恋愛世代のリアルを発信。

こんなママ友はムリ!…距離を置きたい「ママ友のドン引き行動」

文・オリ子 — 2020.4.23
子どものためにも大事にしたいママ友付き合い。しかし、友達と違って本当に気が合った相手とばかり付き合うわけでもないので、不満や価値観のズレを強く感じてしまうことも。今回は、アンアン総研に所属する、お子さんがいる20~30代の女性のみなさんに、ママ友の厄介な行動を聞いてみました!

【アンアン総研リサーチ】

ママ友のドン引き行動って?

正直、ママ友に引いてしまったことありますか?

はい:48%
いいえ:52%

なんと、全体の約半数がママ友の行動にドン引きしたことがあるという結果に。具体的に聞いてみました!

どんなママ友の行動がドン引きされちゃうの!?

まるで子ども!? 仲間はずれにする!

「グループでかたまってあるママを無視して仲間外れにするママ友集団。大人になってもこんなことをするのかとドン引きしました」(34歳・主婦)

大人になっても、いじめは無くならないのでしょうか。親になっても、自分の気に食わない誰かを仲間ハズレにしたり、意地悪な行動をしているママ達も残念ながらいるようですが、周りからはしっかり見られており、またしっかりドン引きされちゃっているようです。

なんでもフリマアプリに出品しちゃう!

「うちが捨てようとしたものも持って帰ってフリマアプリに出品したらしい」(33歳・自由業)

子ども用品や服は、短期間しか使用しないケースが多いので、フリマアプリはやりくり上手なママの味方。でも、度を行き過ぎた出品をしていると、周りのママさんから引かれてしまうこともあるようです。あなたは大丈夫ですか!?

見栄え重視! SNSのために頑張りすぎる!

「インスタに子どもを載せるために全力で写真を撮り続けていたママに引いた」(31歳・会社員)

「友達が、離乳食をスーパーで買っているのに、お皿に盛って『愛を込めた手作りです♪』とブログに載せていて引いた」(35歳・その他)

Instagramやブログのために子どもを利用しているママは、周りから反感を買いがち。見栄えのためだけに写真撮影を頑張る時間を、子どもと一緒に笑い合い、成長を楽しむ時間に変えられると良いのかも!?

TPOをわきまえられない!

「露出バリバリ、香水プンプンさせて幼稚園に来た時。せめて上着を羽織ってほしい……」(32歳・自由業)

親として、大人として、TPOをわきまえられないママは周りからの視線も厳しくなりがち。ドン引きされるママになりたくなければ、シチュエーションに合わせた行動と服装を意識しましょう。

以上、ママ友のドン引き行動をご紹介しました。人のふり見てわがふり直せ、こうした行動は慎みましょう!


©monkeybusinessimages/Gettyimages
©pixelfit/Gettyimages