男子禁制女子トーク!

1日中、裸のまま…ラブラブカップルの「満たされるセックス」 #105

文・紫深(sisin) —
ゆっくりじんわり愛を育める、時間をかけたセックスのススメ。ラブラブカップルに聞いた、身も心も満たされるメリットをお伝えします。

【女は心で濡れる】vol. 105

「ああ、愛しい時間……」

sisin (1)

「女は心で濡れる」を合言葉に、官能エッセイスト紫深(sisin)がお送りするセックスコラムです。第105回目は、長い時間をかけて快感を得るセックスのメリットをまとめてみました。

足の爪先まで満たされる

セックスにかける時間は、みなさんどのくらいでしょうか? 10分愛撫、10分挿入、彼氏が射精したらそれで終わり……。そんな淡白なセックスで濡れなくなっているならば、1時間、2時間とたっぷり時間をかけてみてはいかがでしょう。

ということで、今回は、ラブラブカップルのみなさんにエッチの実態をリサーチし、ゆっくり身体をほぐしながら満たされるセックスの秘密を探ってみました。

1. 予定や時間を気にしない

何も考えずに、ただ……。

「おうちデートは、セックスに集中できる。平日だと次の日のことを考えてしまい、寝る時間やお風呂の時間が気になってお互いピリピリしちゃうから…」(32歳・派遣社員)
「ラブラブの秘訣は、裸でゴロゴロ布団に寝るだけの日を作ること。ご飯も作らず出前ですまして、ただ二人の時間を楽しむ」(30歳女性・マーケティング関連)
「スマホのプッシュ音やアラーム、時計とか時間が気になるものはすべて見ないようにすると集中できる」(29歳女性・IT関連)

セックスに集中できる工夫から始めるのが、大人デートの定番。仕事や予定、外部の連絡を気にしないで、リラックスできる時間を作るのが優先です。

2. 体が熱くなるまで触れる

赤くなったアソコを見て……。

「整体師をしている彼に、アロマオイルを使ってマッサージしてもらうのが好き。太ももの付け根や腰、脇、胸なんかを触れるか触れないかくらいのフェザータッチがたまらない」(28歳女性・派遣社員)
「胸の愛撫の時に、すぐに乳首を触るんじゃなくて、乳輪をなぞったり舐められたりしながら焦らされるのが良い」(31歳女性・ファッション、アパレル関連)
「お互いに性器に手を当てるだけ、挿れずに擦るだけ……を繰り返していると、彼は我慢汁がたくさん出るし、私も愛液があふれてくる」(29歳女性・事務職)

ローションを使って直接濡らすのではなく、身体がほぐれて自然に濡れてくるまで時間をかけることがポイント。焦りや力強さは禁物です。

3. 動かさずに挿れるだけ

もどかしいくらいが丁度いい……。

「前戯に時間をかけるとすごく濡れるのがわかる。挿入してもあえて動かさずに、ただ体温を感じるだけが愛しい」(33歳男性・教育関連)
「若い頃は、『もっと突いてほしい』なんてピストン運動が気持ちよかったけど、今は激しいセックスが苦手になった」(35歳女性・秘書)
「腰を使って動かすというより、自然と動きたくなるまで待つ。って言ったほうが正しいかも? それに慣れると、少し動かしただけですごい気持ちいし、俺も彼女もイキやすくなる」(31歳男性・派遣社員)

もし、男性の“モノ”が中折れしてしまっても受け入れて上げましょう。硬さよりお互いが繋がっている感覚が大切なのです。

淡白なセックスを複数回するより

濡れにくいな……?と感じているなら、一度ゆっくり心を開示する時間を作ってみてください。何度も短いセックスを繰り返しても、深い快感は得られないのかもしれません。


©KatarzynaBialasiewicz/Gettyimages
©Pekic/Gettyimages