恋愛現役女子が知りたい情報を毎日更新!

おうし座は最高の1ヶ月に!【12星座別】5月の運勢ランキング

文・沙木貴咲 — 2020.5.1
GWは外出自粛の要請が続くので旅行やお出かけはできず、大きなイベントもないでしょうが、どうやら月の終盤は運気が変わりやすい模様。今回は、占い師の沙木貴咲さんに「5月の12星座運勢ランキング」をご紹介いただきました。まずは2位からチェック!

5月の12星座別「運勢ランキング」

2位:ふたご座(5月21日~6月21日生まれ)

GW中は不思議な縁を感じる出会いがあるかも。知り合って間もなく、トントン拍子に付き合うことになる人もいるはずです。

恋愛運は上々。人と直接会うことが難しくても、マッチングアプリやSNSでは注目を集めやすい月です。

好きな人がいるなら、情報を上手に集めてアプローチすると良さそう。片思いの人は月内に結論が出なくても焦らないで。

仕事は中旬から動きが出てきそうです。急に忙しくなるかもしれませんし、判断を任せられる場面があるかも。

ただ、今月は直感が冴えて周囲からのアドバイスも期待できるはず。動くなら大胆に先へ進めるでしょう。

3位:うお座(2月19日~3月20日生まれ)

GWが終わるころ、知りたかったことがわかったり、欲しかった情報が手に入ったりしそう。行きたい場所にやっと出かけられる人もいるはずです。

13日以降はやる気がグンと高まるでしょう。積極的に周囲とコミュニケーションを取ることで、いつもより居心地の良い状態を作れそうです。

恋愛は、会えない中でいかにたくさんの言葉を交わすかがカギ。LINEや電話、オンラインデートなど使えるツールは何でも使ってみるといいでしょう。

月末からは、直接会える機会がきっと増えるはず。そこを目指して自分磨きをするのも良いかもしれません。

仕事については、前半は現実思考で売上や数字を貪欲に追いかけて。後半は上司や同僚、取引先と密にやり取りをすると良さそうです。

4位:みずがめ座(1月20日~2月18日生まれ)

上旬は恋にも仕事にもやる気が出る時期です。自粛ムードはあっても、大胆に動けるようになった時のために準備しておくといいでしょう。

みずがめ座の魅力は独創的で常識の枠にとらわれないところ。外出できず緊密なコミュニケーションが取れないからといって簡単に諦めないで。思いついたことはどんどん提案して行動に移すと良さそうです。

恋愛運は上々。フリーの人は自分に必要な情報を集めて貪欲に動きましょう。

好きな人がいる人は、独りよがりにならないことが大事。LINEやテレビ電話の頻度は、彼の気持ちを汲んで調整しましょう。

5位:やぎ座(12月22日~1月19日生まれ)

先月末から恋の状況が変わっている人、心機一転して動き出している人は、賢い判断が下せそうです。

外出できず直接会えないとしても、マッチングアプリに出会いはあるし、好きな人とオンラインデートもできるはず。工夫できるかどうかがカギになるでしょう。

気楽に会えない日々が続くからか、人間関係はシビアに整理されていくようです。親切だと思っていた人の本性を見るなど、今までの人間関係を覆すような出来事に見舞われるはず。自分にとって本当に大切な人が誰か見極められるでしょう。

中旬以降は、新しい習慣やルーチンワークを整えたい時期。家族や職場に合わせるのではなく、自分でルールを決めて周囲に提案していくと良さそうです。

6位:いて座(11月22日~12月21日生まれ)

GW中に出会う人や新しく参加するコミュニティは、居心地が良さそう。でも、その人たちと親しむほど、自分に甘くなり怠けてしまうかもしれません。ダラダラしすぎるようであれば、ほどほどの距離で付き合うのがいいでしょう。

好きな人がいるなら、相手の気持ちや状況を正しく汲むことが大事。会えないとコミュニケーションがLINEや電話頼りになりますが、一方的な愛の押しつけはしないように。気遣いと言葉のキャッチボールを心がけましょう。

下旬は、恋も仕事も自分磨きが成功のカギに。イメチェンや方向転換を考えるにも良い時期です。ただ、焦って月内に結果を求める必要はありません。自分のキャラやスタンスを固めるなら、来月の頭までゆるゆると考えるのが良さそうです。

7位:さそり座(10月24日~11月21日生まれ)

イメチェンをするならGW内で。ガラッと印象が変わると、男性たちのあなたを見る目が変わるはずです。フリーの人はアプリやSNSでの恋活がスムーズに進むでしょう。

好きな人がいるなら、LINEや電話でできるだけ多くの言葉を交わして。中旬以降はやる気も高まって、自分から仲良くなるきっかけが作れそうです。

仕事は、上司や同僚とぶつかる可能性が。周囲の声を受け入れられず、「私はこうしたいのに」と反発するかもしれません。衝突したときは、相手が自分に何を求めているのか、何が売上や成果につながるのかを考えるといいでしょう。

