脚を絡めながら奥までズンズンと… 男女が感じまくった「膣の奥まで届くセックス体位」4つ

文・塚田牧夫 — — Page 2/2

体重をのせた「騎乗位」

「彼女とエッチをしていて、正常位から騎乗位に体位を変えたときでした。彼女が膝を立てようとしたんですが、足がもつれて、体勢が崩れたんですね。挿入したまま、腰が垂直に落ちてきました。

カラダごと、僕の腰にのっかってきたんです。ズポッとハマった感覚がありましたね。お互いに、しばらくその状態から動けませんでした」ユウト(仮名)/29歳

騎乗位の体位で体重がのれば、必然的に奥まで届くことになるでしょう。ハマったような感覚になるには、垂直に腰を落とすことがポイントなのかもしれません。

「側位」で脚を絡めて

「彼と一緒にベッドに入り、横になったままエッチをしました。彼が、後ろから挿入してきたんですね。

脚を絡めるようにして、交差させ、その状態で腰を押しつけてきました。パズルのピースが合ったような、カチッとハマる感覚があり、今までにないほど奥まで入っている感じがしました」ミユキ(仮名)/29歳

「側位」と言われる体位ですね。脚の位置によっては、挿入がしづらくなることがあります。そこで、邪魔にならないよう絡め合わせながら、ピタッとハマる状態を見つけたのでしょう。

“男女が感じまくった膣の奥まで届くセックス体位”をご紹介しました。

相性だけでなく状態や角度など、さまざまな条件が揃わなければ、膣の奥までは届かないことも。彼と何度もカラダを重ねるうちに、その感覚をつかんで、今まで感じたことのないような刺激を味わえるといいですね。

©Mikhail Reshetnikov / EyeEm/lucky-sky/gettyimages