【2021年前半の運勢】12星座別「最強パワーアップ」する星座は?

文・沙木貴咲 — 2020.12.23
2021年前半【最強パワーアップ】するのは一体誰なのでしょうか? 大混乱の2020年を経てキャリアアップが叶うのはいったい何座なのか、12星座別にランキングしました。まずは2位から見ていきましょう。

2位:おうし座(4月20日~5月20日生まれ)

2021年は社会的立場を固めたり、周囲からの評価を高めたりする年です。

職場で責任あるポジションを確立する人もいれば、これまでの頑張りを大きく実らせる人もいるでしょう。価値観がガラッと変わって、今とは違う環境にアイデンティティを求める可能性もありそうです。

仕事運はおおむね良好。5月半ばから7月下旬は厳しい場面もあるでしょうが、パワーアップには必要な試練と考えてください。チームワーク運は良く、苦しくてもサポートが期待できるはずです。

ラッキーアイテム:アロマディフューザー

3位:ふたご座(5月21日~6月21日生まれ)

2021年のテーマは、まさに「ワンランク上を目指す」。最強の自分を作るための年と考えましょう。

いつかやろうと思いつつも先延ばしにしていた習い事、スペシャリストになるための資格・免許の取得には積極的に。尊敬する人にはただ憧れるだけでなく、直接コンタクトを取って接する機会を作ると“一流”が身に付きやすくなります。

仕事に追い風が吹くのは5月半ばから7月末まで。わかりやすいチャンスもあれば、判断が難しい転機もあるでしょう。自分軸がブレないことと、梅雨どきは慎重な判断をすることでワンランク上を狙えるはずです。

ラッキーアイテム:音声配信アプリ

4位:おとめ座(8月23日~9月22日生まれ)

2021年は自分の役目をしっかり果たすことでパワーアップできます。とことんのめり込めるものに出会い、クオリティを高めることに喜びを感じるでしょう。

ゴールまでの道のりは多少長くても「私は良くやった」と自分の頑張りを誇れる瞬間があるはずです。

春は仕事運がアップ。コツコツと積み重ねることが高い評価につながりそうです。

6月上旬はネクストステージに進むターニングポイント。それまでにひとつの役割を終えて新しい任務につくかもしれません。

ラッキーアイテム:2021年ダイアリー

5位:てんびん座(9月23日~10月23日生まれ)

2021年は好きな分野に集中することでパワーアップできる年です。誰かに言われてやるのではなく、自分が心の底から「やりたい」と思うことで道がひらけます。

のめり込むほど眠っていた才能が開花して充実した1年になるでしょう。とことん個性的に。

春からは仕事に勢いがつきます。ルーチンワークの幅を広げて得意分野を増やすと活躍の場も増えるはず。

好きなことで貪欲に勝負を挑むなら限界を超えていけるでしょう。

ラッキーアイテム:ベルト

6位:やぎ座(12月22日~1月19日生まれ)

2020年の経験と苦労を目に見える形で受け取る2021年になりそうです。

わかりやすい例でいえば、職場での昇給やポジションアップ。あるいは副業や独立という可能性もあります。やりたいことがある人は夢を実現しやすくなるはず。

気づけばいつの間にかサナギから蝶に生まれ変わっていた……そんな実感を得る1年になるでしょう。

仕事運は段階的に上がっていきます。3月にコツコツと準備を整えたことは春から初夏でルーチンに整えて。そうすれば下半期に入ってからしっかりと実績を上げられるでしょう。

ラッキーアイテム:ミニ財布

7位:うお座(2月19日~3月20日生まれ)

2021年はパワーアップのために準備をする年です。年内はそれほど大きな変化がなくても、将来の方向性が定まってやる気も湧いてくるはず。「なりたい私」になるための計画を立てて必要なスキルや人脈などを整理しておきましょう。

