【12星座別】結婚まで視野に入れたら「相性ピッタリ」なのは何座?

文・沙木貴咲 — 2021.5.12
結婚と恋愛は違うと言いますが、結婚まで視野に入れた場合、あなたに相性ピッタリなのは何座なのでしょうか? 今回は、婚活している人に向けて、安定した関係が長続きし、そのまま結婚に進みやすいパートナーを12星座別にご紹介します。

おひつじ座(3月21日~4月19日生まれ)

おひつじ座女性には、いて座男性がピッタリ。彼氏としてはもちろん、夫候補としても最適でしょう。

基本的に性質が似ていて行動パターンも共通するところが多く、お互いに干渉しすぎることがありません。おひつじ座もいて座も束縛を嫌うので、何も言わなくてもちょうど良い距離をはかれる組み合わせです。

つかず離れずの関係を保てる“いて座”とは、安定した関係が築けるでしょう。恋人としてのお付き合いがある程度続けば、自然と結婚の話が出るはずです。

おうし座(4月20日~5月20日生まれ)

結婚まで視野に入れると、やぎ座がパートナー候補としてベストでしょう。
どちらも一途で愛情表現が似ているため、一緒にいると安定した関係が築けますし、いったん結ばれればお付き合いは長く続くはず。

また、やぎ座は正義感があって愛する人を守りたいという気持ちが強いタイプ。頼りがいがあるパートナーになるでしょう。困難に直面しても並外れた忍耐力と努力で乗り越えるので、「この人といれば大丈夫」と思えるはずです。

ふたご座(5月21日~6月21日生まれ)

結婚まで考えると、みずがめ座が最後の彼氏になりそうです。似たところが多い相手ですが、ふたご座より“リーダーシップ”があるので頼りがいがあるでしょう。

独特な価値観を持つみずがめ座は、ピンチをチャンスに変えるほどの逆境の強さを持っています。
しかも、ふたご座とみずがめ座は人との距離感の取り方が似ていて、束縛も干渉もしません。お互いに「こんなに居心地の良い相手はいない」と結婚を決めることでしょう。

かに座(6月22日~7月22日生まれ)

おとめ座の彼氏は結婚までたどり着く可能性が高いお相手です。
情緒的な“かに座”に対して、おとめ座は理性的。そこまで似た者同士ではありませんが、お互いに違うものを持つからこそ、支え合う関係になるでしょう。

また、おとめ座は誠実で正義感が強く浮気には縁遠いタイプ。愛する人を裏切ることを考えもしませんし、結婚相手としては安心して一緒にいられるはずです。

夫婦間の信頼は揺るぎなく、良き夫、良き父親になってくれるでしょう。

しし座(7月23日~8月22日生まれ)

しし座が結婚まで視野に入れて付き合いたいのは、いて座です。コミュニケーションの仕方が似ていて、つねに本音を言い合えるパートナーになるでしょう。
恋人としての甘い会話はもちろん、仕事や人生についても真面目に語り合えるはず。いて座は、自分にはない視点を与えてくれる存在になります。

また、しし座はいて座のちょっとした言葉に癒されるでしょう。「すごい」「何でもできるんだね」と褒められるたび自尊心が満たされます。いったん付き合えば、離しがたいパートナーになるはずです。

おとめ座(8月23日~9月22日生まれ)

結婚まで視野に入れると、やぎ座がベストパートナーになるでしょう。どちらも現実的で常識を重んじるため、意見が食い違うことはそれほどありません。違う考えを持っていても、お互いの良いとこ取りをしてうまく折り合いをつけられるはずです。

しかも、やぎ座は一途で奥手。いったん覚悟が決まればめったに心移りしないでしょう。堅実に関係を深めて、自然な流れで結婚にたどり着きそうです。
真面目で頼りがいがある夫、教育熱心な良き父親になるはずです。

てんびん座(9月23日~10月23日生まれ)

てんびん座にとって結婚までたどり着く可能性が高い彼氏は、みずがめ座です。
基本性質は似ていますが考えるスケールが違うので、みずがめ座には恋心のほかに尊敬心を抱くでしょう。「好き」だけでなく、「人生を一緒に歩んでいきたい」と彼を頼るようになるはずです。

また、てんびん座もみずがめ座も一人の時間を大切にするタイプ。パートナーがいてもベタベタしすぎないので、ちょうど良い関係を保てるでしょう。結婚すれば、友だち夫婦になりそうです。

さそり座(10月24日~11月21日生まれ)

結婚まで視野に入れると、かに座が相性ピッタリでしょう。さそり座にとってはかゆいところに手が届く存在で、ほとんど不足なくお付き合いできるはずです。

さそり座は愛する人と深い絆を築きたいタイプで、かに座は結婚に憧れを抱くタイプ。お互いに密な関係を好むので、ずっと一緒にいることに深い安心を覚えるでしょう。

付き合い始めから半同棲状態になったり、同居を始めたりするかもしれません。

いて座(11月22日~12月21日生まれ)

いて座にとって結婚までたどり着くほどの相性を持つのは、しし座です。ストレートなコミュニケーションを好む者同士なので風通しの良い関係が築けるでしょう。
行動パターンや価値観は少し違いますが、お互いの違いは良い刺激になるはずです。

また、しし座はリーダーシップがあり安定感があるタイプ。いて座からすれば頼りがいがあるパートナーで、良き相談相手にもなりそうです。
それぞれが自由に振る舞いながらも大事なところは共有し合い、支え合う関係になるでしょう。

やぎ座(12月22日~1月19日生まれ)

結婚までたどり着く相性の良いお相手は、おうし座です。堅実で慎重派なやぎ座とは価値観が似ていて、そもそも軽い関係にはならないでしょう。お互いに「いいな」と思ったときから、少なからず結婚を意識するはずです。

そして、やぎ座もおうし座も家庭には安心を求めるタイプ。穏やかな家庭生活を実現するために協力し合えますし、意見がすれ違うこともあまりないでしょう。
恋人同士でお付き合いするときから、熟年夫婦のような落ち着いた関係を築くはずです。

みずがめ座(1月20日~2月18日生まれ)

結婚まで視野に入れると、てんびん座が相性ピッタリでしょう。友だちカップルとしてサッパリ付き合えますし、結婚して夫婦になってもその感覚は続くはず。
つかず離れずの距離を保てる相手なので、とにかく居心地が良いパートナーになります。

また、バランス感覚に優れたてんびん座は、すすんでフォロー役に回ってくれるでしょう。何かと頑張りすぎるみずがめ座を、敏感に察して支えようとします。臨機応変に動けるてんびん座は、いったん付き合うと離れがたく感じるはずです。

うお座(2月19日~3月20日生まれ)

結婚までたどり着く相性を持つのは、かに座です。どちらも情緒的で優しく、愛があふれる関係が築けるでしょう。身も心もすみずみまで満たされる感覚があるはずです。

うお座もかに座も感受性が豊かで、共通の趣味があればお付き合いがいっそう充実します。お互いの好きなものを語り合ったり、心地良い音楽を聴きながら身を寄せるなど、結婚しても恋人同士のムードが漂うかもしれません。

周囲からもおしどり夫婦と呼ばれるはずです。

©Moyo Studio/gettyimages
©PhotoAlto/Frederic Cirou/gettyimages

※ 商品にかかわる価格表記はすべて税込みです。