もうイッちゃいそう…彼のムラムラが最高潮になる「彼女のマル秘テク」3つ

文・上岡史奈 —
お互いに気持ちのいいセックスができるパートナーは、コミュニケーションもしっかり取れて関係が長続きしやすいようです。でも、彼に「どこが気持ちいいの?」と直接聞くのは恥ずかしいですよね。そこで今回は、彼が大興奮した「マル秘テクニック」を、女性たちに聞いてみました。

テーブルの下でアソコを…

「半個室でお座敷タイプの居酒屋で、ふざけて彼のアソコをつま先で触っていたら、彼が興奮してしまい……。

食べている途中なのに『早く帰ろう』と手を引っ張られて、そのまま近くのホテルに連れ込まれました。

彼のテンションが高かったせいか、いつもより彼のアソコが硬くて、お互いすぐイッちゃいましたよ」(31歳/美容関係会社勤務)

デート中に彼にさりげなくボディタッチをしてムラムラさせることで、その後のエッチの盛り上がり方も変わります。彼の”したい気分”を最高潮に高めるテクニックを使えば、記憶に残るセックスになりそうですね。

寝ぼけている彼を襲って…

「彼は『寝ているところを女性に襲われたい』という願望があるみたいで、寝ぼけている彼をフェラで起こして上にまたがるなど、私がリードするとすごく喜ばれます。

でも、平日の朝は時間が気になってイヤなので、休日の朝に襲うようにしています」(28歳/不動産関係勤務)

顔のむくみや時間が気になり、朝エッチが得意でない女性は多そうですが、一方で男性は朝エッチを好む人も多いようです。

ただ「朝勃ちしていても、尿意があるとイケない」という男性もいるので、彼のタイプを見極めることも大事ですね。

お風呂で洗いながらアソコを…

「お風呂で彼の背中を流しながら、さりげなくアソコに手を伸ばして後ろから責めると盛り上がります。

ボディソープやローションで手をしっかりヌルヌルにして、背中に胸をむにゅっと押し当てるのがポイントです」(26歳/飲食関係勤務)

背中側から密着してボディタッチされると、彼は彼女の動きが見えにくいので「次に何をされるんだろう?」というドキドキ感で余計に興奮してしまうようです。

自分から彼を責めるのには抵抗がある……という方も少なくありませんが、これまで”受け身”だった彼女が違う面を見せてきたら、彼もドキドキしてマンネリとは無縁でいられるはず。たまには少し積極的になってみるのも良いのではないでしょうか。

©Oleg Breslavtsev/gettyimages
©g_studio/gettyimages

※ 商品にかかわる価格表記はすべて税込みです。