恋愛世代のリアルを発信。

恋愛に臆病?…女性約200人に聞いた「アラサーの恋愛観」

文・harako — 2020.5.7
フットワーク軽く出会いの場に行けてデートも積極的だった10代〜20代前半の恋愛に比べて、アラサー女性はどのように恋愛観が変化しているのでしょうか? 20~30代の女性が集まるanan総研メンバー約200人に恋愛観を聞いてみました!

【アンアン総研リサーチ】

ゆらぐ恋愛観を持つ世代

最近の恋愛傾向について聞いてみたところ……。

Q. アラサーになってから、恋愛に慎重になりましたか?

・はい 52%
・いいえ 15% 
・どちらとも言えない 33% 

Q. 自分から積極的に恋愛をしていますか?

・はい 33%
・いいえ 37% 
・誘われれば応じる 30%

「恋愛に慎重になった」52%、「積極的に恋愛をしていない」37%と、恋愛に対してやや後ろ向きな数字が出ました。受け身になっているのか、不安要素があるのか……。複雑なアラサー世代の心境を探ってみましょう。

慎重になっている理由3つ

気持ちより先に、頭でいろいろ考えてしまう……!

1. 結婚を意識する

「昔は理想重視だったけれど、今はこの人と一緒に暮らせるかどうかが判断基準になった」(31歳・会社員)
「結婚を考えられない相手とは付き合わない、デート中にこの人と結婚したらどんな生活になりそうか予想する」(29歳・会社員)
「子どもが欲しいので、結婚相手のみと付き合いたい!」(29歳・自営業)

2. 恋愛感情が沸かない

「恋愛すること自体、興味がなくなっている自分もいる」(31歳・会社員)
「なかなか人を好きになれなくなった」(34歳・専門職)
「好きという感情が湧いてこない」(28歳・派遣社員)

3. 好きよりスペックを重視

「自分よりも稼いでいそうな相手じゃないと、好きになれない」(27歳・会社員)
「スペックが低いと付き合おうと思えない」(28歳・会社員)
「昔は数撃ちゃ当たるスタイルでいろいろな人とデートしてたけれど、今は身分がはっきりしない人とのお付き合いを控えるようになった」(31歳・公務員)

※その他のコメントには、「トラブルが怖いので好き勝手できない」(30歳・自営業)などもありました。

純粋に「好きな人と一緒にいる」という気持ちだけでは、将来が不安になってしまうのが共通の悩みのようです。また、恋愛離れが起きはじめるのも、アラサーが分岐点なのかもしれません。

人間関係の固定が原因か…?

恋愛離れの原因を探ってみたところ……。

Q. 現在、恋愛のイメージはどれですか?

第1位 楽しいし面白い 34%
第2位 面倒くさい 31%
第3位 プレッシャーや義務感 10%
第4位 傷つくのが怖い 7%

※その他(18%) その他のコメントには、「なかなか発展しない」(28歳・会社員)、「なくてはならないもの」(29歳・公務員)などがありました。

Q. 失恋や別れの立ち直りが遅いと感じますか?

・はい 17%
・いいえ 47%
・どちらとも言えない 36%

イメージ第2位は、第1位とわずか3%の差で「面倒くさい」と出ました。おそらく、アラサー世代になると人間関係(職場や友人)がいつものコミュニティでおさまっているので、新しい人間関係づくりが面倒に感じてしまうのでしょう。また、「プレッシャーや義務感」は10%と、“婚活”というワードが死語に変化しているのがわかります。

そして、失恋や別れがあったとしても、立ち直りが遅いと感じる女性は17%でした。これらから、恋愛がすべてとは思わない考え方が浮かび上がってきます。恋愛したい人もいれば、しなくてもいい人もいる。自由に、自分の好きなことを追求して生きていきたい。これが現代のアラサー女性の姿なのかもしれません。


©fotostorm/Gettyimages
©courtneyk/Gettyimages
©Mixmike/Gettyimages