恋愛世代のリアルを発信。

長続きカップルの秘訣…♡女性たちに聞いた「彼氏との約束」

文・harako — 2018.9.14
育った環境が全く異なる2人が、付き合うのに多少のズレはつきもの。そこでお互いが歩み寄るための、カップル間の特別ルールについて聞いてみました。

【アンアン総研リサーチ】vol. 221

××の時に、役立つ独占ルールとは?

「付き合ってからできた、2人だけのルールはありますか?」という質問に、40%の女性が「はい」と回答(筆者が予想していたよりも、やや少なめの数字でした)。

具体的にどんなルールがあるのか?そして、そのルールがいつ役に立つのか?を掘り下げてみると……、

「ケンカしたら、最後はせーので “ごめんね” と言う」(35歳・事務職)
「朝出かけるときの、行ってらっしゃいのチュー」(30歳・自営業)
「過ぎた過去の話を持ち出さない。ケンカをするときは冷静に話す」(27歳・経営者)
「言いたいことは言う」(28歳・その他)

ケンカやすれ違いを防止するためのルールが多くみられました。束縛や拘束などのルールではなく、お互い時間をより素敵に過ごすためのルールということで、心温まるものばかり。

また、ラブラブ期をこえた後も、「おやすみ前にはLINEする」「見送る際にはチューをする」など、二人の距離を縮めるルールがあると、相手への感謝の気持ちを忘れずに過ごすことができそうです。

正直に伝えた気持ちがきっかけ

そして、「なぜそのルールができたのですか?」という質問では、思いがけない乙女回答が続出。

「一緒に住み始めてから、なんとなく習慣ができた」(30歳・自営業)
「寂しがりやだから、付き合う前に伝えた」(31歳・営業職)
「会うたびに、くだらないことでケンカすることが増えたから」(35歳・事務職)
「連絡不精の彼だったので、寂しいと伝えました」(28歳・デザイン,クリエイティブ)

女心から生まれたものが多い印象です。ここから垣間見えるのは、素直に気持ちを伝える大切さではないでしょうか。

二人だけの秘密には、こんなメリットが♡

カップル間のルールに対して、実際のところ嬉しいと感じている女性は32%。少数派ながら、愛を感じている女性は少なくないようです。

「お互いを把握できていいです」(30歳・自由業)
「ケンカしても、仲直りしやすくなりました」(27歳・経営者)
「愛を感じる」(29歳・その他)
「守るか守らないかで、結婚生活のシミュレーションになる」(31歳・営業職)
「毎日が大切になる」(30歳・その他)

ルールをちゃんと守ることができるか?などを見て、結婚後をシミュレーションにしているという女性も。

一緒にいることを当たり前だと思わず、幸せを噛み締めながらお付き合いしている様子になんとも胸キュンです♡お互いのことを深く知っているからこその、特別ルールを作ることでさらに愛が深まるのかもしれません。

※ 2017年2月12日作成

#恋愛 記事、
#エッチな記事 もチェック……!?

妊婦の不安を解決するアレ知ってる? – PR

(C) Stock-Asso / shutterstock