“カラダの関係”のある男友達と… 「1日に2人以上」とエッチした女性の体験談3つ

文・塚田牧夫 —
エッチをするなら、1番愛する人としたいはず。しかし、なかにはそうではない相手としてしまうことや、複数の男性とカラダの関係を持ってしまう人もいるようです。今回は、経験のある女性たちに“1日に2人以上とエッチした体験談”を語ってもらいました。

彼に家を追い出されて

「彼の家に遊びに行った日。夜にエッチをしたあと、ちょっとしたことでケンカをしてしまいました。お互いに意地を張り合い、収拾がつかなくなった結果、彼が“出て行け”と言い出したので家を飛び出したんです。

でも、もう終電がなくなっている時間。そこで、近くに男友だちが住んでいたことを思い出しました。連絡をしたら、来ていいよと。

ただ、実はその友だちとは過去に1度エッチをしてしまったことがありました。だからでしょう。家に着くと、その男友だちはヤル気満々。家に入って30分くらいで抱きついてきました。

私も自分から連絡して泊めてもらうということで強くは拒めず、そのままエッチしてしまいました」キョウコ(仮名)/29歳

過去にカラダの関係のある男性とは、友だちであってもこういう展開になりがち。ケンカがきっかけとなり、彼を裏切る形になってしまったんですね。

クリスマスに約束を断れず

「一時期、2人の男性を好きになってしまったことがあります。それがちょうどクリスマスの時期だったこともあり、同日に両者から誘われてしまったんです。

私としては、どっちも選べないし断れない……。だから、昼間と夜に分けて会うことにしました。

昼にひとりの彼とランチをしたあと、ホテルに行ってエッチ。終わっていったん家に帰り、着替えてから夜の予定に。夜はもうひとりの彼とディナーをして、ホテルへ行ってまたエッチ。

結局、1日に2人とエッチをしちゃいました。でも、その後どちらとも付き合うことはなかったです」カナタ(仮名)/27歳

2人の男性を天秤にかけていたわけですね。結果として、“二兎を追う者は一兎をも得ず”という言葉通りになったようです。

旅行帰りにお誘いが…

「7年くらい前、二股をしていました。浮気相手の彼と旅行に行き、朝風呂に入った後にエッチをして、ゆっくりしてから夕方くらいに家に送ってもらったんです。

夜は本命の彼の家に行く予定だったんですが、途中で連絡が入りました。それは、私が気になっていたまた別の男性。そして、彼が“会いたい”と言ってきたので、思わず家に行ってしまいました。そこで、時間のないなかエッチをしたんです。

そのとき既に、だいぶ遅い時間になっていました。それでも、本命の彼には泊まる約束をしていたので、家に行かなければいけません。着いたときにはクタクタでしたが、最後の力を振り絞ってまたエッチ。

その日は、1日に3人もの男性とエッチをしてしまいました。あのころは若かったです…」アキナ(仮名)/30歳

予定をうまく組んでいたつもりでも、イレギュラーな事態は発生します。若さゆえに乗り切れたのかもしれませんが、本命の彼がいながら、クタクタになるまで複数の男性と関係を持つべきではないでしょう。

“1日に2人以上とエッチした女性の体験談”を紹介しました。

どうやら相手からの誘いを断れずに流された結果、カラダの関係を持ってしまうパターンが多いようです。そうならないように、2人きりの状況を避けたり、勇気を持って誘いを断ることも必要でしょう。

©Anna Bizon/gettyimages
©LightFieldStudios/gettyimages