【キスしたい!】映画『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』に学ぶ、男心をくすぐるちょいテク♡

2015.2.27 — Page 2/2

唇を、ぎゅっ。

 (C) 2015 Universal Studios.
(C) 2015 Universal Studios.

映画の中でも何回も、まるでキーワードのようにして繰り返されたアナの仕草。それは、下唇を軽~く噛む、というもの。実はこれ、相手に「キスしたい」と思わせるのに効果的!

たとえば、思い出して頂きたいのはベッドのマットレスのCM。ただ敷いてあるだけのマットレスをひたすら映すだけのCMって、見たことありませんよね?たいていは「ふかふかで柔らかい」ことを伝えるために、手で押したり、寝たりして“圧”をかけます。手がマットレスにふっくらと沈み込む様子を見ることで、私たちは「あ~柔らかそう、気持ちよさそうだなあ」と思います。

同様に、セクシーな唇をより際立たせるのは、噛んだときの“ぷっくり感”。映画の中では唇をアップで映すシーンがいくつもありますので、“ぷっくり感”にも注目してみてくださいね♡

穴が開きそうなくらいに、ジットリ。

(C) 2015 Universal Studios.
(C) 2015 Universal Studios.

個人的にはこれがイチバン高難易度でしょ!!と思う小ワザが、“相手の目をじっと見つめる”仕草。

相手の目をただじっと、穴が開きそうなほどにジットリと見つめる…だけ!
誰だって、見つめられたらドキドキしてしまうもの。目線を制する者は、恋愛を制す!

…とは分かっているのですが、目が合ってしまうとこちらも恥ずかしくなって、そうそうじっと見続けるなんて出来ないですよね。好きな人だったらなおさらキツイ!
ちく美のおすすめは、“相手の目を観察する”。

「へえ~睫毛こんなところから生えてるんだ~」とか「こんなところに目やにが…」と思いながらじっくり相手の目を観察していると、全然緊張せずに見つめ続けられますよ!

ちなみに、“相手の目をじっと見つめる”というのは映画では超色男のグレイが頻繁にやっていた仕草。

(C) 2015 Universal Studios.
(C) 2015 Universal Studios.

しかしストーリーが進むにつれてアナとグレイの目線の動きにちょっとした変化が…(どんな変化かは見てのお楽しみ♡)。

モテテクとは関係ありませんが、ストーリーが進み2人の関係性が変わってくるにつれて、“普通の女子大生”だったアナの服装や髪の毛の質感が微妙に変わっていくのも面白いです。

男性と女性がそれぞれHをどんなものと考えているのか?という違いを考えながら見ると、なかなか胸にせまるものがあります。

というわけで、ぜひ映画もチェックしてくださいね♡(広告費もらってないけど)

Information

『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』

poster (1)
http://fiftyshadesmovie.jp/

※ 商品にかかわる価格表記はすべて税込みです。