ハダカのコクハク【Epi4-1】「セックスの数が、ステータス」

— Page 2/3

拍車をかけてビッチに。

同期が私と同じようなチャラい女子ばかりだったので、拍車をかけてますますビッチに。私は営業職なのですが、仕事の営業ポイントを争う裏で、セックスのポイントを競っていました。

ルールは、新しい男(新規)とヤったら2ポイント、一度ヤった男(既存)なら1ポイント。勝負事は負けたくない派なので頑張りましたよ。

最後は「どうせ真実が一位なんだから、もうポイントは数えなくてよくない?」と、全員が試合放棄で、ぶっちりぎり優勝(笑)

このときは、セックスの数がステータスだと思っていたんですよね。ヤればヤるほど、自分をすごい人間だと感じていました。冷静に考えると、なんの価値もないのに…。


 

ビッチ。

あなたは、どう考えますか?

※ 商品にかかわる価格表記はすべて税込みです。