恋愛世代のリアルを発信。

俺が中に入ってるみたい…不倫カップルの「日常LINE」を覗き見

文・三谷真美 — 2018.2.24
ダメとは思いつつも関係をやめられない不倫カップルに、いつもどんなLINEをしているのかを教えてもらいました。普通のカップルよりもラブラブっぽいのはなぜなのでしょう……。

【みんなの恋テク】

不倫カップルのLINEとは?

体の中に入ってるみたいで嬉しい

「彼が風邪気味っぽいときに泊まりにきていて、翌日『風邪うつったかも』って送ったら『うつしてごめんね。でも俺がゆうちゃんの中に入ってるみたいで嬉しいな』って返信が。普通に考えたら気持ち悪いんですけど、気持ち悪いことをサラッと言えちゃうとこが不倫マジックなのかな? エロっぽいニュアンスで、なんかニヤけちゃうんですよねぇ」(28歳・事務職)

風邪をうつされるなんて迷惑! とは思わず、それさえも嬉しいとは。普通なら理性が働いて言わないようなことでも、不倫だと言えちゃうから「恋愛をしている」って感覚が強くて心地よいそうです。

嫁のつくった夕食は親子丼

「彼との関係はもう3年くらい。奥さんと一緒にいるときでも即レスなんです。夜は『親子丼と水餃子が入ったスープだった』ってお互いに夕食を報告したり『お風呂はいってくるー』とか、かなりマメに連絡をとっています。不倫だからか、いつまで経ってもラブラブなんですよね」(30歳・その他)

女の子は婚約者と同棲中だけど、不倫相手の彼に婚約者がいることは内緒だそう。お泊まりはできないものの、夜でも土日でも関係なくLINEをしているから寂しくなく、1日何十通ものLINEをしていて婚約者より彼氏っぽいらしい……。

不倫は中毒性がある

思ったことをストレートに伝えたり、できる限り相手のために時間を使う不倫関係には中毒性があり、一度覚えてしまうと普通の彼氏では物足りなくなってしまうこともあるそうです。とはいえ、どんなに愛されているような気になったとしても不倫は不倫。きちんとフリーの相手を見つけてくださいね。

#恋愛 記事、
#LINE 記事を、もっとみる。

男子幻滅…! 乳酸菌コスメで「乾燥かぴかぴ肌」を「もちぷる肌」に

(C)macniak/Gettyimages
(C)idal/Gettyimages