月20人と会っても…女性約200人調査「出会い系アプリで失敗しやすい人の特徴」3選

文・オリ子 — 2021.5.6
プロフィールの登録や写真の選定、相手とのやり取りなど、それなりに手間もかかる出会い系アプリ。しかし、どんなに時間をかけても良い出会いに巡り会えない人もいるようです。今回は、20~30代のanan総研メンバー約200人に、出会い系アプリで失敗しやすいタイプについて聞いてみました!

出会い系アプリで失敗しやすい人の特徴とは?

出会い系アプリ 失敗 向いていない 特徴 タイプ

20~30代女性の集まるanan総研メンバー約200人に「出会い系アプリで失敗しやすい人」についてリサーチしました。これらを参考にして、アプリを上手に活用してみてくださいね。

ひとつひとつの出会いを大事にできない

「プロフィールを練りに練って(嘘は無しで)しっかり作り上げ、アプリ利用者の中で2番目に多い数のメッセージをもらっていた達人といえる友人がいます。月に20名ほどと会い、いろいろな方を吟味していましたが、結局恋人ができず…。1回の出会いを大切にできないとだめなんだな…とあらためて感じました」(31歳・会社員)

出会い系アプリをフル活用してどんなに多くの人と会っても、結局相手とじっくり向き合う努力をしないと、恋愛には発展しないようです。それにしても、こんなツワモノがいるとは! 出会い系アプリは、使い方次第ですがやはりとても効率のよい現代のお見合いツールであることには間違いなさそうです。

条件より、最初からとことん性格重視

「条件で結婚したい人には手っ取り早いが、性格重視の人には向かない気がする」(31歳・会社員)

アプリで最初に相手に興味を持つポイントは、どうしても相手の見た目や条件、趣味などがメインになってしまうもの。何よりも「性格が大事!」という思いが強い人がアプリを使っても、確かに進展は難しいのかもしれません。

そもそも、出会い系アプリに向いていない

「アプリをやってはいるけれど、プロフィールを信じられないし、写真だけで勝手に人のイメージを決めつけてしまうのも納得できない。実際にメッセージのやりとりはしても、怖くて会えず、実らないことばかり」(31歳・会社員)

どんなに自分のプロフィールやメッセージのやり取りを頑張っても、面識のない相手への不安が大きすぎると、恋愛に発展しづらそうですよね。疑ってしまう慎重タイプは、アプリに頼らず、身近な人で恋愛対象がいないか、今一度チェックしたほうが効率が良いかも。

一度、婚活、恋活をやめてみるのも手

出会い系アプリ 失敗 向いていない 特徴 タイプ

今回ご紹介した、出会い系アプリに向いていない人の特徴は、なかなか変えるのが難しいですよね。アラサー世代は急いで良縁を求めてしまいがちですが、一度「しばらくひとりでもいっか〜」と肩の力を抜くと、意外に身近なところから良縁が現れたりするのかも。焦りは禁物です!


©AntonioGuillem/Gettyimages
©Westend61/Gettyimages

※ 商品にかかわる価格表記はすべて税込みです。