8位:てんびん座(9月23日~10月23日生まれ)

仕事が休業状態になっていたり、すでに減給が言い渡されていたりする人はGW明けをめどに対策を立てて。「どうしよう」と右往左往するだけでは不安が募るだけ。副業やフリマアプリへの出品を検討したり、転職先を探したりするといいでしょう。

恋愛運は、中旬まではガツガツしているくらいがちょうど良いかも。

片思いでも、今の時期は声をかけやすいはず。単に接点を作るだけでなく、彼の体調を気遣うアピールができるので、遠慮しないで連絡してみましょう。フリーの人は、マッチングアプリやSNSで普段は出会えないタイプと出会えそうです。

月の後半は仕事が忙しくなるかもしれません。状況が変化しやすく、情報も錯綜しがちになるので、冷静な判断と行動を心がけて。

9位:かに座(6月22日~7月22日生まれ)

GWの終盤は恋の勝負時。外出が難しく直接会えないとしても、「彼との関係に決着をつけたい」「出会いたい」と望むならアクションを起こすと良さそうです。

交際中の人は、淡々としたやり取りを続けることで絆が深まります。彼氏に求めすぎないことが良い状態を維持するカギになるでしょう。

自粛ムードが高まってからグループLINEやSNSでのコミュニティを作った人は、人間関係が普段以上に活発になり、情報のやり取りもスムーズになっているはず。引きこもり生活に退屈している人は、スマホを開いて仲間入りできる場所を探すといいかも。

仕事は、目標や目的を見失ってしまうかもしれません。以前とは働く環境がガラッと変わっていたり、休業状態になっていたりするなら、ネガティブ感情にとらわれないことが大事。「今の自分にできること」を見つけて行動してみましょう。

10位:おとめ座(8月23日~9月22日生まれ)

中旬までは恋愛運が順調。運気は決して悪くないのですが、広い視野で考えないと運気の良さが実感できないかも。ボーッと過ごすと何もなく時間だけが過ぎるので気をつけて。

出会いのチャンスは少し遠いところにあるようです。王道から外れると、そのきっかけを掴めるかも。頭を柔らかくして臨機応変に動くと良さそうです。

交際中の人は、半ばすぎからケンカに気をつけて。会えずにストレスが溜まるとしても、一方的なワガママは言わないようにしましょう。

13日以降は、「恋か仕事か?」というジレンマを感じやすくなるはず。恋愛に専念したくても、思いどおりにいかない部分が出てきそう。優先順位を正しく判断することが大切です。

11位:しし座(7月23日~8月22日生まれ)

引きこもり生活に少しウンザリしていたり、一人暮らしで心細くなっていたりするなら、GWの終盤で気持ちの落としどころが見つかりそうです。

仕事は中旬までバタバタしやすく、なりゆき任せにすると振り回される可能性が。意見はちゃんと言った方がいいですし、「自分の担当はここからここまで」と決めない方がいいかもしれません。気になったことは他人の担当でも自分の目で確かめるようにしましょう。

好きな人がいるなら、13日までに積極的なアプローチを。片思いの人は待ちに徹するより自分から動いた方が良さそう。フリーの人もGW中はマッチングアプリやSNSで出会いを探して。

中旬以降は運気が安定化。「月の前半にきっかけ作りをして、後半でクロージングする」と考えておくといいかもしれません。

最後にランキング1位と12位をチェック! 5月の運勢がもっとも良いのは、おひつじ座? それとも、おうし座?

1位:おうし座(4月20日~5月20日生まれ)

今月は未来を見つめて賢くアクションを起こし続けたい月です。先月から新しい試みをスタートさせているなら、迷わず進んでいきましょう。

今までの日常にはないコミュニケーション方法にハッとさせられたり、自分の意見が普段は届かない場所の人に届いたりするかもしれません。

仕事運は、上旬にアクティブな波がやってくるので積極的に。半ばすぎからは地に足をつけて。現実的な思考と堅実な行動が功を奏するはずです。

恋愛はGW明けに一つの答えが出そう。ずっと頑張ってきた人は報われる場面があるでしょうし、交際中の人は次のステージに進めるかもしれません。

12位:おひつじ座(3月21日~4月19日生まれ)

今月のあなたは、決して運気が悪いわけではないですが、なにぶん動きが少ない月になりそうです。

恋愛は、自分からきっかけを作らないと時間だけが過ぎてしまうはず。好きな人がいるなら、マメなLINEのやり取りやオンラインデートで接点を持つようにしましょう。

フリーの人は、今までの方法にこだわらず柔軟に出会いを求めて。アプリやSNSでの恋活にピンと来なければ、自粛ムードがゆるむまで恋をお休みするのもアリです。

仕事は、自分の業務がお金とどうつながるのかを考えて動きましょう。過去の成功に執着しないで、必要に応じてゼロからやり直すのもアリと考えて。

©bernardbodo/gettyimages
©Laetizia Haessig/gettyimages