恋愛世代のリアルを発信。

出産後の妻は以前よりも…夫が「つい不倫しちゃう」呆れた理由

文・三谷真美 — 2019.3.9
一生大切にすると決めて結婚したはずですが「つい出来心で……」なんて不倫をしてしまう男性が多数。そこで不倫されてしまった妻たちに、いったいどんなきっかけで裏切られたのかを教えてもらいました。

夫が不倫してしまうタイミングとは?

妊娠中に事務員と

「妊娠中に夫の態度が怪しくて携帯を見たら、会社の事務員と浮気していることが発覚しました。夫は謝って『魔がさした。もうしない』と言うのですが、その後も浮気相手がちょっかいを出してくるらしいんです。どんなに反省しようが、もう関係を断ち切ったとしても、同じ職場で毎日顔を合わせている二人……私の怒りはまったく収まりません。『離婚』という言葉が日々よぎるけど、子どもの事を考えて思いとどまっています」(綾乃さん・32歳)

妻の妊娠中は夫婦関係がストップすることもありますよね。勝手な話ですが「お腹の大きな妻を、女性として見れなくなった」なんて話す男性もいます。慣れない生活や体調で大変な時期ですが、夫の行動にも注意したほうがよさそうです。

子育て中に飲み会で

「私が2人の子育てに奮闘しているなか、夫が飲み会で知り合った女の子と浮気しました。こっちは授乳中でお酒なんて飲めないし、本当に毎日大変な思いをしながら育児をしているのに……。最初はすごく腹が立っていたのですが、私は出産する度に体重が増加して、結婚当初より10キロ以上太ってしまったし、育児中で自分の美容のことなど考える余裕もなく、毎日子どもを叱り飛ばし、狭い家は子どものおもちゃでぐちゃぐちゃ。浮気されても仕方がない気がして、さらに辛いです」(美佳さん・33歳)

子育てに奮闘していると自分のことに時間を使えないし、子どもを鬼の形相で叱ってしまうこともあるでしょう。妻が自分の好きなことをしたり、キレイでいられるように家事も育児も分担してくれればいいだけのことなのですが、なかなかそうはいかないもの。ですが家庭をうまく続けていくためには、夫の気持ちの変化にも気づかなくてはいけないのかもしれません。

出張先に現地妻

「夫は出張の多い仕事なのですが、とある出張先に現地妻(不倫相手)がいたんです。その女が『妊娠した』と騒いで発覚しました。頼りにならない夫に代わって、いたしたはずの日を確認してありえないと主張したり、きちんと弁護士を立てて遺伝子検査を要請したけど応じないので、『それならうちの夫の子どもではない』と啖呵を切って別れさせました。その帰りに、夫に駅の改札口で土下座させて一件落着。そのせいか夫はハゲましたが、もう過去のことと割り切って、今は仲良くしています」(さやかさん・40歳)

出張先では妻の監視がないから気が緩んでしまうのでしょう。ですが不倫相手の女性が「妊娠した」と言ってからの夫はまるで頼りにならず、すべてを仕切ったのは妻。リスクも考えず気軽に不倫をして、その後の始末は一切できない……そんなことになるなら、最初から不倫に手を出さないでほしいですね。

男性は妻の気持ちなんて理解できない生き物

独身時代は美容やダイエットに励んでいたけど、妊娠や子育てでそれどころじゃないのは仕方のないこと。それを男性は理解すべきですが、解せない人もいる模様。ならいっそ、「男性は妻の大変さや気持ちなんて理解できない生き物」くらいに思って、接したほうがいいのかもしれません。今後、そうではない男性が増えることを願うばかりです。

500円を積み重ねる資産運用!ズボラ女子のための楽しんでお金を増やす方法


©SolStock/Gettyimages
©SolStock/Gettyimages