後ろからナメナメ… 彼が悶える「極上クンニの体位」4つ

文・塚田牧夫 —
エッチ中、彼女に舐められるのが好きな男性もいれば、彼女を舐めるほうが好きという男性もいます。女性としてはちょっと恥ずかしいかもしれませんが、たまには彼の舐めたい欲求に応えるのも大事です。では、“彼が舐めながら悶える極上クンニ”とは? 男性たちのエピソードをもとにご紹介します。

上からこすりつけられて

「僕はちょっとMっぽいところがありまして……。顔面にのしかかってもらうのが好きなので、たまに彼女にお願いしています。

最近は、彼女も慣れてきたのか、クイックイッと腰を動かして、自分からアソコを僕の口にこすりつけてくるんです。もう最高に興奮します」アラタ(仮名)/29歳

顔面騎乗のスタイルでのクンニですね。Mっ気のある男性にとってはたまらない行為かも。舐めさせられているという感覚が、興奮につながるんでしょう。

立ったまま片足を上げて

「彼女と一緒にお風呂に入ったときです。2人でシャワーを浴びていたら、おもむろに彼女が屈んで、僕のアソコを舐めてくれました。

次は僕の番。彼女の股間に顔を埋めました。でも、直立の状態だと舐めにくいので、片足をお風呂の縁の部分に上げてもらいました。いつもと違うクンニの様子にすごく興奮しましたね」シンゴ(仮名)/32歳

立った状態でのクンニは、あまりないシチュエーションです。彼にとっても新鮮なプレイだったのか、とても興奮したようです。一緒にお風呂に入ったとき、試してみてもいいかもしれません。

四つん這いになって後ろから

「僕はクンニが好きで、よくいろんな体勢を試しています。なかでも興奮するのが、女性に四つん這いになってもらい、後ろから舐める体勢ですね。

お尻まで丸見えになるので、女性は恥ずかしがるのですが、その反応に悶絶しちゃいます」マサノリ(仮名)/33歳

女性にとっては少し恥ずかしい体勢かもしれませんが、Sっぽい男性にはたまらないスタイルでしょう。

自分から股を開いて

「飲み会で知り合った女性とエッチしたときです。お酒が入っていたこともあってか、彼女はけっこう大胆に僕を求めてきたんです。

彼女は、自分から下着を脱ぎ、手で膝を抱えながら股を広げて“舐めて”と言ってきました……。こんなことを言われて興奮しない訳がありません。我を忘れて、むさぼるように舐めました」セイヤ(仮名)/25歳

女性からおねだりされて、興奮しない男性は少ないでしょう。さらに、自分から股を開く大胆なスタイルを見せられたら、きっと我慢できなくなってしまいそうです。

“彼が舐めながら悶える極上クンニの体位”をご紹介しました。

ちょっと大胆な女性の行動に、いつも以上の興奮を覚える男性も多いようです。ぜひご参考に!

©Vincent Besnault/gettyimages
©PhotoAlto/Frederic Cirou/gettyimages