたりきりの時間を大切にすると、心の距離が自然と縮まるはずです。

それだけに、オープンでにぎやかなことが好きなタイプとは噛み合いにくいかもしれません。たとえば、一対一のデートを楽しみたいのにグループデートを提案するようなタイプとは足並みが揃わないでしょう。

いて座(11月22日~12月21日生まれ)

いて座とスムーズに仲良くなれるのは、趣味や学びの方向性が似ているタイプです。好きなアーティストや尊敬するビジネスパーソンが同じだと、初対面でもすぐに打ち解けられるでしょう。
また、つねに本音で語り合える人とも初回のデートで運命を感じやすいはず。心のガードが一瞬で取り払われそうです。

逆に、恋が停滞しやすいのは、コミュニケーションのテンポがゆっくりしているタイプ。いて座はスピーディーな意思疎通を好むので、恋心が薄れてしまうようです。

やぎ座(12月22日~1月19日生まれ)

やぎ座とトントン拍子に仲良くなれるのは、仕事好きで素直なタイプ。恋人としてはもちろん、友人や同僚としても切磋琢磨し合える人がしっくりとくるでしょう。
そして、聞き上手で柔軟な感性を持った人もやぎ座にとっては居心地が良く、一緒に過ごす時間が自然と多くなるはずです。

一方で、いいなと思っても仲良くなりづらいのは、自分の意見をしっかり持ちすぎている人。我の強いリーダータイプとは衝突しやすく、甘いムードになりにくいようです。

みずがめ座(1月20日~2月18日生まれ)

みずがめ座がスムーズに仲良くなれるのは、趣味や仕事にポリシーを持っているタイプ。恋愛にそれほど重きを置いていない人とは仲良くなりやすいでしょう。
また、意志表示が明確で周りに流されない人とも、本音を語り合うことで心が通じ合うはず。

それだけに、良かれと思って謙遜するタイプにはじれったさを感じてしまいそう。いいなと思っても心から解り合うのが難しく、関係がフェードアウトするかもしれません。

うお座(2月19日~3月20日生まれ)

うお座が恋をサクサク進められるのは、感覚で意思疎通ができるタイプ。論理的な説明をしなくても意志を汲んで共感してくれる人とは、初対面から打ち解けられるでしょう。
また、エンタメやアートにこだわりのある人とも深い話ができて、意気投合しやすいはずです。

逆に、恋が停滞しがちになるのはロジカルシンキングを得意とするタイプ。お金やビジネスの感覚に鋭く、物質的価値を重視する人とは「話が合わない」と思うかもしれません。

2022年上半期の恋愛運を詳しく知りたい人はコチラ!
【2022年上半期の運勢】「運命が大きく動く」のは誰?

沙木貴咲
占い師/ライター。西洋占星術・数秘術・タロットカードを使いながらも、スピリチュアルに依らない現実的な解釈が特徴的。占い歴は16年、メール鑑定歴は7年(2021年現在)。結婚・出産・離婚・独立を経て、豊富すぎる人生経験を活かしながら占いや恋愛の記事を執筆中。
この著者の記事一覧はコチラ!

©Westend61/gettyimages
©svetikd/gettyimages