大事な“3つのコト”とは…?【12星座別】2022年にも繋がる「ラスト3か月」の過ごし方

文・沙木貴咲 — 2021.10.13
秋を迎え、冬を迎えようとしています。2021年も終わりが見えてきましたが、限られた時間の中でやれることは的を絞った方が堅実。そこで、12星座別にピックアップした3つの「ToDoリスト」を参考に、残り約3か月を有意義に過ごしてみてはいかがでしょうか。

おひつじ座(3月21日~4月19日生まれ)

1.迷いがあるなら10月中にハッキリさせて。
仕事では、自分のスタンスを明確にすることでその後の流れが変わるはず。2022年への土台を作るでしょう。

2.今の自分に魅力をプラスワン。
秋から冬にかけては自信がつく時期です。アピールポイントが増えると恋の仕方が変わりそう。

3.信頼できる仲間作りを大切に。
2021年内に親しくなる人とは長い付き合いになる予感。仕事でもプライベートでも気兼ねなく話せる人を見つけておきましょう。

おうし座(4月20日~5月20日生まれ)

1.仕事で挑戦したいことを決意表明するなら11月までに。
年内は恋より仕事の優先順位が高くなるかもしれません。理想は高く、妥協はしないほうがいいでしょう。

2.本当に大切な人は誰か見極めて。
恋愛でも仕事でも自分にとって必要な人を選びましょう。単に「好き・嫌い」だけでなく、良い刺激を与えてくれる人が特別な存在になるはずです。

3.お金のトラブルは年内に片づけてスッキリと。
お金に関する不安は先送りしないように。転職・副業も含めて考えれば、解決の糸口が見つかりそうです。

ふたご座(5月21日~6月21日生まれ)

1.恋のクロージングは12月頭までに。
師走に入っても動きがない恋は、手放したほうが良さそう。12月に入ってから新展開を迎える人は脈アリかも。

2.今の自分に足りないものを見極めて。
「何が足りないか」を把握することで魅力をアップさせたり、仕事のスキルを高めたりできるでしょう。

3.来年の目標は12月中に立てておく。
やりたいことがあるなら具体的な計画を年内にまとめておきましょう。特に仕事については、後回しにしないように。

かに座(6月22日~7月22日生まれ)

1.11月上旬には恋に決着を。
恋愛に新展開があるとしたら11月上旬から半ばまで。一筋縄ではいかない関係であっても、冷静に状況を客観視すれば先へ進めるでしょう。

2.お断りリストを作る。
何でもかんでも「いいよ」と受け入れないように。八方美人になるより、自分に必要なものをハッキリさせたほうがいいでしょう。

3.大掃除は早めに手を付けて。
部屋の掃除だけでなく、夜更かしや食べ過ぎなどの悪習慣も改善を。早めに身の回りを整えておくと、2022年の流れを先取りできるはず。

しし座(7月23日~8月22日生まれ)

1.恋の種まきは11月頭までに。
好きな人がいる人もいない人も秋は積極的になって。すぐに結論が出なくても、12月にはうれしい“収穫”があるはず。

2.大切な人には愛と誠意を示して。
好きな人にはもちろん、仕事のパートナーにも誠実に向き合いましょう。年内に絆を結んだ相手とは、長い付き合いになりそうです。

3.仕事のやり方を変えて。
慣れた方法をあえて変えることが仕事で結果を残すきっかけになるはず。そもそも何を成果と見なすかも根本的に考え直すといいかも。

おとめ座(8月23日~9月22日生まれ)

1.半径5メートルの世界を見直して。
家でも職場でも慣れたルーティンを一度疑ったほうが良さそうです。より洗練されたライフスタイルを目指して、変化と改善を加えましょう。

2.恋の登場人物を厳選しましょう。
恋人候補が複数いたり、今彼も元彼も気になる人は本当に大切な人を見極めて。真剣に選んだ相手とは2022年からさらに縁が深まるでしょう。

3.仕事では“積み上げ”と“拡大”を大切に。
コツコツ積み上げることは得意でしょうが、年内は仕事の幅を広げることも視野に入れて。評価につながるはずです。

てんびん座(9月23日~10月23日生まれ)

