デート前日にカットしたら…! 女性約200人に聞いた「ショート、ボブヘア失敗談」3選

文・オリ子 — 2021.6.26
気分転換に髪型を大胆に変えたことがある人ってけっこういるのではないでしょうか。しかし、ポジティブにイメージチェンジを試みたものの、大失敗したケースも。今回は、20~30代の女性が集まるanan総研メンバー約200人に、ショートヘアやボブヘアにした時の悲惨なエピソードを聞いてみました!

伸びるまでひたすら待つ…ヘアカット失敗談とは?

ヘアスタイル 髪型 ショート ボブ 失敗

【アンアン総研リサーチ】

一大決心して、大幅な髪型チェンジをしたのに失敗したら、かなりショックですよね! とくに、ショートやボブはなかなかごまかしがきかないから悲惨な事態に…。今回は、20代~30代の女性が集まるanan総研メンバー約200人に聞いた、ヘアカットの失敗エピソードをご紹介します。

かわいいモデル風を頼んだら…

「『佐々木希ちゃんにしてください♡』と伝えたはずなのに、ガッツリ後ろを刈り上げられて全然違うヘアスタイルに。悲しくなって、ちょっと泣きました」(33歳・公務員)

仕上がりが想定のスタイルと違いすぎるだけでショックなのに、まさかの刈り上げとは! ごまかせる状態でもなさそうですし、しばらくは地味にブルーになっちゃいそう。それにしても、なぜそうなったのか、担当のスタイリストさんに聞いてみたい事件ですよね。

モード系をイメージしてたら…

「切りっぱなしにしてモード系になろうとしたら、顔が童顔だからか、わかめちゃんっぽくなった」(31歳・会社員)

雑誌などでみる、モード系の切りっぱなし風ボブ。似合えばとってもオシャレですが、似合わない場合は、下手すると「ギャグ?」と思われかねない、リスキーなスタイルなのかも。チャレンジ前に、自分の顔に本当に合うか、よーくチェックしたほうがよさそうですね。

デート前日にカットしたら…

「学生のとき、好きな人に会いにいく前の日に髪の毛を切ってもらったら、めちゃくちゃ短くされて男の子みたいになってしまって、すっごくへこみました。『もう二度と短くしない!』と当時誓いました」(27歳・その他)

大事なデートのタイミングで、思い切ったイメチェンはリスクが高そう。気合いの裏返しかもしれませんが、万が一に備え、やめておいたほうが無難なのかも。それよりも、数週間前から自分に合うヘアアレンジを相談しにいくなど、当日のスタイル準備のために長期戦略を練ってはいかがでしょう。

ショート、ボブスタイルが似合う人はかっこいいけれど…

ヘアスタイル 髪型 ショート ボブ 失敗

ロングヘアだとアレンジもしやすかったり、面倒なら束ねてごまかせたりと、比較的誰でもそれなり見えるのかもしれませんが、ショートやボブとなると、顔の骨格や作りで失敗してしまうことも。カット前にスタイリストさんに、客観的なアドバイスをもらうのも良いのかもしれません。


©okskukuruza/Gettyimages
©Antonio Saba/Gettyimages

※ 商品にかかわる価格表記はすべて税込みです。