6月の“奇跡の日”は? 鏡リュウジが教える12星座のアクションとは

2020.6.16
星と星が結びついて、ある特定のアスペクト(角度)を形成するとき、占星術ではそこにある種のエネルギーを見出します。星たちが持つとされるエネルギーがブレンドされ、奇跡を起こす日を鏡リュウジさんがピックアップ。大切な決断などに役立てて!

星たちと時間が織り成す運命のパワーを手に入れる。

星を読む際に欠かせないのは天空の惑星たちを記号に置き換え、円い図に描き出す「ホロスコープ」。この図の上を惑星たちはそれぞれのサイクルで巡り、占星術のルールの中で結びつきます。その様子はまるで、長針と短針が文字盤を指して時刻を告げる時計のよう。占星術家はみな、このホロスコープという名の星時計を使って、その日や時が持つ意味を読み取っているのです。今回は太陽系を巡る惑星たちの結びつきから18日それぞれの“プラネットパワー”を探っていきます。例えば、愛の力を持つ金星がほかの惑星と特定の角度を作っている日であれば、どうやって愛の力を使えば素晴らしい恋ができるか、その使い方がわかるというわけです。世界中を揺るがしたコロナ禍で多くの人が“ステイホーム”を余儀なくされた2020年前半。占星術上でも年末に珍しい星の動きがあるため、今年は大きな変化の年になるといわれていました。が、同じ出来事であってもその影響は人の数だけ表れ方が違うもの。この“奇跡の18日”があなたを幸せな運命に導くきっかけになるよう行動のヒントにしてください。

惑星のもたらす影響

ホロスコープの中で主役となるのが惑星たちです。占星術では、太陽や月、準惑星の冥王星も「惑星」として扱います。これら10の天体は人間の中に眠る“欲望”や“モチベーション”などを表し、ホロスコープ上での配置や結びつく惑星と惑星との関係性によって、その日がどんな意味を持っているのかが変わってくるのです。まずは、10の惑星たちが持つ意味を知り、秘めたパワーを確かめてみましょう。

太陽…自我。自分らしく生きるためのバイタリティ、存在しようとする欲求を表し、基本的な性格を判断する際の鍵に。人生を歩んでいくときに、道を切り拓くための原動力。

月…反応と感情を表す。何かに支えられているという感覚への欲求。月が不安定な位置にあれば感情が揺れ動きやすく、安定していれば穏やかに。2~3日で1星座を移動。

水星…知的能力や言語を司る。好奇心の向かう先。知性や言葉を通じて、自己を表現したい欲求を表す。世の中の流行がどう動くか、人々の関心や興味についても読み取れる。

金星…愛と調和を司る惑星。内なるイメージや愛されたいという欲求も。そのときどきの恋愛運はもちろん恋愛スタイルや魅力なども表す。趣味やお金の使い方も読み取れる。

火星…行動への意志、勝利への欲求、活力を表すエネルギッシュな星。太陽の意思を実行に移す起爆剤の役割を果たす。性的魅力やセックス運も、火星から読み取れる。

木星…拡大と保護を表す。物事を拡大発展させるという意味を持つ惑星。幸運の星といわれる。約1年で1つの星座を移動するため、年間の運勢を読むときに主としてみる星。

土星…努力と責任を表し乗り越えるべき試練を司る。自分を秩序あるものにとどめたい欲求や権力への願望も。時間をかけてコンプレックスを克服していくことを求める惑星。

天王星…個人主義的な自由。革新力。他人と異なる存在になりたいという欲求。12星座を84年かけて一巡し、個人的な性質にはほとんど関わってこない。「世代」の特徴をみる。

