生まれ年でわかる!【2021年下半期の運勢】激動の「今を生き抜く」アドバイス大公開

文・月風うさぎ — 2021.6.3
2021年も気づくと半年が経とうとしています。今年の下半期は上半期と同じく、波乱の様相。そこで今回は、占い師の月風うさぎさんに「生まれ年別の2021年下半期の運勢」と「激動の今を生き抜くアドバイス」を教えてもらいました。さっそくチェックしてみて。

子(ねずみ)年生まれ

下半期の子(ねずみ)年生まれは、他の干支に比べてかなり運に恵まれています。だからといって、それが当たり前と思わないで。

特に、オフィスでは苦境に立たされている人もいるはず。手柄話や人にほめられたエピソードなどは口にするのをやめましょう。

そうでないとあなたのことをよく思わない人が出てきたり、思いがけない場面で足を引っ張られるかも。派手な服やメイクもできるだけ避けたほうがよいでしょう。

丑(うし)年生まれ

今期は可能性の扉が開き、新しい世界へ飛び出すことになりそうな時期。ですが、自覚を持たないとチャンスを見逃す恐れも。

特に、夏は遊びや恋にかまけて仕事が手につかなくなる可能性もあります。今は大事な時期のためオンとオフの切り替えをしっかりと行い、ビジネス面でも飛躍を目指してください。

トラブルに巻き込まれたときは、直感の導きを信じると正解に辿りつけるはず。

寅(とら)年生まれ

予想もしない変動やトラブルが多く、ままならないことが増える2021年の下半期。勢い任せに動いても、突破口を開くことはできないでしょう。

どうでもいいことはサラリと流し、大事なことには時間をかけて取り組む。この割り切りが運命の荒波を乗り越えて、成功へと辿りつく裏技に。

仕事は組むメンバーによって明暗が分かれます。あえてライバルとタッグを組むとミラクルがあるかも。

卯(うさぎ)年生まれ

流動的な今期は特別悪いこともないけれど、かといってラッキーなこともさほど多くなさそう。ボンヤリと過ごしていると、瞬く間に年末になってしまうかも。

この激動の時代を生き抜きたいのなら、戦うためのスキルや武器を身につけるようにしてみて。正しい情報や知識を身につけることも大切です。

仕事はリメイクすることを意識しましょう。一度ボツになった企画やテーマの焼き直しをすることが今の時代にフィットしそう。

辰(たつ)年生まれ

仕事運と金運がリンクして高まっていく半年間。頑張れば頑張るほど成果と収入、どちらも増えていくでしょう。

ただ、それによって周囲の嫉妬心をかきたててしまうのは避けたいところ。あなたが悪いわけではないけれど、身近にあなたに敵意を抱く人がいると面倒なトラブルに巻き込まれる可能性も。

今期は目立たず静かに過ごすことを心がけたほうが、思わぬトラブルを避けることができるでしょう。

巳(へび)年生まれ

下半期は全体的に好調な予感。ムダ遣いに気をつければ、他にはあまり心配のない運気です。

仕事はスピードよりもクオリティを大切に。圧倒的な結果を出すことが周囲を納得させ、次の案件やサクセスチャンスの引き寄せにつながるでしょう。

体調管理も重要。免疫力をあげる食事を日課にして、ウイルスやトラブルに負けない体作りをしてみて。

午(うま)年生まれ

ストレスフルなムードが漂う半年になるかもしれません。ときには、イライラや不安が募ることもあるでしょう。

ただ、幸いなことに運気は年末に向けて回復傾向にあります。小さなことでクヨクヨせず、元気なマインドを保つことが激動の今を生き抜く極意。

心から笑えないときは、口角をあげる訓練をしてみて。そうすれば、自ずと気分が上向きになるはず。仕事は失敗から学ぶ姿勢が重要です。

未(ひつじ)年生まれ

今期の未(ひつじ)年生まれは、いつになく気弱でスランプやコンプレックスに悩みがちかも。しかも、そんなあなた自身のマイナスな考えが負のスパイラルを引き寄せる原因になるようです。

気持ちはわかるものの、できるだけ悩むのをやめてすぐに意識を切り替えましょう。気晴らしに動画や映画を観るのも効果的。

仕事は、できる上司に学ぶと目からウロコが落ちるかも。

申(さる)年生まれ

人生の拡大発展のタームに入っていく下半期。大事なのはリミッターを外すことです。

好奇心旺盛なわりに小心なところがある申(さる)年生まれ。いろいろやりたい、挑戦したいというわりに、いざとなるとアッサリ引き下がりがちかもしれません。

ただ、今期はどこまでも行けそうなほどの幸運期。怖がらずに制限を外せば、今まで見たことがない風景がきっと見られます。仕事も高望みしてOKです。

酉(とり)年生まれ

悪い運気ではないけれど、ややアンバランスな半年になりそう。仕事に比重がかかり、他のことが疎かになりやすいかもしれません。

とはいえ、今期は仕事を頑張ることが開運につながる時期。多少偏りは出てもいいので、できる範囲でバリバリ働きましょう。

そうすることで職場での信頼、高度なスキル、広い人脈など、激動の今を生き抜く武器も手に入るはず。転職や新しいことへのチャレンジは、8月と10月に行うと勝算が高め。

戌(いぬ)年生まれ

今期の戌(いぬ)年生まれを待ち受けているのは、波乱万丈の運勢。自分の意志やポリシーとは裏腹に、抗えない運命に流されがちかもしれません。

でも、心配しなくて大丈夫。なぜなら、今期の頑張りは血肉となり、あなたを逞しくしてくれますし、激動の時代を生き抜く武器になってくれるから。

そのために大事なのは、目の前の現実から逃げないこと。仕事でも苦労を買って出るほど手応えがありそう。

亥(いのしし)年生まれ

夜明け前が一番暗いもの。この下半期の運気は、あなたにそんなメッセージを送っていますよ。

特に秋まではやることなすことうまくいかず、すべて投げ出したい衝動に駆られるかも。でも、そんなときこそ起死回生のチャンス。

もうひと頑張りすれば、きっとひと皮むけるはず。仕事もハードな課題に挑んでこそ成長できるタイミング。向上心を燃やして頑張りましょう。

©Counter/gettyimages
©efenzi/gettyimages

※ 商品にかかわる価格表記はすべて税込みです。