恋愛世代のリアルを発信。

3日間絶食…女性200人恋愛調査「失恋したときの悲惨な体験談」5つ

文・harako — 2019.3.13
春は出会いと別れの季節。ということで、今回は「別れ」にフォーカスを当て、20代〜30代の女性が集まるanan総研のみなさんに、悲しい失恋体験談を教えていただきました。

【アンアン総研リサーチ】

いくつになっても傷つく心

まず、失恋について2つの質問をしてみたところ……。

Q. 今まで失恋をしたことはありますか?

・はい 80%
・いいえ 9%
・どちらとも言えない 11%

Q. 失恋した時、どんな状態になりましたか?

・キレイになって見返したいと思った 43%
・自信を失って自己嫌悪になった 28%
・怒りの気持ちが強かった 8%

・その他 23%
※その他には、「去る者は追わず、だけど後日会ったら『逃した魚は、でかかったんだぞ!』ってことを思い知らせたい」(29歳・会社員)や、「しつこく追いかけた!(笑)」(33歳・公務員)などがありました。

失恋の経験がある人はなんと80%と、かなり高い数字が出ました。悔しさをバネに見返したいという意見が多いなか、自己嫌悪になったりと負の感情を抱えて悩んだ女性も少なくありません。

失恋したらこうなった5つのエピソード

失意のどん底にいるとき、人はどのような状態になってしまうのでしょうか。

1. 食欲がなくなった

「3日間、絶食した。泣きすぎたけど、水さえ飲みたいと思わなかった。ひたすら悲しくてその感情以外感じなかった」(30歳・自営業)
「3日間くらい食事が喉を通らなくなった」(33歳・その他)

2. 移動や仕事に支障が出た

「電車の中で号泣」(27歳・会社員)
「仕事中ずっと世界地図を見ていた。どこかへ逃亡しようと思って……」(34歳・自由業)

3. 感情を抑えられなかった

「失恋というか、彼氏の浮気で私から別れを切り出した。だから怒りの気持ちが収まらなかった」(30歳・公務員)
「堂々巡りで同じことを考えてしまう。つい疑い深くなっていろいろな人にきついことを言ってしまった」(23歳・会社員)

4. 心に染みる音楽を聴きまくった

「お風呂に浸かりながら、失恋ソングきいて大声で泣く」(27歳・自営業)
「彼専用の着信曲を何度も鳴らして、泣いていた」(32歳・公務員)

5. 自分のことが嫌いになった

「あの時、『ああすればよかったのに…』とか『言えばよかった、言わなければよかった』など、過去の行動を後悔する」(32歳・公務員)
「そのことしか考えられない自分が嫌いになる」(25歳・会社員)

共感できる意見がたくさんありますね! 頭ではわかっているけれど、とめどなく涙がポロポロと出てしまう。失恋の傷が癒えるまでは、音楽にも敏感になりそうです。

穏やかな気持ちになるまで待つのが◎

次に失恋の傷を癒す方法をリサーチしました。ベスト4はこちら!

第1位 時間が解決するのを待つ 45% 
第2位 次の恋愛に進む 39%
第3位 恋愛以外を充実させる 9%
第4位 友人の励まし 5%

こんな前向きな回答も!

「落ち込んでいたけれど、周りにはクヨクヨしていることを見せずに、ひたすら恋愛の自己啓発本を読んで、自分の中で『あの男はダメだ』と強く言い聞かせるようにしていた」(33歳・主婦)
「とにかく仕事に没頭」(28歳・自営業)
「ハッピーエンドのラブストーリーをみて元気になる」(27歳・自営業)

「時間が解決するまで待つ」が第1位、僅差で「次の恋愛に進む」が続きました。時間が解決するにしても、生活していくうえでそればかりを考えてはいられませんから、さまざまな情報が頭に入り込み、いろいろな経験をしているうちにその記憶は薄れ、人は癒えていくものなのですね。

涙の数だけ強くなる説

最後に、「失恋の経験は、新しい恋愛に生かせますか?」と聞いたところ……。

・はい 77%
・いいえ 7%
・どちらとも言えない 16%

傷ついて泣いたあの日が、次の恋愛に学びを与えてくれると約8割の女性が思っています。ぜひ、失敗を恐れずに恋愛を楽しんでください♪

大野いとさんも走り始めています! 美しいランナーになるために心がけたいこと。


©fizkes/Gettyimages
©franckreporter/Gettyimages
©PhotoAttractive/Gettyimages