【文科系合コン?】本格「映画作り体験」ができるワークショップを発見!

2014.12.17 — Page 2/2

衣装合わせ

衣裳部屋。
衣裳部屋。

洋服をはじめ、カツラや傘、バックなどの小道具があります。トリッキーな衣装もあるので、どんなシチュエーションにも対応できそう。

いよいよ舞台で撮影開始!

衣装を決めたら、舞台セット展示ブースへ。ここにはキャンプ場やカフェ、リビング、寝室、キッチン、路地裏など、さまざまなシーンのセットが全部で12パターン展開されており、脚本に合わせた場所で撮影できます。

本物さながらのキャンプ場のセット。
本物さながらのキャンプ場のセット。
 
カフェテラスと車のセット。
カフェテラスと車のセット。
 
リビングルームのセット。
リビングルームのセット。
 
新幹線のセットで撮影している様子。
新幹線のセットで撮影している様子。

撮影は小型のカメラで行います。

そして、なんと編集ナシの一発撮り! セリフを噛んでも間違えても、それもまた一興ということで、どんどん撮り進めていきます。

撮影中とは言えど、ここは舞台セット展示ブースなので、同展を見に来た一般の人たちの姿も…。多くの見物客に見守られながら演じるので、心地よい緊張感を味わえます。

参加者の中には、こんなに小さな子どもの姿が。老若男女が参加するので、役の幅が広がります。

新幹線の車窓に映る景色は、朝や昼、川や街など、何パターンか用意されています。芸が細かい…!

これだけ本格的なセットが用意されていると、役者も入り込みやすいようです。皆さん迫真の演技を披露していました。

感想を聞いてみた

「友人に誘われて参加してみたのですが、こんなにしっかりとした撮影だとは思いませんでした。初めは初対面の人たちとうまく連携が取れるのか不安でしたが、それは杞憂だったようです。協力し合い、笑い合いながら、皆で1つのものを作り上げていくうちに、自然と世代を超えて交流を深められました」(参加者Sさん)

「大人になってからこのような体験をする機会は滅多にないので、なんだか学生に戻ったような気分でしたね。一生の思い出が作れたと思います」(参加者Aさん)

 

最後は完成した映画の試写会

試写会の様子。
試写会の様子。

どんなに巻きで作業して撮影時間を増やしても、ほとんど5分程度の映画になるとのこと。そのたった5分の映画を作るのに、多くの人たちの協力と3時間の労力が必要なのです。自分の姿が映ると気恥ずかしさがこみ上げてきましたが、それもまたいい思い出…。

上映後は、参加者の代表1人がDVDとして受け取ることができます。受け取った人は、焼きまわすなり、youtubeに限定公開したりして、参加者全員に動画を共有。

またとない思い出づくりのチャンスなので、皆さんもぜひ参加してみてくださいね。ひとつの目標に向かってみんなで取り組むので、恋が生まれちゃう? 文科系合コンとしても楽しめるかもしれません←あなた次第です♡

 

INFORMATION

■ワークショップ型体験展示「ホームムービー・ファクトリー」
(東京都現代美術館「ミシェル・ゴンドリーの世界一周」展内)

開催期間:2015年1月4日まで
料金:無料(※ホームムービー・ファクトリーのみ)
開催日:毎水曜日、土曜日、日曜日、祝日 
※各日3回制(午前、昼、午後の部)
午前の部/10:30-13:30 ※12/19(金)、12/26(金)午前の部に臨時開催アリ。
昼の部/12:15-15:15
午後の部/14:00-17:00

※別途上映時間アリ。
※整理券は開始時間の30分前から企画展示室1F(エスカレーター横の受付)にて配布。
※整理券は1人につき2枚まで。

■「ミシェル・ゴンドリーの世界一周」展
観覧料:一般1,000(800)円、大学生・専門学校生/65歳以上 800(640)円、中高生600(480)円、小学生以下無料

※( )内は20名様以上の団体料金 ※小学生以下のお客様は保護者の同伴が必要。
※身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・被爆者健康手帳をお持ちの方と、その付添いの方(2名まで)は無料
※本展のチケットで「MOTコレクション」も観覧可能。


【関連記事】

【【初詣に!】願いを叶える“1000体の招き猫”の絶景が広がる「豪徳寺」。
【新感覚!】ホテルのBarで巻き起こる体験型恋愛ストーリーイベント。
【意外!】○○しているカップルは上手くいかないことが判明!