梅雨の頃から仕事運が上がり始めるので、それまではじっくり思案の時期。杞憂が多くなるかもしれませんが、この上半期の熟考は2022年の飛躍につながるので大切に。

ラッキーアイテム:ブルー系のペディキュア

8位:おひつじ座(3月21日~4月19日生まれ)

2021年は、2020年の挑戦や努力をみんなで詰めていくことになりそうです。孤軍奮闘が続いていた人も仲間ができて苦労が半減したり、物事の進展がスピードアップしたりするでしょう。

自分が活躍できる場が広がって確かな手応えをつかむはずです。

仕事については年初からガツガツしがちになりますが、あまりお金に執着しないように。みんなが公平に得をするwin-winの状態を目指しましょう。

わかりやすい追い風が吹くのは下半期に入ってから。上半期は仲間集めやルーチンワークの積み重ねを大切に。

ラッキーアイテム:帽子

9位:しし座(7月23日~8月22日生まれ)

2021年は誰と組むかでパワーアップ度が変わります。独立や起業、転職を検討している人は特にパートナーシップを重視して。尊敬するビジネスパーソンと直接コンタクトを取ったり、新しい出会いが期待できそうな場には積極的に足を運んだりするといいでしょう。

仕事運は年初から好調。今までの環境とは違う世界に導いてくれる人が現れるかもしれません。春から初夏にかけては、いつも厳しく接してくる年長者から意外なヒントをもらうはず。「ウザい」と毛嫌いしない方が良さそうです。

ラッキーアイテム:王冠モチーフのアクセサリー

10位:いて座(11月22日~12月21日生まれ)

2021年は学びの年です。そして学んだことを誰かに教えると注目度がアップ。たくさんの人と出会い、関わっていくことがパワーアップの重要な足がかりになるはずです。

自分にはない価値観に触れるとまだ開いていない人生の新章が始まるかもしれません。

仕事については1月・2月に苦手ポイントの洗い出しを。運気の後押しが期待できるのは下半期なので、それまでに苦手意識を克服しておくと動きやすくなります。

ラッキーアイテム:専門書

11位:かに座(6月22日~7月22日生まれ)

2021年はワンランク上を目指せるのですが「こうなりたい」と願った理想とは違う自分になるかもしれません。とはいえ、それはそれで魅力的でうれしい想定外になるはず。

柔軟に今いる場所や当たり前の価値観を飛び越えると、興味深い人生の扉を開くことになるでしょう。

仕事で積極的になりたいのは春。できるだけ多くの種まきをしておくと、忘れたころに花が咲いて意外な果実を手に入れそうです。

ラッキーアイテム:白いワンピース

残るはさそり座とみずがめ座……。2021年前半最もパワーアップするのはどっち!?

1位:みずがめ座(1月20日~2月18日生まれ)

今後12年の土台を作ることが、みずがめ座の2021年になります。

2020年は不安に駆られることも多かったでしょうが、新しい年はその名の通りスタートラインになります。そして、この2021年の経験と努力は長く人生を支えていくでしょう。

仕事運は、4月下旬から7月の終わりまでコツコツと積み上げることを大切に。5月中旬から初夏はモタつくかもしれませんが、下半期に入ると勝負期がスタートします。スケールの大きい挑戦をするなら準備はしっかりしておくと良さそうです。

ラッキーアイテム:新しいスマホ

12位:さそり座(10月24日~11月21日生まれ)

さそり座の2021年上半期のテーマは「家族と自分」。プライベートを重視したくなるので、キャリアアップや仕事にあまり興味が持てないかもしれません。

ただ、初心に帰って自分軸をしっかり固めるには良い時期になるでしょう。

そんなさそり座の仕事運は3月半ばからアップします。細かな業務も主体的に行うことで土台固めができるはず。新年度のスタートと共に新しい目標を掲げると良さそうです。

ラッキーアイテム:濃い色のリップ

©licsiren/gettyimages
©Maya23K/gettyimages

※ 商品にかかわる価格表記はすべて税込みです。