【12星座別】あなたが本命視されるポイント

文・沙木貴咲 — 2021.10.9
12星座別に「あなたが本命視されるポイント」をチェック! 恋人としてどんなところが魅力で、結婚相手としては何を求められるのでしょうか? それを知っていれば、恋活・婚活の方法が変わってくるかもしれませんよ。

おひつじ座(3月21日~4月19日生まれ)

おひつじ座が恋人として愛されるとき、「明るくて前向きなところ」が本命視されるポイントでしょう。困難に直面しても簡単に負けを認めず、とことん立ち向かおうとする健気さに男性はドキッとさせられるはず。

また、妻として本命視される場合、おひつじ座の「旺盛な自立心」が決定打になりそう。結婚後も夫に依存しないで仕事を続けたり、自分なりに家庭生活を工夫するだろうと男性は期待するようです。

おうし座(4月20日~5月20日生まれ)

おうし座が彼女として求められるとき、「自分軸がしっかりしている点」が本命視されるポイントになるでしょう。譲れないことや好き嫌いが明確で曖昧なところが少なく、付き合いやすいと思われるはず。

一方で、妻として本命に思われる場合は、「浮気しない一途さ」が結婚の決め手になりそう。おうし座はモテることよりたった一人のパートナーを愛し抜くことを重視するため、裏切らない妻になると信用されるようです。

ふたご座(5月21日~6月21日生まれ)

ふたご座が彼女として本命視されるのは、「一緒にいて楽しいところ」が理由になるでしょう。話し上手で表情も豊かなためデートの充実度が高く、男性はいつもあっという間に時間が過ぎると感じているはず。

また、妻として結婚を求められるときは、「いつまでも恋人気分を味わえそう」という点が本命視されるポイントなようです。ふたご座はアクティブでみずみずしい感覚を持つため、所帯染みた姿が想像できないのでしょう。

かに座(6月22日~7月22日生まれ)

かに座が恋人として本命視される場合、「一緒にいて居心地が良いこと」が決定打になるでしょう。面倒見の良さと優しさが男性をリラックスさせるはず。自然体で付き合える人として安心されるようです。

また、妻として本命視されるなら、理由は「結婚するのが当たり前」になるでしょう。かに座はそもそも恋と結婚を直結して考えるタイプなので、恋人同士でいるうちから夫婦のように深い関係を築くはず。そのため、彼氏も当然の流れとして家族になることを受け入れるでしょう。

しし座(7月23日~8月22日生まれ)

しし座が本命彼女になるとき、男性の決断のポイントは「圧倒的な存在感」にあるでしょう。しし座には独特のカリスマ性があるだけに、メリハリのあるタイプが好きな男性は虜になるはずです。

一方で、妻として求められる場合は、「お互いに支え合えるところ」が本命視のポイントになるでしょう。しし座は依存心が少なく、自分で考えて行動できるので、彼氏は対等に協力し合えるだろうと期待するようです。

おとめ座(8月23日~9月22日生まれ)

おとめ座女性が彼女として本命視されるとき、「清楚さ」が決め手になるでしょう。真面目で浮気の心配がいらないところが信頼されるようです。

また、そうした真っすぐなところは結婚相手としても求められる決定打になるはず。しっかりした人間性や信頼度の高さが、彼氏に理想的な妻を想像させるようです。安定した家庭が築けそうと期待されるのでしょう。

てんびん座(9月23日~10月23日生まれ)

てんびん座が本命彼女として見られるとき、「洗練されたセンスの良さ」がポイントになりそうです。おしゃれなファッションや身のこなしの美しさが、男性にはキラキラして映るのでしょう。

一方で、妻としててんびん座が本命視される場合、「社交性やバランス感覚」が決定打になるはず。ほかの女性なら感情的に揉めそうなときも落ち着いて話し合いができるとか、義理の親ともうまく付き合ってくれるはずといった期待を抱いて、彼氏は結婚を決意するようです。

さそり座(10月24日~11月21日生まれ)

さそり座は、「本能に訴えかけるミステリアスな魅力」によって本命視されるようです。あまり自覚がないかもしれませんが、何気ない仕草や視線には独特の色気が漂い、虜になる男性が少なくありません。

また、いったん恋人同士になれば、さそり座の一途な情熱を受けて離れられなくなるでしょう。彼氏は「こんなに愛してくれる人はほかにいない」と、身も心も預けて結婚を決意するようです。

いて座(11月22日~12月21日生まれ)

いて座を彼女として本命視するとき、男性は「付き合いやすさ」に注目しているようです。恋人としてはもちろん、友だちとしても居心地が良く、自然体で一緒にいられるところが愛されポイントになるでしょう。

そして、いて座が妻としてプロポーズされる場合、「隣にいると楽しい」が決め手になりそう。好奇心が旺盛でフットワークも軽いため、家庭がいつも明るいムードに包まれるだろうと彼氏は期待するようです。

やぎ座(12月22日~1月19日生まれ)

やぎ座が彼女として本命視されるのは、「真面目さと誠実さ」が愛されるため。心移りや浮気の心配がない恋人として安心されるのでしょう。

また、やぎ座はしっかり者なだけに、結婚を前提としたお付き合いを求められることが少なくありません。浮気しないと信頼されるだけでなく、安定した家庭を一緒に築ける相手として頼られるようです。

みずがめ座(1月20日~2月18日生まれ)

みずがめ座が本命彼女に見られるとき、「個性的なところ」がポイントになるでしょう。恋人になるのは感性が近い人が多く、心が共鳴し合ってお互いに求め合うはずです。

一方で、みずがめ座を結婚相手に求める彼氏は、「自立した夫婦関係が築けそう」という期待を抱くようです。妥協や依存がなく、お互いが自分の人生を生きて良い刺激を与え合う。そんな自由な夫婦を思い描くのでしょう。

うお座(2月19日~3月20日生まれ)

うお座を本命彼女に求める男性は、「かわいい。ほうっておけない」と思うようです。庇護心をかき立てられて何かと面倒を見たくなるのでしょう。

そして、結婚相手としてプロポーズされるとき、彼氏はうお座の健気さや献身的なところに注目しているはず。やさしく自分を支えてくれる妻になることを期待しつつ、癒しの存在として「そばにいるだけでいい」とも思うようです。

2021年10月の恋愛運を詳しく知りたい人はコチラ!

【2021年10月占い】「“いい運気”の追い風が吹く」のは誰?

沙木貴咲
占い師/ライター。西洋占星術・数秘術・タロットカードを使いながらも、スピリチュアルに依らない現実的な解釈が特徴的。占い歴は16年、メール鑑定歴は7年(2022年現在)。結婚・出産・離婚・独立を経て、豊富すぎる人生経験を活かしながら占いや恋愛の記事を執筆中。

この著者の記事一覧はコチラ

©bedya/gettyimages
©LightFieldStudios/gettyimages

※ 商品にかかわる価格表記はすべて税込みです。