アソコをピロッとめくって… 男性の「挿入がうまくいかない時」の彼女のナイスサポート4つ

文・塚田牧夫 —
エッチのとき、彼が疲れていたり緊張したりしていると、スムーズにことが運ばない場合もあります。そんなとき、女性のフォローによって男性を落ち込ませずに、むしろラブラブになれるような方法もあるのです。今回は“挿入がうまくいかないときに彼女がしてくれたサポート”について男性たちに話を聞きました。

舐めて元気に

「あるとき彼女とのエッチで、挿入しようとしたら元気がなくなってしまったことがあって……。シナシナと萎えてしまいました。

すると彼女が、アソコを触ってくれて、何も言わずに舐めてくれたんです。そうしたらあっという間に復活し、最後までできました」レツ(仮名)/27歳

ふとした瞬間に元気をなくしてしまう男性も。そんなとき、彼女のこのようなフォローがあると、彼のヤル気が回復するかもしれません。

玉を優しく揉む

「2年ぶりくらいに彼女ができて、久しぶりのエッチのときでした。ちょっと緊張してしまい、そこまでギンギンにならなかったんですね。

そうしたら彼女が、“ゆっくりでいいよ”と言ってくれて、下から手を回して僕の玉を触り始めたんです。その優しい刺激でリラックスでき、無事ギンギンになりました」コウタ(仮名)/27歳

久しぶりのエッチだと、緊張してしまう男性もいます。それが、勃起の具合いに影響することも。優しく揉んであげることで、彼もひと息つけたようです。ただ、強く揉み過ぎるのは逆効果なのでご注意を。

入口をめくって

「5年くらい前で、ほとんど女性経験がなかったときに、年上の女性とエッチする機会がありました。もちろん、プレイも彼女の方が完全に上手。

いろんなことを考えすぎたせいで、いまいち挿入がうまくいかず、手間取っていたところ、彼女が“ここだよ”と言って、アソコの入口をピロッと指でめくってくれたんです。

そのちょっといやらしい仕草を見て、パワー全開になりました」ヤスト(仮名)/26歳

入口は人によって多少位置が異なります。経験が少ない男性は、探すのに手間取ってしまう場合も。

そんなとき、位置を指示してあげると、きっと挿入もスムーズにいくはず。さらに、視覚的刺激もバッチリ与えられそうですね。

眠たいふりで次回に

「彼女とエッチをしようとしたときでした。仕事が忙しいこともあり、あまり寝てなかったんですね。そういう状態だったので、アソコも元気にならなくて……。

そこでチラッと彼女のほうを見たら、うつらうつらと眠そうにしていたんです。

“眠い?”と聞くと彼女が“うん”と頷いたので、その日はそこまでにして、次回に延期しました。今思うと、彼女は俺に気を遣ってくれていたのかも……」ヤス(仮名)/33歳

疲れて元気がない男性は、萎えてしまうと回復が難しい人も。無理に続けようとすれば、男性を傷付けてしまう可能性もあります。眠たいふりなどして、またの機会にとするような行動は、男性にとっては嬉しい気遣いです。

“挿入がうまくいかない時の彼女のナイスサポート”をご紹介しました。

なんとかスムーズな流れを作ろうとするパターンがあれば、彼の回復を待って相手のペースに合わせようとした女性もいました。どちらも優しさに違いありません。彼が喜んでくれるようなサポートができるといいですね。

©Vasilyev Alexandr/shutterstock
©antonio guillem/shutterstock