海王星…陶酔。夢や幻想。自我から自由になりたい、解放されたい欲求。他者との境界線を曖昧にする惑星。一つの星座に約14年間滞在するため「時代」を特徴づける星。

冥王星…変容や消滅を意味する。まったく新たな存在になりたいという欲求。個人では制御できない宿命や「破壊と再生」を司り、長期的にみると根底からの変化が表れる。

ホロスコープの見方

(2020年6月30日のホロスコープ)

kagami

ホロスコープは12の星座で区切られており、惑星と星座の意味を組み合わせて読み解きます。例えば上図では、「幸運の星と呼ばれる木星が、破壊と再生を表す冥王星と接近する日」であり、長い目でみるとこの日の出来事が抜本的な変化につながって幸運を招くと読み取れます。今回は10惑星の中から主に2つの惑星に注目します。

さて、そんな奇跡を起こす18日のなかで、6月最初に訪れるその日は…21日。そこでここでは6月21日に取るべきアクションについてご紹介します!

6月21日のキーワードは… 磐石

足元にあるものは何か。その確かさに安堵する。

2204 kagami2

星の関係とメッセージ…太陽の力がもっとも強まる夏至。この日は蟹座で太陽と月が重なる新月。しかも力がより強まるといわれる日食です。アジア南部では金還日食が見られます。日本では夕方、部分日食の全過程が見られそう。蟹座の新月が意味するのは、身近な人との新たな始まり。家族との縁を見つめ直して。自分が求める新たな家族像も見えてきそう。

牡羊座
公私それぞれのシーンで、親しい人との関係が変化しそうな日です。また、何があってもゆるがせにできないものを見つけ、新しい一歩を踏み出す場合もあるでしょう。

牡牛座
「知る」ことの重要性を認識する日。今まで気にしてこなかったジャンルについても学び直しをしてみては。知識、教養が身につき、世界が大きく広がるはずです。

双子座
価値観について見直しをはかるといい日です。金銭や住居に関する発想の転換は、停滞していた物事に風穴をあけてくれるでしょう。ちょっと高額な買い物も後悔なくできそう。

蟹座
あなた自身に変化がありそう。機動力が増し、思いつきでもうまくやれてしまうはず。用心深い蟹座ですが、2020年後半に向けてのスタートダッシュはここで決めて。

獅子座
なんだか割り切れない、モヤモヤすることの中にあなたが大切にしたいものが眠っています。SNSの意見などを読んで腑に落ちないと思うなら、その理由を掘り下げてみると発見が。

乙女座
人間関係に感謝する出来事があるかも。身近すぎてありがたみを忘れていた相手の大切さを実感できる日。改めて感謝の気持ちを伝えると、さらに絆が強まりそうです。

天秤座
自分の仕事にかける熱い思いに気がつきそうです。こんなにも大事に思っていたのかと、我ながら驚いてしまうかも。天職を見つけられる暗示も。

蠍座
チャンスが巡ってきます。慣れた場所にいたい気持ちも強まりそうですが、これはと思うことには大胆な決断も必要。目をつぶってでも、思いきって飛び込む勇気を。

射手座
全身全霊で何かと向き合うことになるかもしれません。誰かから大切なものを受け取る場合も。逃げ出さずにしっかりと引き受けることで成長できるはずです。

山羊座
家族との関係に変化が訪れます。相手の思いを酌んで動ける山羊座だからこそ、遠慮する場面が多かったのでは。ここからは対等な関係を育める可能性が。

水瓶座
ずっと見ないふりをしてきた健康問題は、ここでしっかりと対策を練ってください。病院へ行く、休養を取るなど具体的に。不調に慣れてしまうのは禁物。健康を取り戻しましょう。

魚座
華やかな運気。何かで表彰されるなど、強いスポットライトが当たります。自分自身を大胆に表現していくなら、この日が転機になる可能性大。

監修…鏡リュウジさん 心理占星術研究家、翻訳家。占星術の心理学的アプローチを日本に紹介。占星術入門やタロットリーディングなど各種講座も開催している。詳細は公式HP(https://ryuji.tv/)にて案内。

※『anan』2020年6月17日号より。イラスト・榎本マリコ 取材、文・浅島尚美(説話社)

(by anan編集部)

※ 商品にかかわる価格表記はすべて税込みです。