1.恋愛は悔いのないように想いをつらぬいて。
クールに立ち回るより、不器用でも自分の気持ちを素直に伝えることを大切に。ベストを尽くせば、結論が自然と出るはずです。

2.言いたいことは我慢しないで伝える。
恋愛はもちろん、仕事や友人関係でも「自分が我慢すればいい」という考えは捨てて。本音を話すことで動き出す運命があります。

3.アピールポイントを増やす。
長所や自慢できることを紙に書き出してみましょう。恋の失敗から身につけたことは、重要なアピールポイントになるはずです。

さそり座(10月24日~11月21日生まれ)

1.絶対に譲れないものを再確認。
恋愛でも仕事でも、「これだけは譲れないポイント」を振り返ってみましょう。信念といえるものが変わっているかもしれません。

2.セルフケアは秋の間に。
スキンケアやヘアケア、ダイエットは本格的な冬が来るまでにしっかりと。いざという場面で慌てずにすみます。

3.大切な人との話し合いは師走を迎える前に。
恋人やビジネスパートナーと話すべきことがあるなら11月中に。目からウロコの発見がありそうです。

いて座(11月22日~12月21日生まれ)

1.恋のゴールは秋のうちに目途をつけて。
恋愛運は11月頭まで好調が続きます。運気の後押しがある間にやれるだけのことをやりつくしましょう。

2.大切な人を一人に絞る。
恋愛では特に自分にとって特別な存在を一人に絞りましょう。仕事では少数精鋭を心がけると良い流れが作れます。

3.決意表明することがあるなら12月の頭に。
仕事でも恋愛でも、心に決めたことはキチンと言葉にしましょう。手帳に書き留めたり、話したりすると実現性が高まるはず。

やぎ座(12月22日~1月19日生まれ)

1.恋は11月から本気を出して。
秋が深まると好きな人との接点が増えたり、男性から注目されたりするはず。自分磨きやデート服の用意をしておきましょう。

2.仲間を集めてチームワークを固める。
自分から集めなくても人が寄ってくるかもしれません。今の自分に必要なメンツを選んで信頼を深めておくと安心です。

3.お金の計画は年内に立てて。
中長期的なお金の計画は年内に立てておきましょう。投資や積立貯金、個人年金などの申し込みは早めに。

みずがめ座(1月20日~2月18日生まれ)

1.自分ファーストでやりつくす。
年末までは、上司への忖度や好きな人の色に染まるようなことは不要です。自分がしたいこと、自分の素直な想いを最優先にしてやり残しがないように。

2.仕事に新しい風を取り込む。
仕事は11月から新展開を求めましょう。現状に満足しないで「もっと先へ」「さらに高みへ」と貪欲に。

3.恋のゴールをキチンと設定して。
秋から冬はバタバタしやすくなりますが、恋愛は12月下旬までに決着をつけるつもりで。計画的に流れを作って無駄なく動きましょう。

うお座(2月19日~3月20日生まれ)

1.問題は先送りしないで解決を。
気になることがあるなら、遅くても12月半ばまでにスッキリさせましょう。年末からは運気の流れが大きく変わるので身軽に整えておいて。

2.仕事は遠慮しないで貪欲に。
秋冬は仕事に追い風が吹く時期です。やりたいことがあるならガツガツするくらいがちょうど良いでしょう。

3.恋は自力でクロージングに持っていく。
年内の恋愛運はボチボチ。運任せにしていると何もなく時間だけがすぎそうなので、自分からアクションを起こすことが大事です。

2021年10月の恋愛運を詳しく知りたい人はコチラ!

【2021年10月占い】「“いい運気”の追い風が吹く」のは誰?

沙木貴咲
占い師/ライター。西洋占星術・数秘術・タロットカードを使いながらも、スピリチュアルに依らない現実的な解釈が特徴的。占い歴は16年、メール鑑定歴は7年(2021年現在)。結婚・出産・離婚・独立を経て、豊富すぎる人生経験を活かしながら占いや恋愛の記事を執筆中。

この著者の記事一覧はコチラ

©CoffeeAndMilk/gettyimages
©Margaryta Basarab/gettyimages

※ 商品にかかわる価格表記はすべて税込みです。