ハダカのコクハク【Epi12-3】「嫉妬に狂った悪魔」

— Page 3/3

Pink eye’s

嫉妬する人、しない人

世の中には、嫉妬をする人としない人がいますよね。

私はする側で、私のハズバンドはしない側の人です。

私が毎月ひとり旅に行こうが、男性と2人で飲みに出かけようが、元恋人と会おうが、ハズバンドはまったく嫉妬をしません。

「愛されてないんじゃないの?」という野暮な質問は無視して、ハズバンドの考えを公開。
 
「嫉妬しないの?」
「してもしょうがないじゃん」
「えー、私が男性に言い寄られたら嫉妬しないの?」
「魅力的ってことで、いいと思う!」
「ほかの人とセックスするかもしれないんだよ」
「したいと思うなら、仕方ないんじゃない。人の気持ちは変えられないよ」
「私がひとりで旅行とか行っても寂しくないの?」
「すぐ帰ってくるでしょ。楽しめているなら、めっちゃいいことじゃん!」
 
なんだ、この神セリフ! なんか、反省しましたよね。もしも彼がひとりで旅行へ行っちゃったら「私を連れて行かないなんてずるい!」「ひとりだけずるい!」ってふてくされますよ、私だったら。

ははん。嫉妬をする人、しない人の違いは、人と自分の境界線なのかもね。

嫉妬する私は、「一緒に楽しみたい」という思いが強く、人と自分の境界線が曖昧なので、パートナーが楽しんでいて自分が楽しんでいないと、「悔しい」と思っちゃう派です。

それも夫婦関係だけでなく、Facebookなどで楽しんでいる友人を見ると「私も遊びたい!」と思い、仕事が手につかなくなることがしょっちゅう……。

嫉妬しない夫は、「人は人、自分は自分」という境界線がはっきりしてる。だから、人が何をしようが、自分の心が乱されることはないみたい。

どうやったら、「人は人、自分は自分」って割り切れるようになるんでしょうねぇ。

嫉妬深いみなさん、それがわかったら私にも教えて~!

 
※ 商品にかかわる価格表記はすべて税込みです。